フォッカー 100

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フォッカー 100

ブリストル国際空港を離陸するKLMシティホッパーのフォッカー100

ブリストル国際空港を離陸するKLMシティホッパーのフォッカー100

フォッカー 100Fokker 100)とはオランダの航空機メーカーであったフォッカーが開発した小型双発ジェット旅客機である。

概要[編集]

この旅客機はリージョナルジェットとして開発された。前身のF28の多くを引き継いだ機体の優れた操作性と安価な運航コストが営業上のセールスポイントであり、1980年代後半にはベストセラーとなった。

座席数は名称と同様に100席。このクラスには、ライバルメーカーも盛んに参入しており、他社のボーイング737エアバスA320エアバスA319とは激しい競合関係にあった。エアバスA318が登場したころにはフォッカーの経営不振は深刻であり、同社が倒産した1997年をもって生産が終了した。総生産機体数283機であった。余談だがANK塗装のフォッカー 100というものが運用されなかったが存在した.

開発の経緯[編集]

フォッカーが開発した双発ジェット旅客機のフォッカー F28は受注を集めたが、1980年代になると性能が陳腐化してきた。そこで1983年に開発が発表されたのがフォッカー 100であった。フォッカーF28の発展型であり、胴体後尾にエンジンを装備し、T字尾翼も踏襲している。フォッカーF28 Mk4000より胴体を5.74mストレッチしており、主翼も1.5m延長されている[1]

客席数は標準107席とF28シリーズの65席からほぼ2倍になった。また操縦系統も最新電子機器に更新され、エンジンもロールス・ロイステイ Mk620(推力6.28t)[1]になり経済性が30%向上した。試作機は2機製作され、そのうちの1機のPH-MKHが初飛行に成功したのは1986年11月30日であった。もう1機のPH-MKCも1987年2月25日に初飛行した。型式証明は、1987年11月に取得した。翌1988年からはスイス航空に就航している。なお、1988年からはエンジンが向上型のテイMk650(推力6.85t)を装備するようになっている。

派生型[編集]

1993年から1997年にかけて、胴体を4.70mを短縮したフォッカー 70が製造された。他にも130席級のフォッカー 130と貨物専用型のフォッカー 100QC等が提案されたが、実際には製作されなかった。但し「フォッカー100EJ」については、中古のフォッカー 100から改造により2003年に誕生した。

性能要目[編集]

  • 全幅: 28.8 m
  • 水平安定版幅: 10.04 m
  • 全長: 35.3 m
  • 高さ: 8.6 m
  • 胴体直径: 3.30 m
  • 総重量: 44.500Kg
  • エンジン: ロールス・ロイス テイ Mk. 650-15 ターボファンエンジン, 15,100 lbf (推力:67 kN)
  • 乗客数: 85~122, (標準 107)
  • 乗員: 操縦士2、客室乗務員2~3
  • 実用上昇限界高度: 37,000フィート(11,300 m)
  • 巡航速度: 755 km/h (0.72 マッハ)
  • 最高速度: 845 km/h (0.77 マッハ)
  • 航続距離: 4,300 km (ERは4,750 km)

脚注[編集]

  1. ^ a b 世界航空機年鑑1988 酣燈社 1988年 P124

関連項目[編集]