フォトニック集積回路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フォトニック集積回路(フォトニックしゅうせきかいろ、Photonic Integrated Circuit、PIC)は、多様なフォトニック機能を統合したデバイスであり、集積回路に近いものである。この2者の大きな違いは、フォトニック集積回路は通常、情報信号において、光波(特に可視光か、赤外線の近くの850nm-1650nm)によって機能するということである。

出典[編集]

  • Alastair D. McAulay: Optical Computer Architectures: The Application of Optical Concepts to Next Generation Computers (1999).
  • Architectural issues in designing symbolic processors in optics.
  • "[1]".
  • K.-H. Brenner, Alan Huang: "Logic and architectures for digital optical computers (A)", J. Opt. Soc. Am., A3, 62, (1986).
  • K.-H. Brenner: "A programmable optical processor based on symbolic substitution", Appl. Opt. 27, No. 9, 1687–1691, (1988).