フェリックス・ド・ブルボン=パルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェリックス・ド・ブルボン=パルム
Félix de Bourbon-Parme
ブルボン=パルマ家
Prince Félix of Luxembourg, Prince of Parma and Princely consort of Luxembourg (1893-1970).jpg
パルマ公子フェリックス
全名 Félix Marie Vincent
フェリックス・マリー・ヴァンサン
Felice Maria Vincenzo
フェリーチェ・マリーア・ヴィンチェンツォ
出生 1893年10月28日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国シュヴァルツァウ・アム・シュタインフェルト
死去 1970年4月8日(満76歳没)
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルクフィシュバッハ英語版フィシュバッハ城英語版
埋葬 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルクルクセンブルクノートルダム大聖堂英語版
配偶者 シャルロット
子女
父親 パルマ公ロベルト1世
母親 マリーア・アントーニア・デル・ポルトガッロ
テンプレートを表示

フェリックス・ド・ブルボン=パルムフランス語: Félix de Bourbon-Parme, 1893年10月28日 - 1970年4月8日)は、ルクセンブルク大公シャルロットの夫[1]ジャン大公の父。オーストリア=ハンガリー皇后ツィタの弟。prince de Luxembourgの称号を有した。

生涯[編集]

パルマ公ロベルト1世(当時すでにパルマ公国は廃されていた)の八男としてオーストリアで生まれる。母は父の2番目の妃マリーア・アントーニアイタリア語名はフェリーチェ・ディ・ボルボーネ=パルマFelice di Borbone-Parma)。

ブルボン朝最後のフランス王であるシャルル10世の玄孫であり(父方の祖母ルイーズ・ダルトワがシャルル10世の孫)、またパルマ公家の遠祖でもあるブルボン朝最初の王アンリ4世を介して、中世ルクセンブルク家の血も引いている。

第一次世界大戦終結直後の1919年に、即位後間もないルクセンブルク女大公シャルロット(母方の従妹)と結婚した。2人の間には長子ジャン大公をはじめ6人の子供が生まれている。

ルクセンブルク赤十字社総裁を2度務めた(1923年 - 1932年1945年 - 1967年)。

カジノで賭けに負け、グリューネヴァルト(ルクセンブルクの広大な森林地帯)を失ったことは有名である。ルクセンブルク政府は法外な金額で買い戻す羽目になり、フェリックスからは贈り物として出費を返してもらった。2006年7月、フェリックスの孫にあたるアンリ大公は、森全体を国の資産として付近住民に売却したいと表明した。

子女[編集]

[編集]

  1. ^ 日本語に「女大公の配偶者」を示す用語は存在しないため、便宜上「夫君」と呼ばれることが多い。王配も参照。