フェラーリ・エンツォフェラーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェラーリ・エンツォフェラーリ
フロント
England mai 2007 045.jpg
リア
Enzo rear.JPG
エンジン
Ferrari Enzo Engine.jpg
製造国 イタリアの旗 イタリア
販売期間 2002年 - 2004年
デザイン 奥山清行
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン F140B型 6.0L V12
最高出力 651bhp
660PS
最大トルク 67kgf·m
変速機 6速セミAT(F1マチック)
駆動方式 MR
サスペンション 前後ダブルウィッシュボーン
全長 4,702mm
全幅 2,035mm
全高 1,147mm
ホイールベース 2,650mm (104.3 in)
車両重量 1,255kg
ハンドル位置
タイヤサイズ 前・245/35 ZR 19
後・345/35 ZR 19
先代 フェラーリ・F50
後継 フェラーリ・ラ フェラーリ
-自動車のスペック表-

エンツォフェラーリEnzo Ferrari )はイタリアの自動車メーカーフェラーリが創業55周年を記念して製造、販売したスーパーカーである。

解説[編集]

フェラーリ創業から55年目となる2002年に、創始者エンツォ・フェラーリの名を冠して発表された。 フェラーリにとってはF40F50に続く21世紀最初の記念碑的な限定生産車種(スペチアーレ)であり、大出力のエンジンミッドシップマウントする伝統を受け継いでいる。

車名は「F60」と予想されたが、2002年4月27日にプロトタイプ「FX」の原寸大モックアップ東京都現代美術館で初披露され[1]、6月25日に「エンツォフェラーリ」という名を公表[2]。9月28日のパリモーターショーで正式公開された。

349台+追加生産50台の合計399台が生産され、そのうち日本国内正規輸入台数は33台である。今のところこれ以上の台数を生産する予定はなく、新車価格は邦貨換算7,850万円とも言われているが、そのプレミア性のために1億円以上の価格をつけることも珍しくない。

なお、2005年6月10日、マラネロにあるフェラーリ本社のロジスティックセンターで開催されたサザビーズのオークションに突如「400台目」のエンツォが出品された。これはチャリティー目的のために前ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世が注文した個体で、前側のトランクリッドパネルの裏にヨハネパウロ2世からのメッセージが書かれている。そして、落札金95万ユーロ(日本円で約1億5,000万円)は教皇ベネディクト16世に寄付された。使い道については2004年の「インド洋大津波」の義捐金に用いられるという説が有力である。

機構・スタイル[編集]

Ferrari Enzo Ferrari.JPG
Ferrari Enzo Concours.jpg
Ferrari Enzo Ferrari tail.jpg
Enzo Ferrari indicator.jpg
Brake and Gas pedals of Enzo Ferrari.jpg

デザインは当時ピニンファリーナに在籍していた日本人カーデザイナー奥山清行による。F50にはなかった快適性とそれ以上の動力性能を有し、これまでフェラーリが開発して来た限定生産車のいずれとも違う性格を持つものとなった。

奥山によるデザインは、明らかにF1マシンを意識したと解るフロントノーズ、フェラーリ伝統の丸形テールランプを削り出したかのように露出させたテールエンド、エアインテークを兼ねる大きく張り出した前後フェンダーなど大胆かつ明快なもので、見るからにスーパーカーレーシングカーを思わせる造形をしている。F50、F40にあったリアウィングを廃し、キャノピーを強調させたF50よりシャープにしてダイナミックなラインで描かれている。

奥山によれば、フェラーリに提出したデザインはこれよりも保守的なものだったが、フェラーリ会長ルカ・ディ・モンテゼモーロから「15分で書き直せ」とダメ出しされ、現在のデザインに変えたというという[3]。F1風のハイノーズは、スクーデリア・フェラーリが1999年にF1のコンストラクターズチャンピオンを獲得したことで採用に踏み切ったという[3]。開発中は、当時フェラーリのエースドライバーだったミハエル・シューマッハにも意見を聞いている[3]

通常の横開きのドアではなくトヨタ・セラのように開くバタフライドアを採用してシートへのアクセスを容易なものにしており、さらにエアコンが完備される[4]など、ドライバーの環境にかなりの配慮を見せているが、モーターにより可動する電動スポイラー、グラウンド・エフェクトを狙ったアンダーパネルのベンチュリ・トンネル、その効果を助長するリアエンドの大型ディフューザーなど、走行性能に関する部分はさらに煮詰められている。

ほぼ同時期に存在をアナウンスされたポルシェ・カレラGTメルセデス・ベンツ SLRマクラーレンと同じく、この時期のトレンドとなるカーボンファイバー素材を多用し、ボディパネルはもとよりフレームも大半がカーボンコンポジットによって形成されている。コクピットを強靭なバスタブモノコック形状とし、そこからサブフレームを伸ばしてエンジンをマウントする。F50との大きな違いは、F50が同じカーボン製フレームを用いつつもエンジンをフレームの一部とみなして走行中のストレスを負担させる構造を持つのに対し、エンツォフェラーリはサブフレームにブッシュを介してマウントする方式であり、純粋なレーシングカー的レイアウトを採るF50と比較し、ずっとロードカーらしい設計となった。エンジンとフレームが直接連結されるF50は騒音や振動対策の面で不利な要素を持っていたものの、エンツォはゴムブッシュという緩衝材をかませてあるので快適性の向上に寄与、エンジンは外部からの応力を受ける必要が無いため徹底軽量化が図られ単体重量は225kgである。

型式名F140Bのナンバーを持つエンジンはこの車のために開発されたものであり、排気量5,998cc、65°のバンク角を持つ水冷V型12気筒DOHCエンジンで、シリンダブロックはアルミニウム合金製。最高出力660PS、トルク67kgf·mと非常に強力なスペックを誇り、回転数は最高8,200回転まで許容するが、吸排気バルブの開閉タイミングを適切に調節する可変バルブタイミング機構のおかげで決して高回転だけのパワーバンドを持つエンジンではない。この心臓と軽い車体のおかげで、最高速は350km/hと公表されている。

トランスミッションは当初7速とささやかれたものの、結局は保守的な6速に落ち着いたが、セミオートマチックトランスミッションF1マチックを搭載し、クラッチペダルを廃したが、自動変速モードは搭載されておらず、パドルシフトによる手動変速操作が必要となる。

足回りはまさにレーシングカー直系の風格を感じさせ、四輪ダブルウィッシュボーンショックアブソーバー+コイルユニットをフレーム側に取り付け、プッシュロッドで押すインボード式が採用されている。ブレーキブレーキローターカーボンセラミック素材を使用したブレンボ製。装着されるタイヤは当時F1グランプリで密接な関係にあったブリヂストンの「ポテンザRE050スクーデリア」という専用品である。

非常に過激なスペックにもかかわらずASRと呼ばれるスタビリティコントロールを搭載し、これが機能する限り、一般道でドライバーがコントロール不能に陥る危険を低くしている。ASRは任意にカット・オフすることも可能。かつてのマクラーレン・F1の性能はロードカーとしてはすでに危険な領域に踏み込んでいたが、エンツォはこのASRの搭載により、マクラーレンに迫る性能を持ちながら、ロードカーとしての安全性を確保している。

エンジン、ミッション、サスペンション、ASRは統合制御され、ドライバーは「ノーマル」、「スポーツ」、「レース」の制御プログラムを選択できる。「レース」モードでASRオフを選択したときには、スタート時にローンチコントロールを使用したレーシングスタートが可能である。

FXX[編集]

フェラーリ・FXX

エンツォフェラーリをベースに開発されたサーキット専用車両として「FXX」が開発され、フェラーリでレースを行うオーナーのための部門である「コルセ・クリエンティ」により限られたオーナーに向けて販売された。

オーナーは「FXXプログラム」の開発ドライバーとしてサーキットでの走行時の走行データをフェラーリに提供し、そのデータはフェラーリの今後のレース専用車両の開発に役立てられることになる。なおこのマシンはレースに参加することはできず、マシンの管理はコルセ・クリエンティが行う。

P4/5ピニンファリーナ[編集]

フェラーリ・P3

P4/5ピニンファリーナはアメリカ人B級映画監督で自動車コレクタージェームス・グリッケンハウスピニンファリーナにオーダーしたワンオフカー。ジェイソン・カストリオタがデザインを担当し、エンツォフェラーリをベースに設計・デザインされている。グリッケンハウスが一度購入したエンツォフェラーリをトリノのピニンファリーナ本社へ送り、オーナーの要望に沿うように一からデザインしなおした。

スタイリングは全面的に変更され、1967年ル・マンカー、フェラーリ330P4をモチーフにしている。ボディはドライカーボン製で風洞実験、走行試験が成され、結果的にオリジナルのエンツォフェラーリより200kg軽量化されている。オプションには全世界仕様のGPSiPod nano対応オーディオほか、グリッケンハウスの要望で様々な機能が加えられている。

脚注[編集]

  1. ^ "公式デビューに6カ月も先駆け……フェラーリ『FX/F60』プロトタイプを世界初公開". レスポンス.(2002年4月24日)2013年4月17日閲覧。
  2. ^ "スーパーフェラーリの名称、ついに決定! その名もエンツォ・フェラーリ". All About.(2002年6月27日)2013年4月17日閲覧。
  3. ^ a b c 『F1速報PLUS vol.27 特集:F1デザイン』、イデア、2012年6月、21-22頁。
  4. ^ F50のエアコンは、フィルターの備わらない簡易的なもの。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フェラーリ ロードカータイムライン 1970年代-<- Previous  
タイプ 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3
FR V12 365GTB/4 550マラネロ 575Mマラネロ 599GTBフィオラノ F12ベルリネッタ
2+2 365GTC/4 365GT/4・2+2 400 400i 412 456 GT 456M GT 612スカリエッティ
V8 カリフォルニア
MR V6/V8 ディーノ246 308 308QV 328 348 348G 360モデナ F430 458イタリア
208 F355
2+2 ディーノGT4 モンディアル
V12 365GT4BB 512BB 512BBi テスタロッサ 512TR F512M
4WD/4シーター FF
スペシャル 288GTO F40 F50 エンツォフェラーリ ラ・フェラーリ
XXプログラム FXX 599XX