フェデリーコ2世・ゴンザーガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェデリーコ2世・ゴンザーガ、ティツィアーノ

フェデリーコ2世・ゴンザーガ(Federico II Gonzaga, 1500年5月17日 - 1540年8月28日)は、マントヴァ公(在位:1519年 - 1540年)、モンフェッラート侯(在位:1536年 - 1540年)。マントヴァ侯フランチェスコ2世・ゴンザーガと妃イザベラ・デステの嫡男として生まれた。

フランスローマ教皇の宮廷で教育を受け、1519年に母イザベラ、叔父シジズモンドとジョヴァンニが摂政をつとめる下でマントヴァ侯位を継承。軍事経験が浅いにもかかわらず、教皇レオ10世から教皇軍の最高司令官「ゴンファロニエーレ」(Gonfaloniere)に任命された。しかし、フェデリーコ2世は伝統的に同盟してきた神聖ローマ帝国と戦うことを避けるため、1527年にマントヴァ領を通過する帝国軍の邪魔をしなかった。この軍隊がすぐ後にローマ略奪を引き起こした。

フェデリーコ2世は、体調の優れないモンフェッラート侯ボニファチオ4世の跡目を狙い、彼の長女で後継者であるマリーア・パレオロギーナと結婚した。しかし、ボニファチオ4世の健康が回復したので、彼は愛妾イザベッラ・ボスチェッティをマリーアが毒殺しようとしたという嘘をつき、マリーアとの結婚を無効にした。フェデリーコ2世は神聖ローマ皇帝スペインカール5世の伯母ジューリア・ダラゴナと再婚した。1530年にはマントヴァ公位を授爵された。

同年、ボニファチオ4世が落馬事故で急死したため、フェデリーコ2世は5万ダカットをカール5世に支払ってジューリアと離婚し、教皇にマリーアと自分を結婚させるよう急かした。ところがマリーアは20歳の若さで急死したため、彼はマリーアの妹マルゲリータと1531年11月に結婚した。モンフェッラート侯位はボニファチオ4世の弟ジョヴァンニ・ジョルジョが継いだが、彼は嗣子のないまま1533年に亡くなった。パレオロギ家の直系が絶えたため、最も近親にあたるマルゲリータ・パレオロギーナを通じて夫であるフェデリーコ2世がモンフェッラート侯となり、18世紀までゴンザーガ家がモンフェッラート侯の称号を保持した。但し、モンフェッラートはスペインに支配されていたため、実際の継承は1536年になった。

フェデリーコ2世は父から遺伝したとみられる梅毒に長い間苦しみ、1540年にマルミローロにあるヴィラで死んだ。

子女[編集]

先代:
フランチェスコ2世・ゴンザーガ
マントヴァ侯
(1530年以後はマントヴァ公)
1519年 - 1540年
次代:
フランチェスコ3世・ゴンザーガ
先代:
ジョヴァンニ・ジョルジョ
モンフェッラート侯
1536年 - 1540年
次代:
フランチェスコ1世
執筆の途中です この「フェデリーコ2世・ゴンザーガ」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア