フェリクス・ル・クーペ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェリクス・ル・クーペ
Félix Le Couppey
リトグラフ マリー=アレクサンドル・アドルフ(フランス語版)作
基本情報
出生 1811年4月14日
フランスの旗 フランス パリ
死没 1887年7月4日(満76歳没)
フランスの旗 フランス パリ
ジャンル クラシック
職業 教育者、ピアニスト作曲家

フェリクス・ル・クーペFélix Le Couppey 1811年4月14日 - 1887年7月4日)は、フランスの音楽教師、ピアニスト作曲家

生涯[編集]

ル・クーペはパリに生まれた。彼はパリ音楽院ヴィクトル・ドゥルランに師事し、17歳になる頃には和声学の助教授となっていた。1825年にはピアノと和声学で1等賞を獲得、1828年にはピアノ伴奏でも1番となった。

ル・クーペは1837年アンリ・エルツの跡を継いでソルフェージュの教授に就任、1843年にはドゥルランの後任として和声学と伴奏でも教授となった。1854年から1886年の間に彼はピアノの講座を持ち、この楽器のために多数の教本を執筆した。『École du méchanisme du piano』や『24 études primaries』、『Cours de piano élémentaire et progressif』などである[1]。彼の門下からは作曲家のエドゥアール・バティストエミール・ジョナ、ピアニストのマチルド・ベルナール=ラヴィオレット(Mathilde Bernard-Laviolette)、そしてセシル・シャミナードらがいる。

ル・クーペはパリで生涯を閉じた[2]

主要作品[編集]

  • Cours de piano
    • A B C du piano
    • L'Alphabet
    • Le Progrès
    • L'Agilité
    • Le Style
    • La Difficulté
  • École du méchanisme du piano
  • L'Art du piano (注釈つきの50の練習曲)
  • De l'enseignement du piano: Conseils Aux Eleves Et Aux Jeunes Professeurs (1882年)
  • 15 Studies for the Pianoforte, Preface to Czerny's Velocity Studies
  • The Alphabet
  • Conseils aux femmes professeurs
  • Troisieme etude de salon (1842年)

脚注[編集]

出典

外部リンク[編集]