フェラーリ・599GTBフィオラノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェラーリ・599GTBフィオラノ
Ferrari 599 GTB Fiorano.jpg
Ferrari 599GTB rear view.jpg
販売期間 2006年 - 2012年
デザイン フランク・ステファンソン
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン Tipo F140C型 6.0L V12 DOHC
最高出力 620PS/7,600rpm
最大トルク 62.0kgf·m/5,600rpm
変速機 6速MT
6速セミAT(F1スーパーファスト)
駆動方式 FR
サスペンション 前/後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,665mm
全幅 1,962mm
全高 1,336mm
ホイールベース 2,750mm
車両重量 1,750kg
先代 575マラネロ
後継 F12ベルリネッタ
-自動車のスペック表-

フェラーリ・599GTBフィオラノFerrari 599GTB Fiorano )は、イタリアの自動車メーカーフェラーリが製造するクーペタイプのグランツーリスモである。

解説[編集]

ヒドゥンピラー
フロントに搭載のV12エンジン

2006年ジュネーヴ・モーターショーにて初披露された599GTBフィオラノは、575Mマラネロ の後継車種であり、フェラーリのフラグシップを担うFRの2シーターグランツーリスモである。5,999ccのエンジンを搭載することから「599」の名称が付けられた。スタイリングは、かつてピニンファリーナに在籍していたジェイソン・カストリオタ(Jason Castriota )が手掛けている。フィオラノとは北イタリアモデナ県フィオラーノ・モデネーゼにあるフェラーリのテストコース、フィオラノサーキットが由来。

構成部品の多くを612スカリエッティと共有するものの、外観には相違が見られる。全体的に緩やかな曲面で構成されている 612スカリエッティに比べ、599GTBフィオラノは各所にエアインテークアウトレットを配し、フロント回りからリアフェンダーまでシャープなエッジが目立つ、ややスパルタンな印象となっている。カストリオタは599GTBフィオラノをデザインする際、365GTB/4を参考にしたという。Cピラーはヒドゥンピラーとなり、その外側にフィンが追加されており、これがスポイラーとして空力性能を発揮し、フラットフロアやリア下面のディフューザーと共に最高速度の330km/h以上では190kgのダウンフォースを生む。またこれは599GTBフィオラノの外観上の特徴の一つともなっている。

550、575M同様フロントにエンジンを搭載するが、強化されたエンジン(後述)と、空力特性の最適化により、最高速度は330km/h以上に達する。

日本以外では『Ferrari 599GTB Fiorano』(フェラーリ599GTBフィオラノ)だが、日本ではフェラーリ599となり、「GTB」、「フィオラノ」は付かない[1]。日本ではすでに「GTB」をトヨタ自動車が、「フィオラノ」をオートバックスセブンがそれぞれ先に商標登録していたため、日本限定で『599』として発表された経緯がある。そのため日本では海外記事の翻訳でも『599』と訳される。日本での発表会にはスクーデリア・フェラーリの代表でフェラーリCEOジャン・トッドが来日、参加している。

2012年2月29日、599の後継車であるF12ベルリネッタが発表された。

特徴・機構[編集]

日本での価格は3,458.7万円である。(2008年7月現在)エンジンは575Mの5.7LV12エンジン(ティーポF133E)を改良した物ではなく、エンツォ用6.0L V12エンジンをデチューンしたティーポF140Cである。575M比では105PSの出力アップ、2.0kgf·mのトルクアップを達成している。トランスミッションは従来の6速MTと 575Mに搭載されている6速セミATであるF1マチックよりも変速時間が短縮された新世代の6速セミATである、F1スーパーファストが用意されている。ただし、日本にはF1スーパーファスト搭載車のみの導入である。「F1 TRAC」と呼ばれる進化したトラクションコントロールも装備する。もちろんオフにして走行することもできる。走行中にタイヤの内圧や、タイヤの温度をリアルタイムで車内に表示させることができる。

バリエーション[編集]

  • 599(2006年 - 2012年)
  • 599HGTE(2009年 - 2012年) - 620PS/62.0kgf·mのV型12気筒 6.0L DOHCエンジン、6速MTまたは6速セミAT、駆動方式はFR。

パッケージオプション[編集]

  • カロッツェリア・スカリエッティ・プログラム
  • ワン・トゥ・ワン
  • HGTE(ハンドリング・グラントゥーリズモ・エボルツィオーネ)パッケージ

599GTO[編集]

2010年4月8日に公開された[2]フェラーリ・599XXのロードゴーイングバージョンであり、フェラーリ曰くフィオラノサーキットにおいてエンツォ・フェラーリよりも1秒速い1分24秒で駆け抜け当時フェラーリ史上最速のロードカーとされた。最高速度335km/h、0-100km/h加速3.35秒の性能を誇る。

599HY-KERS[編集]

2010年1月28日にフェラーリの社長ルカ・ディ・モンテゼモーロ社長は599のハイブリッド仕様を販売すると発表した。エンジンはV型12気筒で後輪を駆動しモーターで前輪を駆動するAWDとみられる[3]

SAアペルタ[編集]

2010年9月30日にパリモーターショーで公開された限定モデル。"SA"はセルジオ(Sergio)とアンドレア(Andrea)のピニンファリーナ親子のイニシャルに由来し、ピニンファリーナ社創業80周年を記念して発売される。販売台数もこれにちなんだ世界限定80台のみだが、発表時に全台売約済とアナウンスされており、実際のデリバリーは2011年を予定している。

アペルタ("Aperta"、イタリア語でオープンカーを指す)の名が示すとおり599のロードスターモデルであるが、エンジンは599GTO用(最大出力670PS/8,250rpm、最大トルク63.2kgf·m/6,500rpm)を搭載、車体もオープンモデル用にシャシーの再設計を行いボディ剛性を高めた。また車高の低下やフロントウインドスクリーンのサイズ変更を行いオープン走行時の空力性能を確保、ルーフは緊急時用の簡易ソフトトップのみの設定とする等の軽量化を図り、599に対して16Kg増とベースモデルより重くなりがちなオープンモデルとしては異例のほぼ同等の車重をキープする等、運動性を重視した仕様である。最高速度325km/h、0-100km/h加速3.6秒。[4]

脚注[編集]

  1. ^ ALL About 599こそ、史上最高のFRフェラーリ!
  2. ^ http://www.ausmotive.com/2010/04/08/ferrari-599-gto-official-details.html
  3. ^ Response フェラーリ初のハイブリッド、燃費は30%向上か
  4. ^ http://www.ferrari.com/Japanese/GT_Sport%20Cars/GT/Pages/100930_GT_Parigi_exclusive_SA_APERTA_and_California_leading_it_class.aspx

外部リンク[編集]

フェラーリ ロードカータイムライン 1970年代-<- Previous  
タイプ 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3
FR V12 365GTB/4 550マラネロ 575Mマラネロ 599GTBフィオラノ F12ベルリネッタ
2+2 365GTC/4 365GT/4・2+2 400 400i 412 456 GT 456M GT 612スカリエッティ
V8 カリフォルニア
MR V6/V8 ディーノ246 308 308QV 328 348 348G 360モデナ F430 458イタリア
208 F355
2+2 ディーノGT4 モンディアル
V12 365GT4BB 512BB 512BBi テスタロッサ 512TR F512M
4WD/4シーター FF
スペシャル 288GTO F40 F50 エンツォフェラーリ ラ・フェラーリ
XXプログラム FXX 599XX