フェレドキシン-NAD+レダクターゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「フェレドキシン-NAD+レダクターゼ」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
フェレドキシン-NAD+レダクターゼ
識別子
EC番号 1.18.1.3
CAS登録番号 39369-37-4
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

フェレドキシン-NAD+レダクターゼ(ferredoxin-NAD+ reductase)は、脂肪酸代謝酵素の一つで、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

還元型フェレドキシン + NAD+ \rightleftharpoons 酸化型フェレドキシン + NADH + H+

この酵素の基質は還元型フェレドキシンNAD+で、生成物は酸化型フェレドキシン、NADHとH+である。

この酵素は酸化還元酵素に属し、NAD+またはNADP+を受容体として鉄硫黄タンパク質に特異的に作用する。組織名はferredoxin:NAD+ oxidoreductaseで、別名にferredoxin-nicotinamide adenine dinucleotide reductase、ferredoxin reductase、NAD+-ferredoxin reductase、NADH-ferredoxin oxidoreductase、reductase, reduced nicotinamide adenine dinucleotide-ferredoxin、ferredoxin-NAD+ reductase、NADH-ferredoxin reductase、NADH2-ferredoxin oxidoreductase、NADH flavodoxin oxidoreductase、 NADH-ferredoxinNAP reductase (component of naphthalene dioxygenase multicomponent enzyme system)、ferredoxin-linked NAD+ reductase、NADH-ferredoxinTOL reductase (component of toluene dioxygenase)、ferredoxin-NAD reductaseがある。

参考文献[編集]

  • Jungermann K, Thauer RK, Leimenstoll G, Decker K (1973). “Function of reduced pyridine nucleotide-ferredoxin oxidoreductases in saccharolytic Clostridia”. Biochim. Biophys. Acta. 305 (2): 268–80. PMID 4147457.