フェスタジュニーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポルトガルブラガのフェスタジュニーナでクヮドリーリャを踊る
ブラジルセルジッペ州のフェスタジュニーナでクヮドリーリャを踊る

フェスタ・ジュニーナポルトガル語: Festa Junina、「6月の祭り」)は、聖ジョアン・バチスタの日(6月24日)を中心に、聖アントニオの日(6月13日)と聖ペドロの日(6月29日)も併せて祝うブラジルである。

もともとポルトガルからもたらされた聖ジョアン・バチスタの祭りであったが、南半球の人々のこの時期の冬至祭と結びつき、ブラジル東北部で盛んで(特にカルアルカンピナグランデの2都市)、これら聖人結婚の聖人・の聖人に感謝し、破れた麦わら帽子に野良着を着て、独特の食物を食べ、クワドリーリャを踊り、夜は火を焚いて祝う習慣である [1] [2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ フェスタ・ジュニーナ
  2. ^ ブラジルのフェスタ・ジュニーナ