フェラーリ・456

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェラーリ456
456 GT/GTA
1995Ferrari456GT.jpg
456M GT/GTA
1999 Ferrari 456.jpg
販売期間 1992年 - 2003年
設計統括 ロレンツォ・ラマチョッティ
デザイン ピニンファリーナ、456はピエロ・カルマデッラ/456Mは奥山清行
乗車定員 4名
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン V12DOHC5473cc
最高出力 442ps/6200rpm
最大トルク 56.0kg/4500rpm
変速機 6速MT/4速AT
駆動方式 FR
サスペンション
全長 4,730mm
全幅 1,920mm
全高 1,300mm
ホイールベース 2,600mm
先代 フェラーリ・412
後継 フェラーリ・612スカリエッティ
-自動車のスペック表-

フェラーリ・456イタリアの自動車メーカーであるフェラーリが1992年から2003年にかけて生産したFRV型12気筒エンジン搭載の2+2座席モデルのグランツーリスモである。名称は1気筒当たりの排気量が456ccであることに由来する。気筒毎の排気量を名称とするフェラーリ伝統の命名法を用いた最後のモデルとなった。

概要[編集]

新世代フェラーリの尖兵として、エンジンシャーシ、パワートレーンともに新規開発されており、後に登場した2座GTである550マラネロの設計の礎ともなった。グレードは当初は6速MT仕様のGTのみが設定されていたが、1996年に4速AT仕様のGTAが追加された。

1998年にはマイナーチェンジが行なわれ内外装が変更され、名称が456M[1]と改められた。456MでもGTとGTAの2仕様が継続された。

2003年までに左ハンドルと右ハンドル合わせて約3,289台が生産され、その内訳は456GT: 1548台、456GTA: 403台、456M GT: 688台、456M GTA: 650台である。

スタイリング[編集]

デザインを担当したのはピニンファリーナ。ディレクションはロレンツォ・ラマチョッティ。デザイナーはピエロ・カルマデッラ。プロトタイプでは先代の412の流れをくむ比較的角ばったデザインが予定されていたが、他社製クーペとの類似を指摘され[2]365GTB/4(通称デイトナ)を範とするデザインに変更された。

テスタロッサミトス等で試みられた二つの塊が入り組むデザインを採用し、車体後部アンダーフロアに速度感応式ウィングを装備している。

後期型の456Mのデザインは奥山清行が手がけている。前後のバンパー形状が変更されフォグランプが丸くなった他、ボンネットがカーボン製に変更されヘッドライト後部のエアダクトが廃されたこともあり、456よりも丸みを帯びた印象を与える。なお、生産中止時点ではリトラクタブル・ヘッドライトを採用する唯一のフェラーリだった。

インテリア[編集]

コノリー製のレザーをふんだんに使った内装はGTの名前にふさわしい豪華なものであり、殆ど1970年代初頭の設計そのままだった412よりも近代的で垢抜けた印象を受ける。ステアリングと助手席のダッシュボードにはそれぞれエアバッグも装備され、安全性も一層強化された。456では同時期の348やF355に通じる角張った印象を与える内装だったが、456Mでは空調の吹き出し口が丸いものに変更され、550マラネロや、その後の360モデナに共通した丸みを帯びた意匠に改められている。樹脂部品は塗装が経年で痛む例が多いが、これはフェラーリに限らず同時期の欧州車では多く見られた現象である。なお、2000年代初頭にコノリーが自動車用の皮革事業から撤退したために、456/456Mはコノリー製の内装を持つ最後の4座フェラーリとなった。

エンジン[編集]

完全に新規に開発されたF116型V型12気筒エンジンを搭載する。排気量は5,473ccで442仏馬力/6,200rpm、56kgm/4,500rpmと、先代の412のスペックを大きく上回るのはもちろん、登場時はミドシップの512TRをも凌ぐフェラーリ最高性能モデルとなった。このエンジンは後に550マラネロ575M、後継となる612に搭載されたF130型エンジンの設計の元になった。ただし旧世代のエンジンゆえにタイミング・チェーンを採用していた412に対して、このエンジンはタイミング・ベルトを採用しており、ベルトやテンショナーの定期的な交換が必要であるが、一部のフェラーリのような大掛かりなエンジンの積み下ろしなどは必要なく整備性には配慮されている。フェラーリが発表する最高速度は当時の他のフェラーリの車種と同じ302km/h(GTAでは298km/h)であった。

駆動系[編集]

登場当初は6速MTのみが設定された。オイルクーラーとLSD装備も装備されていた。456Mではトラクション・コントロール(ASR)も追加されている。またトランスミッションを車体後軸側に配置するトランスアクスル レイアウトを採用し、前後重量配分の最適化(51:49)が図られていた。1996年にはイギリスのリカルドとフェラーリの共同開発によるトルコン式4速ATを搭載した456GTAが登場する。先代の412で採用されていたGM製3速ATよりも1速増えて進化した変速機ではあったが、同時期よりフェラーリはF1システムの開発に傾倒していき、後継の612においてもそれが採用されたため、この新型変速機は実質456専用設計となり、412のGM製に対して汎用部品に乏しく、修理の際にメーカーからアッセンブル供給を受けた場合は費用が高額になりがちなことが欠点として指摘されることがある。

シャーシ[編集]

角断面鋼材によるパイプフレームである。同時期の348系シャーシが鋼板セミモノコックを採用したためモノコックと表記されている例があるが、これは誤りである。

ボディ[編集]

ボンネットはハニカムのコンポジットで、456Mではカーボン製に変更された。前後バンパーはハニカムFRP、ボディはアルミニウム製で、スチールパイプフレームと中間材フェランにより溶接されていた。ドアはスチールで、先代の412と異なりサッシュレスで流麗な印象を与えるが、窓が閉まりきらず、車体の間に隙間ができる不具合が指摘されることがある。

ブレーキ[編集]

独ATE製で4輪とも4ポッドのベンチレーテッドディスクタイプを採用し、412に引き続きABSも標準搭載された。倍力装置は電動油圧式である。

その他[編集]

456のボディ形状はクーペのみだったが、アフターマーケットでオープンボディやタルガトップに改造された例があるほか、特注でピニンファリーナが設計・製造したセダン、ステーションワゴンのベニス、そしてオープンボディのスパイダーも存在する。このような特別仕様が製造されたり改造されたりすることは高価格なGTカーではメーカーを問わず珍しいことではないが、456のピニンファリーナ製のものは最初から設計し直されているために極めてデザインの完成度が高く、特にスパイダーはテールランプとその周囲の車体形状が大きく変更されているために、クーペから改造されたオープンモデルとは一線を画す。

脚注[編集]

  1. ^ "M"はイタリア語で改良を意味するmodificato(英語ではmodification)を表す。
  2. ^ 4ドアコンセプトカー「フェラーリ・ピニン」を2ドア化した試作車はBMW製クーペにソックリだったという(カーグラフィック2012年10月号)。開発時期を考慮すると8シリーズが該当する。

外部リンク[編集]

フェラーリ ロードカータイムライン 1970年代-<- Previous  
タイプ 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3
FR V12 365GTB/4 550マラネロ 575Mマラネロ 599GTBフィオラノ F12ベルリネッタ
2+2 365GTC/4 365GT/4・2+2 400 400i 412 456 GT 456M GT 612スカリエッティ
V8 カリフォルニア
MR V6/V8 ディーノ246 308 308QV 328 348 348G 360モデナ F430 458イタリア
208 F355
2+2 ディーノGT4 モンディアル
V12 365GT4BB 512BB 512BBi テスタロッサ 512TR F512M
4WD/4シーター FF
スペシャル 288GTO F40 F50 エンツォフェラーリ ラ・フェラーリ
XXプログラム FXX 599XX