フェルナンダ・G・ヴァイデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラジルフォス・ド・イグアスの"Latinoware 2008, Fórum do Gnome"にて。

フェルナンダ・G・ヴァイデンFernanda "nanda" G. Weiden)は、システムアドミニストレータであり、元Free Software Foundation Latin Americaの理事を務めた人物[1]である。彼女はDebian Womenプロジェクトへの参加[2]や、Fórum Internacional Software Livre英語版(FISL)の組織化を行っている。彼女はWomen in Free Software Project in Brazilの設立者である。

フェルナンダは2009年6月Free Software Foundation Europeの副代表に選出されている[3]

彼女はベルリンWizards of OS 4英語版にて講演を行っている[4]

彼女は、ドイツイタリアに出自を持ち、自身はブラジルポルト・アレグレにて育っている。彼女は現在スイスチューリッヒGoogleにて勤務している[3]

脚注[編集]

  1. ^ About FSFLA”. Free Software Foundation Latin America. 2011年4月5日閲覧。
  2. ^ Debian Women Profiles”. women.debian.org. 2011年4月5日閲覧。
  3. ^ a b Fernanda G. Weiden”. Free Software Foundation Europe. 2011年4月5日閲覧。
  4. ^ Wizard of OS: U - Z”. www.wizards-of-os.org. 2011年4月5日閲覧。

外部リンク[編集]