フェルディナンド1世 (パルマ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェルディナンド・ディ・ボルボーネ
フェルディナンド・ディ・ボルボーネ

フェルディナンド・ディ・ボルボーネFerdinando di Borbone, 1751年1月20日 - 1802年10月9日)は、パルマ公(在位:1765年 - 1802年)。

フェルディナンドは、パルマ公フィリッポエリザベッタ・ディ・ボルボーネとの第二子で唯一の息子である。

1769年7月19日、フェルディナンドは神聖ローマ皇帝フランツ1世とその皇后マリア・テレジアの六女マリーア・アマーリア・ダズブルゴ(Maria Amalia d'Asburgo)と結婚した。なお、姉マリア・イサベラは妻マリーア・アマーリアの兄ヨーゼフ2世の妃であり、ブルボン=パルマ家ハプスブルク=ロートリンゲン家の二重結婚であった。

子女[編集]

  • カロリーナ(Carolina di Borbone, 1770年11月22日 - 1804年3月1日) - 1792年、ザクセン公子マクシミリアンと結婚。
  • ルドヴィーコ(Ludovico I di Borbone, 1773年8月5日 - 1803年5月27日) - パルマ公、エトルリア王。
  • マリーア・アントニエッタ(María Antonietta di Borbone, 1774年11月28日 - 1841年2月20日)
  • カルロッタ(Carlotta di Borbone, 1777年9月7日 - 1813年4月5日)
  • フィリッポ・マリーア(Filippo Maria di Borbone, 1783年5月22日 - 1786年7月2日)
  • アントニエッタ(Antonietta Luisa di Borbone, 1784年10月21日)
  • ルイーザ・マリーア(Luisa Maria di Borbone, 1787年4月17日 - 1789年11月22日)
先代:
フィリッポ
パルマ公
1765年 - 1802年
次代:
ジャン=ジャック・レジ・ド・カンバセレス
執筆の途中です この「フェルディナンド1世 (パルマ公)」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア