フェランドレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フェランドレン
α-フェランドレンの構造式 β-フェランドレンの構造式
左が α、右が β
IUPAC名 p-メンタ-1,5-ジエン(許容慣用名から誘導)
分子式 C10H16
分子量 136.23
CAS登録番号 (R)-α: [4221-98-1]
(S)-α: [2243-33-6]
(RS)-α: [99-83-2]
(R)-β: [6153-17-9]
(S)-β: [6153-16-8]
(RS)-β: [555-10-2]
形状 液体
密度 α: 0.846 g/cm3, 液体
β: 0.85 g/cm3, 液体
沸点 α: 171–172 °C
β: 171–172 °C
SMILES α: CC(C)C1CC=C(C)C=C1
β: CC(C)C1CCC(=C)C=C1

フェランドレン (phellandrene) は有機化合物の一種で、二重結合の位置が異なる性質のよく似た異性体、α-フェランドレンβ-フェランドレンがある。IUPAC名p-メンタ-1,5-ジエン p-mentha-1,5-diene。室温ではうすい黄色の液体で、環状モノテルペンに分類される。α-フェランドレンの二つの二重結合はともに環内にある (endocyclic) が、β-フェランドレンでは一つが環外にある (exocyclic)。フェランドレンは水に不溶だがエーテルなどの有機溶媒とは自由に混和する。

名称の由来はユーカリの一種ナローリーブドペパーミント (Eucalyptus radiata) の古い学名 Eucalyptus phellandra である[1]。α-フェランドレンはその植物のほか、ブロードリーブドペパーミント (Eucalyptus dives) の精油にも含まれる[2]。β-フェランドレンはフェンネルカナダバルサムから単離されている。

快い芳香を持つことから香料として使われる。β-フェランドレンのにおいはペパーミント様で、わずかに柑橘系の香りを帯びるとされる。

参考文献[編集]

  1. ^ Jacobs, S. W. L.; Pickard, J. (1981). Plants of New South Wales. National Herbarium of New South Wales, Royal Botanic Gardens. ISBN 0-7240-1978-2.
  2. ^ Boland, D. J.; Brophy, J. J.; House, A. P. N. (1991). Eucalyptus Leaf Oils. Inkata Press. ISBN 0-909605-69-6.

関連項目[編集]