フェリクス2世 (対立教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フェリクス2世(? - 365年11月22日)は、第36代ローマ教皇であるリベリウス対立教皇である(在位:355年 - 365年11月22日)。

生涯[編集]

ミラノ助祭長司教を務めていた。しかし355年にリベリウスがローマ皇帝コンスタンティウス2世によって追放されると、コンスタンティウス2世によってその後釜として立てられたのがフェリクス2世である。

しかしローマ市民は皇帝に擁立されたこのフェリクス2世に不満であり、358年にリベリウスが復位するとローマより追放され、ローマ郊外に小さな教会を立てて対立教皇としてなおも君臨した。365年11月22日に死去。

355年から358年までの3年間はローマ皇帝の後ろ盾があったとはいえ、実質的な教皇であった。[要出典]またリベリウスは人気が無い教皇(リベリウス以前の歴代ローマ教皇は列聖されているが、列聖されていない最初の教皇が、このリベリウスである)だったため、死後にフェリクス2世こそが正統であると見なす意見まで噴出したという。[要出典]

参考文献[編集]