フェノールスルホンフタレイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フェノールスルホンフタレイン
フェノールスルホンフタレインの構造式Phenol-red-zwitterionic-form-3D-balls.png
別名 フェノールレッド
分子式 C19H14O5S
分子量 354.38
CAS登録番号 [143-74-8]
形状 赤色結晶

フェノールスルホンフタレイン (phenolsulfonphthalein) とは色素の一種で、水溶液が中性では黄色、アルカリ性では赤色に変化することから、pH指示薬として用いられる化合物。別名としてフェノールレッド (phenol red) とも呼ばれる赤色の固体。 人体に於いて分解されず、そのほぼ全てが尿に混ざり排出されることから腎機能検査に用いられる。

フェノールレッド
pHによる色の変化
6.6以下 8.0以上

参考文献[編集]

  • Merck Index 14th ed., 7247.