フェルディナンド・アントン・エルンスト・ポルシェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フェルディナント・アントン・エルンスト・ポルシェ(Ferdinand Anton Ernst Porsche、1909年9月19日 - 1998年3月27日)は、オーストリア実業家自動車工学技術者、自動車デザイナーフェリー・ポルシェ(Ferry Porsche)の愛称でも知られる。

フェルディナント・ポルシェの長男として父親と共にポルシェの創設に関わった。自身もポルシェ・356を設計し、ポルシェの監査役会長、名誉会長などを歴任した。

生い立ち[編集]

自動車技術者・フェルディナント・ポルシェの長男として、オーストリア=ハンガリー帝国時代のウィーナー・ノイシュタットに生まれた。5歳年上の姉、ルイーズがいた。名前の「フェルディナント」は父、「アントン」は父方の祖母、「エルンスト」は母方の叔父に、それぞれ因んだ洗礼名である。渾名はフェリー。

子ども時代には周囲に父フェルディナント・ポルシェの作った機械や部品がゴロゴロしており、自然に機械に対する関心を強めた。また父の方でも彼が幼い時からまず単純なもの、段階的に複雑ないくつものおもちゃを作って与え、興味と知識を育てた。1919年頃父は3.5馬力のエンジンを積んだ自動車を作って与え運転を教えようとしたが、彼は教わる前に乗り回し、まもなく点検や修理も自分でするようになった。1922年頃には工場内でサッシャを乗り回していた[1]

1923年、一家はシュトゥットガルトに転居した。フィニッシングスクールを卒業したが、正式に大学で学ぶことは生涯なかった。

1926年頃にはメルセデス・ベンツやフォルクスワーゲンなどの試作車のテスト走行に加わり[2]、またレースに出場するようになった。アウトウニオン1933年頃にバーデン=バーデン2000kmラリーにチームを出場させた時にはドライバーとして参加し、区間によってはベルント・ローゼマイヤーより良いタイムを出したという。しかしこのレースの直後父フェルディナント・ポルシェからレース出場を禁止された[3]

1928年ボッシュに見習いとして入社、1929年にはシュタイアー(現マグナ・シュタイアー)に転職し機械工学、数学、図面の書き方を学んだ[4]

会社設立[編集]

1931年4月、父・フェルディナントがシュトゥットガルトに開設した自動車設計事務所「エンジンと自動車、飛行機、船に関する設計、及びコンサルティングのためのフェルディナント・ポルシェの会社」(Dr. Ing. h.c. F. Porsche GmbH Konstructionsbüro für Motoren, Fahrzeuge, Luftfahrzeuge und Wasserfahrzeugbau )にスタッフとして加わった。

父・フェルディナントによる計画、「ドイツの一般家庭の、誰もが購入出来得る価格の乗用車を作る」は、1934年7月、ナチスにより承認された。そのモデルは当初「ポルシェ・60」と名付けられていたが、直後に「フォルクスワーゲン(国民車、人民の車)」と改称された。フェリーを含むチームにより設計されたフォルクスワーゲン・タイプ1の原型は、1938年に発表された。

1935年に結婚し、その後長男フェルディナント・アレクサンダー(ブッツィ)、4男ヴォルフガングなど、4人の息子が誕生した。

第二次世界大戦[編集]

大戦中、ポルシェ家は戦車などの兵器の開発に注力した。2人は、ナチスの要求に答えるためにともに働き、アドルフ・ヒトラーとは何度も面会している。空襲を避けるために1944年、ポルシェKGエンジニアリング・オフィスは、オーストリア・ケルンテン州 グミュントGmünd )に疎開している。

ドイツ敗戦後の1945年12月15日、フェリーは戦争犯罪人として、ドイツ・ヴォルフスブルクにおいてフランスにより逮捕された。この時、父親のフェルディナント、伯父のアントン・ピエヒ(姉、ルイーズ・ピエヒの夫)も同時に逮捕されている。1946年7月、フェリーは保釈金50万フランの支払いにより釈放されオーストリアに戻った。フェルディナントは、そのままフランス・ディジョンの刑務所に移送された。

事業の再開[編集]

父・フェルディナントが収監されている間、フェリーは姉・ルイーズとともに会社の運営を行なった。1946年中には、イタリアの元サッカー選手であり自動車メーカーチシタリアを立ち上げた実業家、ピエロ・ドゥジオ(Piero Dusio )の依頼による競技車「チシタリア・グランプリレースカー」(Cisitalia Glan-Prix Race Carポルシェ・360)の開発、さらに、後にポルシェ・356となる自社による車両の開発が開始された。ポルシェ・356はフェリーが設計を行い、1948年に生産が開始された。チシタリア・グランプリレースカーは1949年に発表された。

1949年、フォルクスワーゲンとの間に事業提携の契約がなされた。これにより経営の安定を得たポルシェKGは、1950年、約6年ぶりにシュトゥットガルトへと拠点を戻した。また、この契約によりフェリーは、オーストリアにおけるフォルクスワーゲン車の独占販売権を得た。

壮年 - 晩年[編集]

釈放された父フェルディナントが1951年に死亡すると、フェリーは名実ともに会社の代表となった。1962年には、長男ブッツィが設計に携わった乗用車ポルシェ・911の生産が始まり、社を代表するモデルとなった。

1972年、フェリーが監査役員会長を務めていたポルシェはそれまでの同族企業から公開企業へと転換することを決定した。企業体を形成していた「Dr. Ing. h.c. F. Porsche KG」、「VW-Porsche Vertriebsgesellschaft」、「Porsche Konstruction KG」の3社が統合されるとともに、ポルシェ一族はその経営の中枢から離れることとされた。フェリーは監査役会名誉会長に退いたが、実際には経営への影響力を行使し続けた。

1989年になり現役を引退、オーストリアのツェル・アム・ゼーに戻った。1998年、88歳で死去。ポルシェ名誉会長の肩書きは終生保持していた。

ポルシェ一族[編集]

女系の傍流であるピエヒ家と併せて、ポルシェAGとフォルクスワーゲン・グループを支配する自動車一族である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『われらがポルシェ ポルシェなんでも事典』講談社

脚注[編集]

  1. ^ 『われらがポルシェ ポルシェなんでも事典』p.81。
  2. ^ 『われらがポルシェ ポルシェなんでも事典』p.81。
  3. ^ 『われらがポルシェ ポルシェなんでも事典』p.83。
  4. ^ 『われらがポルシェ ポルシェなんでも事典』p.82。

外部リンク[編集]