フォクシジェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォクシジェン
Foxygen
}
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州
ウェストレイクビレッジ
ジャンル サイケデリック・ロック
インディー・ロック
活動期間 2004年 -
レーベル ジャグジャグウォー
公式サイト foxygentheband.com/
メンバー
ジョナサン・ラドー
サム・フランス

フォクシジェン (Foxygen) は、アメリカカリフォルニア州ウェストレイクビレッジで2004年に結成されたインディー・ロック・デュオである。ギターとキーボード担当のジョナサン・ラドー (Jonathan Rado)とボーカル担当のサム・フランス (Sam France)から成る。60年代、70年代のサイケデリック・ロックグラム・ロックの影響の色濃いサウンドを特徴とする。

来歴[編集]

2004年、ジョナサンとサムが14歳と15歳の時にバンドを結成[1]。2007年から2011年にかけて、自主制作作品を数多く発表。 2011年初頭、リチャード・スウィフト (Richard Swift)に音源を手渡したことでバンドは才能を見出されることとなり、ジャグジャグウォーと契約を結び、2012年、最初のスタジオ・アルバムとなる『Take the Kids Off Broadway』をリリース。 2013年には2作目のアルバム『We Are the 21st Century Ambassadors of Peace & Magic』をリリース。リチャードをプロデュースに迎え制作された本作は、ピッチフォーク・メディアから「Best New Music」に選ばれた[2]

昨今、バンドはそのライブ・パフォーマンスの錯乱ぶりや、マイクを自身の顔にぶつけたり、ステージ上の機材をよじ登ったり、野次を飛ばす観客に話しかけ続けたりといった、サムの狂気じみたステージングにも評判が集まっている。2013年7月には、ミネアポリスでのライブ中に、サムがステージから落下し、足の骨を折るという事件もあった。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • Jurrassic Exxplosion Phillipic (2007年)
  • Take the Kids Off Broadway (2012年)
  • We Are the 21st Century Ambassadors of Peace & Magic (2013年)

EP[編集]

  • Electric Sun Machine (2005年)
  • Catfood, Dogfood, Motor Oil (2005年)
  • Ghettoplastikk! (2009年)
  • Kill Art (2009年)
  • EP 2011 (2011年)

脚注[編集]

  1. ^ Interview with Sam France & Jonathan Rado from FOXYGEN”. NUMAG. 2014年4月15日閲覧。
  2. ^ Foxygen: We Are the 21st Century Ambassadors of Peace & Magic”. Pitchfork (2013年). 2014年4月13日閲覧。

外部リンク[編集]