フエガラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フエガラス
Pied Currawong, Blue Mountains.jpg
フエガラス(亜種S. g. graculina、ニュー・サウス・ウェールズ州ブルーマウンテン)
保全状況評価
LEAST CONCERN (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))[1]
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: フエガラス科 Cracticidae
: フエガラス属 Strepera
: フエガラス S. graculina
学名
Strepera graculina
(Shaw, 1790)
和名
フエガラス
英名
Pied Currawong
a dark grey crow-like bird perched in a peppercorn tree
亜種S. g. nebulosa
ビクトリア州スイフト・クリーク

フエガラス(笛烏、学名Strepera graculina )はオーストラリア東部およびロード・ハウ島に分布する中型、黒色のスズメ目フエガラス科の鳥類である。

フエガラスはモリツバメ科のモズガラス類やカササギフエガラスに近縁である。6亜種が記録されている。フエガラスは体長が約48cm、黒褐色の羽毛、下尾筒が白色、翼には白色のパッチがあり、虹彩は黄色、厚いくちばしをもつ、カラスに似た鳥類である。雌雄の外見は同じ。美しい鳴き声で知られ、英語名の "currawong"(カラワン)はアボリジニの言葉が起源となっている。

分布域内では、寒い時期には高所から低地へ移動するが、一般的に定住性である。食性は鳥類の卵や雛、無脊椎動物、果実や種子など様々な種を含む雑食性である。フエガラスは市街地によく順応した捕食者で、農村の森林地帯と同様に、公園や庭などでも見られる。発達した森林が繁殖に好まれるが、生息地はすべての森林地域が含まれる。ねぐらや繁殖、採食行動の大部分は樹上である。

分類[編集]

フエガラスは1790年にイギリスの鳥類学者George ShawによってCoracias strepera として最初に記載され、後に新設されたStrepera 属に移された。 学名はラテン語で「うるさい」を意味するstreperaと、ニシコクマルガラスに似ているとしてgraculinaとつけられたことに由来する[2]

Pied Crow-shrikeは植民地時代からの俗称である[3]。他の一般名称としてPied Chillawong, Currawang, Charawack, Kurrawack, Tallawong, Tullawong, Mutton-bird, Otway Forester, Pied Afternoon-tea Birdなどがある[4]。"carrawong" という言葉は、フエガラスの鳴き声に由来する[4]。しかし、この言葉の正確な起源は不正確である。もっとも可能性がありそうなのはブリスベン地域に住んでいたアボリジニのJagera族の言葉である "garrawaŋ" であるが、シドニー地域のDarug族の言葉 "gurawaruŋ" の可能性もある[5]

フエガラスはタスマニアに生息するクロフエガラスに非常に近縁であり、クロフエガラスはフエガラスの亜種の一つであるとされることもある[6]。フエガラスは、クロフエガラスおよびハイイロフエガラスとともに、Strepera 属を形成する[7]

カラスに似た外見と生息地であるが、フエガラス類は真のカラス類とは近縁ではなく、かわりにカササギフエガラスやモズガラス類とともにフエガラス科に属する。これらカササギフエガラス属、Cracticus 属、Strepera 属の3属の類似性は早くから認められており、鳥類学者John Albert Leachのフエガラス類の筋肉組織の研究によって1914年にフエガラス科に分類された[8]

1985年に鳥類学者のチャールズ・シブリーおよびジョン・アールクィストは、モリツバメ類およびモズガラス類に非常に近縁であるとし、フエガラス科をCracticini分岐群の一つとして再分類し、カラス科モリツバメ族に分類した[7][9]

亜種[編集]

現在、主に大きさや羽毛の違いによって、6亜種に分けられている。形態や大きさに一定の変化があり、南部のものほど羽毛はより明るく灰色で、体長はより大きく、くちばしはより短くなる。また、南部の個体群は尾羽の白色の模様がより顕著に見られ、初列風切り羽の基部にある白色のパッチはより小さい[6]

S. g. graculina
ニュー・サウス・ウェールズ州シドニー地域から、クイーンズランド州ノーザン・クイーンズランド地方バーデキン川にかけてみられる。
S. g. ashbyi(英名:Western Victorian Pied Currawong)
オーストラリアのアマチュア鳥類学者Gregory Mathewsにより、1913年に記載された[10]。西部へ分布域を広げている亜種S. g. nebulosa との雑種化により、減少している[11]。2000年の調査では繁殖数は約250羽ほどと見られているため、オーストラリア政府により絶滅寸前亜種に指定されている[12]この亜種S. g. ashbyi は、羽毛が黒色で長い尾羽で短いくちばしの亜種S. g. nebulosa に似ている[13]。ほとんど知られていないが、亜種S. g. ashbyi が独立した亜種であるか、もしくは亜種S. g. nebulosa の色彩多型であるか、の疑念がある。これら二つの個体群は西部ビクトリアの玄武岩の平野によって隔てられた後に進化し、18世紀後半のアボリジニによる定期的な火入れが行われなくなった後に、森林が回復したことが、これらの個体群が再び混在したことに影響したと考えられている。雑種はグランピアンズ国立公園やヤラ・ヴァレーで確認されている[12]
S. g. crissalis(英名:Lord Howe Currawong
1877年にイギリスのナチュラリストRichard Bowdler Sharpeによって記載された[14]。ロード・ハウ島の人の移住によく適応しているが、個体群は小さく、約70-80羽である[15]ため、オーストラリア政府およびニュー・サウス・ウェールズ州政府により危急亜種に指定されている[16]。現在は亜種として見なされているが、分子系統学による研究はされておらず、別種として再分類される可能性がある[17]
S. g. magnirostris 
ヨーク岬半島からノーザン・クイーンズランド地方のノーマンビー川にかけて見られる。1923年にヘンリー・レイク・ホワイトによって最初に記載された[18]。亜種S. g. magnirostris はより長く、より重いくちばしを持ち、尾羽は他の亜種よりも短い。 あまり研究されていない[13]
S. g. robinsoni 
アサートン高原にて見られる。1912年にGregory Mathewsによって最初に記載されたが[19]、研究者によってはS. g. magnirostris と同一亜種と見なすこともある。 あまり研究されていないが、他の亜種よりも小さい[13]
S. g. nebulosa
ニュー・サウス・ウェールズ州南東部、オーストラリア首都特別地域および、ビクトリア州中部で見られ、他の亜種とよく似ているが、より短いくちばし、より長い尾羽、より大きい翼を持つ。背面は灰黒色で、他の亜種より少し淡く、腹部は青灰色がかった黒褐色である。初列風切りの白色のパッチもまた小さい[6]。鳥類学者で鳥類分類学者のRichard SchoddeおよびIan Masonによって、1999年に命名された[20]。ニュー・サウス・ウェールズ州のエデン北部からイラワラ地域、およびブルー・マウンテンズの北西部にかけて、亜種S. g. graculina との交雑地域がある[13]

生態[編集]

フエガラスは一般的に、初列風切り羽の基部および尾羽に白色のパッチがあり、下尾筒および上尾筒の基部が白色の、黒色の鳥である。虹彩は黄色。成鳥は体長44-50cm(平均約48cm)で翼開長は56-77cm(平均約69cm)である。成鳥の雄は平均320g、雌は280gである[4]。翼は長く、幅広い。長く厚いくちばしは頭部の約1.5倍で、先端はフック状になっている[21]

若鳥は成鳥と同じ外見であるが、全体的により明るい茶褐色で、尾羽の白色の帯はより狭い。背面は、首から頭にかけて濃い茶褐色の縞模様があり、腹部は明るい茶色である。目は濃茶色で、くちばしは黄色の斑点のある黒みがかった色をしている。口腔内は明るい黄色である[4]。成鳥の羽毛を獲得するまでだんだんと濃くなっていくが、尾羽は発達するのが遅く、成鳥になるときに変化する[4]

繁殖期の後の晩夏に、一年に一度換羽を行う[4]。寿命は野生下で20年以上である[22]

鳴き声[編集]


この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

フエガラスは飛翔中や日中に鳴く。特に朝とねぐら入りの前の夕方、雨の前などによく鳴く[23]。鳴き声は独特でありKadow-KadangCurra-wongと表現される。またWheeoという甲高く、笛のように鳴く[24]。ロード・ハウ島亜種S. g. crissalis はさらに特有で、もっと旋律的な鳴き声である。

類似種[編集]

フエガラスよりも小型のオオツチスドリ(Corcorax melanorhamphos )は似たような外見であるが、虹彩が赤く、主に地上で見かける。フエガラスより大型のオーストラリアのカラス類は虹彩が白く、尾羽に白色部はない。フエガラスと同じ大きさのカササギフエガラスは虹彩が赤く、明るい黒で白色の飾り羽を持つ[23]。フエガラスより大型のハイイロフエガラスは全体的により明るい灰色で尾羽の白色の羽を欠くことから容易に識別できる[25]。ビクトリア州北西部のハイイロフエガラス亜種S. v. melanoptera は他の亜種より黒色であるが、フエガラスの初列風切りにある白いパッチを欠く[23]

分布[編集]

ヤシの木にとまるロード・ハウ島亜種
ロード・ハウ島亜種 S. g. crissalis

フエガラスは絶滅危惧亜種が生息するロード・ハウ島や、ヨーク岬半島からビクトリア州西部にかけてのオーストラリア東部の農村や郊外の湿潤硬葉樹林および湿潤硬葉樹林で一般的に見られる。一般的に、フエガラスは定住性であるが、高地の個体群は冬には低地へ移動してくる[23]。しかし、移動の範囲に対しての証拠は争論になっており、この種の移動に関してはあまり研究されていない[26]

フエガラスはヨーロッパ人の入植によく順応し、調査によると、人口が増加したクイーンズランド州ナナンゴ、ニュー・サウス・ウェールズ州バハーム、ビクトリア州ジーロング、ニュー・サウス・ウェールズ州のノーザン・テーブルランズ地方、サウス・ウェスト・スロープス地方など、オーストラリア東部の多くの地域で、より一般的になった。この個体数の増加は、シドニーでは1940年代に、キャンベラでは1960年代に顕著である。両市では、以前はフエガラスは冬鳥であったが、現在は年間を通し生息しており、また繁殖もしている[11]。フエガラスはシドニーの庭園では優占種の一種となっており、普通に生息している[27]。1980年から2000年までのサウス・イースト・クイーンズランド地方でのフエガラスの個体数の調査では、フエガラスがブリスベンの郊外を含み、この地方で個体数が増えていることが分かった[28]。1992年のオーストラリアのフエガラスの全個体数の調査により、1960年代の300万羽から、1990年初期に2倍の600万羽になったことが分かった[11]

フエガラスはビクトリア州ウィルソンズ・プロモントリーの海岸から10kmの場所に位置するロドンド島や、クイーンズランド州のいくつかの沖合の島から記録されたように、ある程度の距離であれば海上を飛ぶことができる[26]。しかし、グレート・バリア・リーフのトライオン島、ノース・ウェスト島、マストヘッド島、ヘロン島からはいなくなった[29][30]。ロード・ハウ島亜種の存在は、この変化の結果に決着をつける可能性があるかもしれない[17]

巣の捕食に影響を受けやすい小型鳥類に対するフエガラスの影響は、議論を呼んでいる[31]。つまりいくつかの研究において、この種が重大な問題になっている一方で、このことは、移入鳥類がオーストラリア固有の鳥類より影響を与えるということを観察したマッコーリー大学のベイリーとブルームスタインによるフエガラスの採餌習慣における論文により疑われた[31]。しかしながら、フエガラスによる捕食は、ニュー・サウス・ウェールズ州ポート・ステファンズの近くのキャベツ・ツリー島にあるミナミシロハラミズナギドリ(Pterodroma leucoptera )のコロニーの減少の一つの要因となっている。つまり、成鳥のミズナギドリが捕食されているのが記録されている。この島からのフエガラスの除去は絶滅の危機にあるミズナギドリの減少を止めることができた[32]。さらに、ニュー・イングランド大学が2006年に行った調査において、ニュー・イングランド高原のヒガシキバラヒタキサンショクヒタキの繁殖成功率は、巣が保護され、フエガラスが駆除されたのちに上昇し、そしてヒガシキバラヒタキは地域的に絶滅していた場所にも、移住するようになった[33]。シドニーの庭園におけるフエガラスの存在は、ハイムネメジロの存在に悪影響であることが証明されている[27]

フエガラスは果実や種子を採餌し、その後、分散することにより、雑草の分布拡大に影響している[34]。20世紀前半、フエガラスはトウモロコシやイチゴの害鳥として考えられ、またオプンティア属の一種の分布拡大を影響していたとして駆除された。ロード・ハウ島においてもまたニワトリをおそうために駆除された。しかし林業においてはナナフシ類を捕食するため、農業においてもコドリンガ(Cydia pomonella )の繭を捕食するとして、益鳥としてみられる[4]

行動[編集]

フエガラスの群れが、サンドウィッチを屋根にのっけた古い車の周辺に集まっている。
ピクニック広場で餌をもらう機会を狙うフエガラス、クイーンズランド州カーナボン渓谷

フエガラスは一般に地面から数m上の樹上で採食するため、地上のカササギフエガラスと生息環境を共有することが出来る。夜間は大きな木や森林地帯で休み、早朝に餌を探すために分散し、夕方に戻ってくる[35]。単独、もしくは小さなグループで行動するが、秋から冬にかけては50羽以上の大きな群れを作ることもある。地上ではぴょんぴょんと跳びはねるか、胸を張るようにして歩く[23]

繁殖期になると、フエガラスはペアになり、なわばりを持ち、巣と採餌場所の両方を防衛する。シドニーの緑の多い北部郊外での1994年の研究によると巣との距離は平均250m[36]、キャンベラでの1990年の研究によると、400mの松の木の街道沿いに3つがいが営巣していた[37]。フエガラスのなわばりはシドニーやウロンゴンでは約0.5から0.7haで、キャンベラでは7.9haであった[35]。ただし、これらは営巣地に限られ、もっと大きな採餌場所は含まれない[35]。フエガラスはカラス類などの天敵を、くちばしで攻撃したり、急降下したり、空中で追撃したりしながら追い払う。フエガラスは他のフエガラスに対し、頭と体を地面と平行にし、くちばしを前方もしくは侵入者の方向に対して向け、頭を低くするという特有の脅しのディスプレイを行う[38]。雄は脅しのディスプレイでなわばり防御で優位に立ち、そして雌と巣を厳重に守る[39]。 群れで遊ぶこともある。最初に、1羽が高い木や、ポール、尖塔の頂に留まり、他の鳥(挑戦者)が急降下したり、飛びかかったり、追い払ったりする。成功した挑戦者が次の番になり、群れの中の他の鳥によって挑戦される[35]

水浴びは15cmほどの深さの水たまりで行い、水の中にしゃがみこみ、頭を水の中に一度入れたのち、羽をふるわせる。時々、最初に泥や砂を利用することもある。水浴びの最後に羽づくろいを行う。また、蟻浴(anting)をするのが観察されている[39]

食性[編集]

フエガラスは雑食で、果実、多くの無脊椎動物、小さな脊椎動物、幼鳥や鳥の卵など、機会があれば食べる。フエガラスは樹上で、巣から鳥や卵、木から昆虫や果実を採餌する。また、空中や地上で採餌することもある[22]。夏期の間は昆虫が、冬期は果実が食性の中心を占める。残飯やゴミなどをあさることもあり、ピクニック広場や給餌台の近くでは、人から餌をもらうことを恐れなくなる[40]。甲ちゅう類やアリ類は、もっともよく消費される昆虫である。ネズミや、農場ではニワトリシチメンチョウの雛を捕食した記録がある[41]

フエガラスはモートン・ベイ・イチジク(Ficus macrophylla )やポート・ジャクソン・イチジク(F. rubiginosa )、バンヤン・イチジク(F. virens )、シメコロシイチジク(F. watkinsiana )など多種のイチジクを含む果実[42]Syzygium 属、センダン(Melia azedarach )、マキ属の一種(Podocarpus elatus )、Persoonia 属の実などを採食する。また、他の果実も採食され、りんご、洋梨、いちご、ブドウ、核果、柑橘類およびとうもろこしなどを、果樹園から盗み出すことも知られている[34]。フエガラスはシドニー地域において、侵略的外来植物のAsparagus densiflorus の分布域拡大に[43]、またアーミデール周辺ではイボタノキ属トウネズミモチL. sinenseトキワサンザシ属のタチバナモドキ(Pyracantha angustifolia )やP. rogersiana などの侵略的外来植物の分布域拡大に影響している[34]

採食は夏は単独かペアで、秋や冬は、主に市街地で群れで行う[40]。採食を行うとき、カササギフエガラスやホシムクドリとともに群れることが多い[41]。ハイイロフエガラスやアオアズマヤドリと行動することもある[23]オーストラリアチゴハヤブサアカエリツミキバタンなど他の鳥類から、食料を横取りすることが記録されている[44][45]。フエガラスはまた、同種内で攻撃することがある[34]オーストラリア国立大学の研究者による2007年の研究によると、マミジロヤブムシクイ(Sericornis frontalis )の雛がフエガラスが落ち葉上を歩く音の録音を聞いたとき、静かになった[46]

繁殖[編集]

いろいろなタイプの森林で見られるが、フエガラスはよく成長した森林で繁殖することを好む[23]。フエガラスは春に高い木に草や木の皮でできた厚い巣を作る。営巣木には一般的に孤立していないユーカリの木が選ばれる。1回の産卵で、3卵を産む。卵は、濃色の桃褐色およびラベンダー色の斑点がある、明るいピンク色である。形は細長く約30m×42mm[47]。雌が単独で抱卵する[48]。抱卵期間は巣の観察が困難であるためよく判明していないが、観察によると産卵から孵化まで約30日ほどである。多くのスズメ目鳥類と同じように、雛は無毛で生まれ、目が見えず(晩成)、長期間を巣で過ごす(留巣性)。雛は灰褐色の羽毛(ダウン)を急速に成長させる。両親が若鳥に給餌するが、雄は孵化から数日後までは、直接、雛に給餌を開始することはない[48]

オオオニカッコウはフエガラスの巣に托卵し、仮親により育てられる[49]。オオオニカッコウの卵はフエガラスの卵に非常によく似ている。オオオニカッコウがフエガラスの巣を訪れると、親鳥が逃げることが知られており、フエガラスの幼鳥を捨てたり[36]、幼鳥の首を切り落とすことが記録されている[38]。また、アカハラオオタカ (Accipiter fasciatus )やレースオオトカゲ が雛を捕食しているのが記録されている[50]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ BirdLife International 2009. Strepera graculina. In: IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.1
  2. ^ Higgins et al., p. 529
  3. ^ Gould's "Handbook to the Birds of Australia" (1865)
  4. ^ a b c d e f g Higgins et al., p. 530
  5. ^ Dixon, Robert Malcolm Ward (1992). Australian Aboriginal Words in English. Oxford University Press. p. 90. ISBN 0-19-553394-1. 
  6. ^ a b c Higgins et al., p. 552
  7. ^ a b Christidis L, Boles WE (2008). Systematics and Taxonomy of Australian Birds. Canberra: CSIRO Publishing. p. 196. ISBN 9780643065116. 
  8. ^ Leach, John Albert (1914). “The myology of the Bell-Magpie (Strepera) and its position in classification”. Emu 14 (1): 2?38. 
  9. ^ Sibley CG, Ahlquist JE (1985). (fulltext) “The phylogeny and classification of Australo-Papuan passerine birds”. Emu 85 (1): 1?14. http://www.publish.csiro.au/?act=view_file&file_id=MU9850001.pdf (fulltext) 2009年4月15日閲覧。. 
  10. ^ Mathews, Gregory M. (1913). Austral Avian Record 2 (4): 78. 
  11. ^ a b c Higgins et al., p. 533
  12. ^ a b Recovery Outline: Pied Currawong (western Victoria)”. Department of the Environment, Water, Heritage and the Arts website. Department of the Environment, Water, Heritage and the Arts (2000年). 2009年11月6日閲覧。
  13. ^ a b c d Higgins et al., p. 553
  14. ^ Sharpe, Richard Bowdler (1877). Catalogue of Birds in the British Museum 3: 58. 
  15. ^ Garnett, S. (1993) Threatened and Extinct Birds Of Australia. RAOU. National Library, Canberra. ISSN 0812-8014
  16. ^ Lord Howe Currawong -profile”. NSW Threatened species website. NSW Government - Department of Environment and Conservation (2005年). 2009年11月11日閲覧。
  17. ^ a b McAllan IAW, Curtis BR, Hutton I, Cooper RM (2004). “The birds of the Lord Howe Island Group: a review of records”. Australian Field Ornithology 21: 1?82. 
  18. ^ White, Henry Lake (1923). Emu (RAOU) 22 (3): 258. 
  19. ^ Mathews, Gregory M. (1912). Novitates Zoologicae 18 (3): 443. 
  20. ^ Schodde, Richard; Mason, Ian J. (1999). The directory of Australian birds : a taxonomic and zoogeographic atlas of the biodiversity of birds in Australia and its territories. [Vol.1], Passerines. Melbourne: CSIRO Publishing. pp. 552. ISBN 0-643-06457-7. 
  21. ^ Higgins et al., p. 551
  22. ^ a b Higgins et al., p. 536
  23. ^ a b c d e f g Higgins et al., p. 531
  24. ^ Higgins et al., p. 545
  25. ^ Slater, Peter (1974). A Field Guide to Australian Birds. Volume Two: Passerines. Adelaide: Rigby. p. 282. ISBN 0-85179-813-6. 
  26. ^ a b Higgins et al., p. 534
  27. ^ a b Parsons H, Major RE, French K (2006). “Species interactions and habitat associations of birds inhabiting urban areas of Sydney, Australia”. Austral Ecology 31 (2): 217?27. 
  28. ^ Woodall PF (2004). “The distribution and abundance of Pied Currawong and Torresian Crow in South-east Queensland”. The Sunbird 34 (2): 49?57. ISSN 1037-258X. http://espace.library.uq.edu.au/eserv/UQ:71609/Woodall_distribution_and_abundance_of_pied.pdf(fulltext) 2009年11月11日閲覧。. 
  29. ^ Kikkawa J, Boles W (1976). “Seabird Islands. No 15. Heron Island, Queensland”. Australian Bird Bander 14 (1): 3?6. 
  30. ^ Walker TA (1987). “Birds of Bushy Island (with a summary of the nesting status of bud species on southern. Great Barrier Reef cays)”. Sunbird 17: 52?58. 
  31. ^ a b Bayly KL, Blumstein DT (2001). “Pied Currawongs and the decline of native birds”. Emu 101: 199?204. http://www.eeb.ucla.edu/Faculty/Blumstein/pdf%20reprints/Bayly&Blumstein2001_Emu.pdf(fulltext) 2009年10月30日閲覧。. 
  32. ^ Priddel D, Carlile N (1995). “Mortality of Adult Gould's Petrels Pterodroma leucoptera leucoptera at the Nesting Site on Cabbage Tree Island, New South Wales”. Emu 95 (4): 259?64. doi:10.1071/MU9950259. 
  33. ^ Debus, SJS (2006). “The Role of Intense Nest Predation in the Decline of Scarlet Robins and Eastern Yellow Robins in Remnant Woodland Near Armidale, New South Wales”. Pacific Conservation Biology 12 (4): 279?87. ISSN 1038-2097. 
  34. ^ a b c d Higgins et al., p. 538
  35. ^ a b c d Higgins et al., p. 543
  36. ^ a b Larkins, D (1994). Australian Birds 28: 7?10. 
  37. ^ Lenz, M (1990). Canberra Bird Notes 15 (1): 2?9. 
  38. ^ a b Wood, KA (2001). “Aspects of breeding of the Pied Currawong Strepera graculina at Wollongong, New South Wales”. Corella 25 (4): 85?93. 
  39. ^ a b Higgins et al., p. 544
  40. ^ a b Higgins et al., p. 537
  41. ^ a b Roberts NL (1942). “The Winter Flocking of the Pied Currawong”. Emu 42: 17?24. 
  42. ^ Floyd, Alex G. (2009). Rainforest Trees of Mainland Southeastern Australia. Lismore, NSW: Terania Rainforest Publishing. pp. 232?35. ISBN 09589443673. 
  43. ^ Asparagus Densiflorus ? Asparagus Fern”. Lane Cove Council ? Our Environment. Lane Cove Council, NSW. 2009年7月28日閲覧。
  44. ^ Veerman, PA (1983). Canberra Bird Notes 11 (4): 132. 
  45. ^ Metcalf, EC (1988). Canberra Bird Notes 13 (2): 30?31. 
  46. ^ Magrath RD, Pitcher BJ, Dalziell AH (2007). “How to be fed but not eaten: nestling responses to parental food calls and the sound of a predator's footsteps”. Animal Behaviour 74 (5): 1117?29. doi:10.1016/j.anbehav.2007.01.025. 
  47. ^ Beruldsen G (2003). Australian Birds: Their Nests and Eggs. Kenmore Hills, Qld: self. p. 280. ISBN 0-646-42798-9. 
  48. ^ a b Higginset al., p. 548
  49. ^ Johnsgard PA (1997). The avian brood parasites: deception at the nest. Oxford University Press. pp. 268?69. ISBN 0195110420. 
  50. ^ Higgins et al., p. 549

参考文献[編集]

  • BirdLife International (2004). Strepera graculina. 2006. IUCN Red List of Threatened Species. IUCN 2006. www.iucnredlist.org. Retrieved on 1 November 2006. Database entry includes justification for why this species is of least concern
  • Higgins, Peter Jeffrey; Peter, John M.; Cowling SJ (eds.) (2006). Handbook of Australian, New Zealand and Antarctic Birds. Vol. 7: Boatbill to Starlings. Melbourne: Oxford University Press. ISBN 978-0195539967.