フェリペ・ポエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Felipe Poey y Aloy

フェリペ・ポエ(Felipe Poey y Aloy、1799年5月26日 - 1891年1月28日)は、キューバ動物学者である。

生涯[編集]

ハバナに、フランス人スペイン人の両親の元に生まれた。子供時代をフランスポーで過ごし、マドリード法律を学んだ。スペインで弁護士となったが、自由思想の持ち主であったために、スペインを追われ、1823年にキューバに戻った。博物学の研究を始め、1925年にフランスに渡り、キューバのについての著作を始め、魚類の知識を得て、後にジョルジュ・キュビエアシル・ヴァランシエンヌにキューバの魚類標本を送った。フランス昆虫学会(Société Entomologique de France)の創立に参加した。

1833年にキューバに戻り、1839年に自然史博物館を設立した。1842年にハバナ大学の最初の動物学、比較解剖学の教授となった。ハバナ科学アカデミーを創立し、人類学会を創立し会長を務めた。

1974年に生誕175年を記念して、記念切手が発行され、1999年にも生誕200年を記念して魚類の図とともに記念切手が発行された。

外部リンク[編集]