フォトンM1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォトンM1
主製造業者 中央設計局(TsKB, ロシア)
状態 打ち上げ失敗
計画の期間 15日間
打上げ機 ソユーズU
打上げ日時 2002年10月15日
機能停止日 2002年10月15日
物理的特長
質量 6410kg
発生電力 0.5 kW(電池)
軌道要素
周回対象 地球
軌道 低軌道(予定)
搭載機器

フォトンM1 (Foton-M1) とは、欧州宇宙機関ロシア連邦宇宙局が開発した人工衛星である。2002年にロシアのプレセツク宇宙基地から打ち上げられたが、ロケットの墜落により失われた。地球周回軌道上で複数の科学実験を行い、カプセルを地上へ帰還させることを目的としていた。

設計と打ち上げ[編集]

フォトンM1はフォトンシリーズの13号機で、初期のシリーズに改良を加えたフォトンM型の初号機だった。製造はロシア中央設計局 (TsKB) が担当した。重量は6410kgで、流体物理や生物学などに関する44種類の実験を計画していた。機材は再突入カプセルの内部に置かれ、地球周回軌道に15日留まったのち、ロシアカザフスタンの国境地域に帰還する予定だった[1][2]

2002年10月15日、フォトンM1はソユーズUロケットを用いてプレセツク宇宙基地から打ち上げられた。しかし5基のエンジンのうち1つが点火せず、正常な飛行経路を保てなくなったため、全エンジンが停止され、ロケットは発射台付近に落下して爆発した。付近にいたロシア軍兵士1人が窓枠の破片に当たり死亡し、8人が負傷、うち6人が入院して治療を受けた。また、プレセツクの発射台も部分的に破壊された[2][3]

フォトンM1の失敗で実行できなかった実験は2005年に打ち上げられたフォトンM2で補われた[4]

参考文献[編集]

  1. ^ “Soyuz Rocket Fails to Deliver Foton M1 to Orbit”. SPACE and TECH. (2002年10月15日). http://www.spaceandtech.com/digest/flash2002/flash2002-082.shtml 2010年5月18日閲覧。 
  2. ^ a b FOTON-M1”. University Erlangen-Nürnberg. 2010年5月18日閲覧。
  3. ^ Stephen Clark (2002年10月15日). “Soyuz launch a failure”. Spaceflight Now. http://spaceflightnow.com/news/n0210/15fotonm1/ 2010年5月18日閲覧。 
  4. ^ FOTON-M2”. University Erlangen-Nürnberg. 2010年5月18日閲覧。

関連項目[編集]