フェラーリ・612スカリエッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェラーリ・612スカリエッティ
Ferrari 612 Scaglietti Meilenwerk.jpg
Ferrari 612 Scaglietti 1.jpg
販売期間 2004年 - 2011年
デザイン ピニンファリーナ
乗車定員 4人
ボディタイプ 2ドア クーペ(2+2)
エンジン TipoF133E型:5.7L V12 DOHC
最高出力 540ps/7250rpm
最大トルク 60.0kg/5250rpm
変速機 6速MT
6速セミAT(F1マチック)
駆動方式 FR
サスペンション 前/後ダブルウィッシュボーン
全長 4,902mm
全幅 1,957mm
全高 1,344mm
ホイールベース 2,950mm
車両重量 1,840kg
先代 フェラーリ・456
後継 フェラーリ・FF
-自動車のスペック表-

612スカリエッティ612 Scaglietti )とは、イタリアの自動車メーカーフェラーリが製造していたクーペタイプの高級車である。

2004年456Mの後継車であるが2+2シーターの456Mより室内を拡大、大人4人が乗れる真の4人乗り車として開発された。名称の由来は排気量約6Lのエンジンであること、12はエンジンの気筒数から。スカリエッティという名前は、1950年代~1960年代においてフェラーリと強力なパートナーシップを築き、多くのコンペティションモデルの製作を手がけたボディ製作工場のオーナー、セルジオ・スカリエッティに由来する。日本での価格はF1マチックが3660万円である。

スタイル・機構[編集]

デザインはピニンファリーナのチーフデザイナー、フランク・ステファンソン、スタイリングはデザインディレクター奥山清行が手掛け、先代456Mと比べよりエレガントな仕上がりを見せる。ヘッドライト、サイドを抉ったボディデザインは、映画監督ロベルト・ロッセリーニが女優イングリッド・バーグマンに贈ったという特別仕様のフェラーリ・375MM(1954)へのオマージュである。内部の巧妙なパッケージングによって後席を含めた室内居住性を拡大、実用性の面で進歩を果たし、456Mのポストを引き継ぐ車としてサイズアップされたボディに大人4人が乗り込める4シーターという室内レイアウトを保っている。

エンジン575M用の5748ccV型12気筒48バルブで547馬力のティーポ133型。456GTよりも低く後方に搭載されることによって重心位置の低下と重量配分の適正化も図られている。

トランスミッションは6速セミオートマチックトランスミッションであるF1マチックと従来の6速MTが用意されている(日本仕様はF1マチックのみ)。F1マチックは、ギア操作とクラッチ操作を油圧により自動操作する機構であり、トランスミッションそのものはMTと共通である。また、トランスミッションがトランスアクスル化されることにより、重量が大きくリア側に移動することとなり、フロントエンジン、4シーターながら、フロントよりリアの方が重くなっている。

またボディサイズの拡大による重量増加を回避するため、360モデナで使用された押し出しアルミ材を使用したスペースフレームの採用で相殺し、車重1,840kgに抑えることに成功。4シーターながら、最高速315km/h以上を達成できると発表されている。

GG50[編集]

GG502005年10月東京モーターショーにてブリヂストンが先行公開。612スカリエッティをベースにデザイン、設計されている。これはジョルジェット・ジウジアーロのデザイナー活動50周年を記念して本人がデザインし、会長を務めるイタルデザインが制作した。『GG50』とはイニシャル(Giorgetto Giugiaro)と50周年が由来。フェラーリのルカ・コルデーロ・ディ・モンテゼーモロ社長はジウジアーロのこれまでの功績に敬意を払い、特別に制作を許可した。モンテゼーモロ社長はイタルデザインに、『誰が見てもフェラーリと認識できるもの』と『コンパクトかつ、運転して楽しいもの』という2つの条件を出す。

デザインは非常に緩やかでかつ動きと伸びのあるラインで構成され、全体的に丸みを帯びることでコンパクトに見せている。612スカリエッティよりフロントオーバーハングで-20mm、全長で90mm縮められ、ロングノーズがより強調されている。フロントグリルに612スカリエッティの面影を残し、特徴的なヘッドライト、ガラスルーフはフロントガラスからルーフ後端まで連続したグラスエリアに見えるようデザインされている。リアクォーターウィンドウはサイドウィンドウと共に開閉可能にする事で乗降性を良くし、ガラスルーフと共に乗員の開放感を高めている。リアはトランクリッドからハッチバックに改められ、そのためのピラー強化、また燃料タンクを配置、形状変更しラゲッジスペースを拡大。大小異径の丸形リアコンビランプにはLEDを採用している。随所にジウジアーロらしい工夫が施されたデザインである。ちなみにGG50は歴代フェラーリ初のハッチバックモデルである。タイヤにはブリヂストン製ポテンザRE050が装着されている。現在はジウジアーロ本人が所有している。

612スカリエッティK(カッパー)[編集]

612スカリエッティKは元不動産王で前MTA会長、ピーター・S・カリコウがフェラーリに対し4シーター・グランツーリスモを希望し、ワンオフ生産された。デザインはピニンファリーナジェイソン・カストリオタが担当。エアインテークが開けられたボンネット、上面が露出したテールランプが特徴。2006年制作。

セッサンタ[編集]

Ferrari612SessentaEdition.jpg

フェラーリ創立60周年を迎えた2007年、60周年記念モデルとして特別仕様の612スカリエッティを発表。ボディはノーズからフェンダー、リアウィンドウを走るエッジを境に塗り分けられた2トーンカラーでインテリアも専用カラー。ルーフにはフェラーリ・スーパーアメリカでも使用された、透明度を変化させられるエレクトロクロミック・ガラスを採用した。販売台数は60周年を記念して限定60台。

エンハンスト[編集]

2007年9月、統合マルチメディアシステムを搭載した特別仕様車フェラーリ・612スカリエッティ・エンハンストを発表。従来の612スカリエッティをベースにフェラーリとボーズが共同開発した『インフォテレマティックシステム』を搭載する。これはオーディオ、テレビ、カーナビゲーションを総合コントロールし、音響環境を充実させたもので、ドライバーが運転に集中出来るよう「解りやすくシンプルであること」が追求して設計された。電装品を充実させる事に重点を置いたモデルである。

『エンハンスト』の名称は日本国内のみで使用される。

標高5231mへの挑戦[編集]

2005年8月、フェラーリは612スカリエッティで中国を横断する「チャイナ・ツアー」と称するPRキャラバンを行った (参考リンク)。これにはロイヤル・ダッチ・シェルピレリが協賛しており、フロント部分にフェラーリの中国語表記「法拉利」のデカールを貼っていた。8月末、上海を出発し、9月末には標高5231mのチベットタングラシャン峠に到達した。

外部リンク[編集]

フェラーリ ロードカータイムライン 1970年代-<- Previous  
タイプ 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3
FR V12 365GTB/4 550マラネロ 575Mマラネロ 599GTBフィオラノ F12ベルリネッタ
2+2 365GTC/4 365GT/4・2+2 400 400i 412 456 GT 456M GT 612スカリエッティ
V8 カリフォルニア
MR V6/V8 ディーノ246 308 308QV 328 348 348G 360モデナ F430 458イタリア
208 F355
2+2 ディーノGT4 モンディアル
V12 365GT4BB 512BB 512BBi テスタロッサ 512TR F512M
4WD/4シーター FF
スペシャル 288GTO F40 F50 エンツォフェラーリ ラ・フェラーリ
XXプログラム FXX 599XX