フォゾン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォゾン
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケード[AC]
開発元 バンダイナムコゲームス
発売元 バンダイナムコゲームス
人数 1~2人
発売日 [AC]1983年11月
テンプレートを表示

フォゾン(phozon)は1983年11月ナムコ(現・バンダイナムコゲームス)から発売されたアーケードゲーム。キャッチフレーズは「前脳の右半分を刺激するゲーム」。

ゲーム内容[編集]

8方向レバーとボタン1つで自機「ケミック」を操作して、発生する「モレック」と結合し、画面背景に表示されているフォーメーションと同じ結合をすると面クリアーとなる。3面クリアすると1ワールドクリアしたことになり次の面はチャレンジングステージになる。全9ワールド構成。

キャラクター[編集]

  • ケミック(CHEMIC)
レバーで操作する自機。モレックがケミックもしくは既にケミックに結合されているモレックに接触すると結合される。ボタンを押すことで結合された順にモレックが離れていく。アトミックと接触するとミスになる。
  • モレック(MOLEC)
ケミックと接続してフォーメーション通りに結合すると面クリアーになる。4色あり、同色を連続して結合するとボーナス得点。アルファー線、ベータ線に接触すると破壊される。1ステージに出現する最大数は決まっており、画面下の黄色い四角のゲージで表される。全て出尽くすまでに完成させないと「STAGE IS NOT CLEARED」となり、その面はモレックは全て外れた状態で最初からやり直しになる。モレックは画面右上、右下、左上、左下各箇所から決まった色のモレックが出現する。
  • パワーモレック(POWER MOLEC)
ケミックと結合することで一定時間アトミックを体当たりで破壊することができる。
  • アトミック(ATOMIC)
8つの球体。合体分裂を繰り返しながらケミックに体当たりをしようとする。
  • アルファー線(ALPHA)、ベータ線(BETA)
アトミックから放出される。ケミックと結合しているモレックが接触するとアルファー線では3つ、ベータ線では1つ破壊される。

チャレンジングステージ[編集]

  • ボタンを押すことでケミックから上下左右4方向にモレックを発射し、画面外から発生するアトミックを破壊する。全てのアトミックを破壊するとボーナス得点10,000点を得られる。

その他[編集]

  • 偶数WORLD最終面(3面目)で完成図とx・y軸どちらかを1ドット以内のずれで揃えて完成させると1UP。
  • モレックの項目にある通り、同色を連続して結合すると最大4000点になる。4000点になった時にモレックを1つ分離し、また同じ色を結合しても4000点入る。EVERY設定台でこれを繰り返すと永久パターンとなる。WORLD1の3面から可能である。

移植[編集]

以下の作品に収録されている。