フェルディナント・リース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェルディナント・リース

フェルディナント・リースFerdinand Ries, 1784年11月28日 - 1838年1月13日)はドイツボン出身の作曲家ベートーヴェンの弟子であり、師の回想録を出版した。主な作品には8つの交響曲ヴァイオリン協奏曲、9つのピアノ協奏曲、室内楽曲などがある。一部は録音されており、古典派と初期ロマン派の間の様式を示している。

主な作品[編集]

交響曲[編集]

  • 第1番 ニ長調 op.23
  • 第2番 ハ短調 op.80
  • 第3番 変ホ長調 op.90
  • 第4番 ヘ長調 op.110
  • 第5番 ニ短調 op.112
  • 第6番 ニ長調 op.146
  • 第7番 イ短調 op.181
  • 変ホ長調(第8番)WoO.30(未出版)

参考文献[編集]

Cecil Hill により作品主題目録が作成されており、各作品について、各楽章の出だし、献呈、過去の批評、作曲年が記されている。

  • Hill, Cecil. Ferdinand Ries: A Thematic Catalogue. Armidale, NSW: University of New England. 1977. ISBN 0858341565.
  • Ries, Ferdinand. Beethoven Remembered: The Biographical Notes of Franz Wegeler and Ferdinand Ries (translated from the German.) Arlington, VA: Great Ocean Publishers. 1987. ISBN 0915556154.

外部リンク[編集]