フェノゼリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フェノゼリー[1]またはフィノーデリー[2]フェノデリー[3] (マン島語: fenodyree, phynodderee, phynnodderee, fynnoderee, fenoderee; 発音: fŭn-ṓ-đŭr-ĭ or fŭn-ṓđ-rĭ[4]; funótheree[5])は、マン島の神話・伝説・民間伝承に語られる、精霊や妖精(マン島語: ferrishyn)[6]の一種。 名前の意味については、 fynney 「毛」 + oashyree 「ストッキング」 の合成と言う説がある(Cregeen マン語辞典[7][8])。

島民の暮らしを手助けしてくれるありがたい妖精とみなされるが、神様ゆえに思いがけないかたちでつむじを曲げられることがある。この点でスコットランド伝承ブラウニーと共通している[6]。人助けの実例には、並みの人力ではとても運べない建材用の大きな白亜石を運んだり、草地をすさまじい速さで刈り取るなどがある。これゆえ「早業の草刈師」(yn foldyr gastey[9])の異名で、一篇の古謡(バラッド)に歌われている[10]

体は体毛で覆われ、特に下半身は毛むくじゃらであり、旧事典では「サテュロス」のことである、などと定義もされたが[7]、体躯は小さめなのが特徴である。覆われた毛が衣服がわりなので、いつも一糸まとわぬ姿で行動する[11]。むしろ、人間がお礼にと思って衣服を献上して「お供え」したとき、フェノゼリーは、帽子も上下の衣服もわずらわしいという意味の文句をマン語で言い、その地域にはもういられない、と言ってさっていてしまったという故事がある(以下#石運びを参照)。 また、プレゼントされたのがあまりにチンケな衣装だったので、立腹して去ったのだという解釈もされるらしい(?)[要出典]。また、別の例では、ブラウニー(ママ)は、衣服は病気の元で不衛生だとして、荒息たてて去って行ったという[要出典]

フェノゼリーは、じつは収穫の余りか食べ残しをお供えしておけば満足していたようだ。19世紀の書物が記録する古謡によれば、

His was the wizard hand that toil'd
  At midnight's witching hour
That gather'd the sheep from the coming storm
  Ere the shepherd saw it lour,
Yet ask'd no fee save a scatter'd sheaf
  From the peasant's garner'd board,
Or cream-bowl pressed by a virgin-lip
  To be left in the household board.
—Mrs. E. S. Craven Green より採集した暗唱[12]

労おこなうは魔術師の手、
真夜中の降魔の刻くれば。
迫る嵐あらば羊を(囲いに)取り込んでくれる、
嵐がたちこめるのを羊飼いが見る前に。
ねぎらいは、散らばった麦束があればいい、
農夫の収穫棚から(こぼれたやつが)、
それか乙女が唇おしつけたクリーム碗が、
家庭の食卓に置いてのこされればいい。
—英訳[13]

フェノゼリーはこのように牧羊の仕事もしたり、さらには麦粒のふるい分けや脱穀も手伝ってくれるという[14]

用例と民話例[編集]

フェノゼリーは、1819年マン語版聖書イザヤ書 34:14に登場する[7][15](日本語文語訳聖書では「牡山羊」を、口語訳では「鬼神」を当てている)。

堕天使的な妖精[編集]

ある物語によれば、フェノゼリーは、一人の妖精(単数形 マン島語: ferrish; 複数形 ferrishyn)であり、「妖精族の王宮の騎士(Knight of the Fairy Court)」であったが、人間の島娘と禁断の恋におちい、ルシェン英語版谷(Glen Rushen)で行われる「大収穫の月光」祭(Rehollys vooar yn ouyr)[16]から欠席して娘と密会したため、サテュロスのような醜い姿に変えられ、妖精界を追放されたという[17]

早業の草刈師[編集]

マローン(?)教区(Marown)にある、聖トリニアン教会の廃墟(この場所に出没するというバゲーンの民話も参照)のまわりの「円形の草地」(マン島語: yn cheance rhunt; "round meadow")は、かつてフェノゼリーが鎌で草を刈り集めてくれていたと伝わる。しかし、あるとき農夫が、もっと地面すれすれに刈らなければだめだと言ったのをさかいに、自分たちで草刈りをせねばならなくなったのだが、しようとすると、かの毛むくじゃらの精霊が現れて、「おそろしい速さで背後から根を短い緒に残して刈りそろえる(?)ので、怒った精霊によって足を切断されないように逃げるのが大変だった」[18]という。そのうち誰も草を刈れなくなったが、ある騎士が、中心から円を描いて、用心しながら刈れば大丈夫という、妙案を考え付いた[19]

石運び[編集]

また、別の話ではある紳士が、「スネーフェル英語版("Snafield mountain")の山麓より少し高い地点、「ウィルの農夫納屋〔バーンハウス〕」(Tholt-e-Will)[20]と呼ばれる場所に、豪壮な邸宅と事務所を建てようと思った。建材の石は、浜辺で切り出されたが、紳士がどうしても普請に使いたかった白い巨石は、とても並大抵では運ぶことができなかった。だが、その巨石や他の石材は、すべて一夜のうちにフェノゼリーが運搬を済ませてしまった。そこで紳士がお礼にと衣服一式を置いて置いたのだが、かの毛深い精霊は、「頭に帽子、ふびんな頭よ/背中にコート、ふびんな背中/尻にブリーチズ(猿股か半ズボン)、ふびんな尻/これが全部お前のものになったら、もうお前はルシェン英語版の谷では楽しくいられない("Bayrn da'n chone, dy doogh da'n choine.. [21])と嘆いた。衣服を贈物することは、はからずもこの妖精をこの界隈から祓い退散させる効き目があったようある[22])。毛深い精霊は、物悲しいめ泣声を発してその地を去り、山で風切り音が聞こえれば、それは妖精の棲家を追われたわしの嘆き声だ、と言い残した 。[23]

衣服祓い[編集]

スコットランドの民話収集家J.F.キャンベルは、同じ「衣服祓い」のモチーフ例としてスキップネス英語版城の毛長のグルアガッハ英語版が、コートとキャップをあげようとすると怖くて逃げだした例との類似を指摘する[24]
マン島民話でも、ソフィア・モリソン編「ゴードン農場のフィノーデリー」も、ゴードンのために麦を挽いたり、脱穀棒(フレイル)をふるったりしていたが、衣服をプレゼントされると、前述のマン島民話とよく似た詩句を吐いて別の農夫のところへ職場をかえてしまった
 さらに比較を挙げるなら、ジェイン・ワイルド英語版が収録したアイルランド民話でも、服をもらったプーカが、追われるようにしてではないがコミカルにいなくなってしまう。

大衆文化[編集]

参照[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 井村君江2008 索引公開ページより
  2. ^ ソフィア・モリソン 1994
  3. ^ アラン・ガーナー 1969
  4. ^ Rhys 1901, p.288.. "with the accent on the second syllable"
  5. ^ Max Keith Sutton (preview), Fo'c's'le yarnsan uncensored edition of four Manx narratives in verse, http://books.google.co.jp/books?id=u-Pd0X8JJOkC&pg=PA88&lpg=PA88 , p.88n}funótheree-o between the vowel in odd and add.
  6. ^ a b Mackillop 1998
  7. ^ a b c Cregeen 1835,p.130 Dict., "phynnod'deree, s.m. a satyr; Isa. xxxiv. 14.. "derived from Fynney (hair or fur) and Oashyr or Oashyree (of stockings or hose)
  8. ^ Rhys は、スウェーデン語: fjun 「羽毛」の同源語に通じると説くRhys 1901,p.288n
  9. ^ Mackillop 1998
  10. ^ Moore 1896, Manx Ballads & Mus., p.xxii, p.70, 古謡(ballad) "Yn Folder Gastey", 英訳. p. 71 "The Nimble Mower"を収録。 第一行英訳"The Fenoderee went to the meadow.." Mooore 本では、他の歌については写本ないし暗唱した人を特定するが、この歌については、他の複数の人の暗唱を合成したものとしか記されない。"Oral.. From Various (footnote: fragments ..from different people.. pieced together)" (p.xxx)
  11. ^ Mackillop 1998, "usually portrayed as naked but covered with body hair"
  12. ^ Train 1845, p.149-
  13. ^ kiyoweapが和訳(初版version);
  14. ^ Morrison 1911の例
  15. ^ Moore 1891, p.53
  16. ^ Train 1845, p.152 re-hollys vooar yn ouyr " great harvest moonlight,"
  17. ^ Moore 1891, p.53, printing a prose and verse tale attrib. to "Mrs. E.S. Craven Green"
  18. ^ Train 1845, p.149-. "went after him stubbing up the roots so fast that it was with difficulty the farmer escaped having his legs cut off by the angry sprite." 特定の話し手は明記されないが、聖トリニアン教会跡にのこるという草地にまつわる土地伝説らしい。
  19. ^ この話はMoore 1891, p.56 にも掲載、Keightley, The Fairy Mythology (1880), p.402 でも抜粋される
  20. ^ Train 1845, p.149-原文では"Sholt-e-will"だが、Moore 1891ではこの訂正があり、Moore, The surnames & place-names of the Isle of Man (1890)", 153, に次の項が見える:Soalt (F), 'a barn.' As in Tholt-e-Eill, 'Will's Barn.' Internet Archive
  21. ^ Train 1845, p.149- 英訳:"Cap for the head, alas, poor head/ Coat for the back, alas, poor back/ Breeches for the breech, alas, poor breech. / If these be all thine, thine cannot be the merry Glen of Rushen)
  22. ^ Cambpell 1860, p.lv, "he was frightened away by a gift of clothes."
  23. ^ Train 1845, p.150 (風の声についての一節は、前述 Mrs. (E. S.) Craven Green による)
  24. ^ Cambpell 1860, p.lv, "Skipness long-haired Gruagach frightened away by the offer of a coat and a cap"

参考文献[編集]

外部サイト[編集]