フェイルデンステークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェイルデンステークス
Feilden Stakes
競馬場 ニューマーケット競馬場
距離 芝1マイル1ハロン
(約1811メートル)
格付け LR
賞金 1着賞金 20982.7ポンド(2014年)
賞金総額 37,000ポンド(2014年)
出走条件 3歳馬
負担重量

9ストーン
(約57.15kg
※牝馬は5ポンド(約2.26Kg)減量
※G1・G2勝馬は8ポンド(約3.62Kg)加増
※G3勝馬は5ポンド(約2.26Kg)加増
※LR勝馬は3ポンド(約1.36Kg)加増

テンプレートを表示

フェイルデンステークスFeilden Stakes)はイギリスで行われる3歳の競走。

イギリスやヨーロッパのダービーを目指す馬がしばしば出走する。

概要[編集]

4月のニューマーケット競馬場のクレイヴン開催で行われている。

春の早い時期で、距離が1マイル1ハロン(約1811メートル)と、2000ギニーやその前哨戦よりも長い距離で行われることから、ダービーオークスを目指す馬が出走する競走の一つである[1]

この競走からは、ヨーロッパ各地のクラシック戦線の活躍馬が出ている。1994年の出走馬エルハーブはその年のイギリスダービーに勝ったし、2013年の本競走の優勝馬インテロ(Intello)はフランスのダービーを勝った。

歴史[編集]

この競走は1978年に始まった。当初はヒース・ステークス(Heath Stakes)の名称だった[2]

1982年に競走の名前はジェリー・フェイルデン記念ステークス[3]、1987年にフェイルデンステークスに改称した。

記録[編集]

最多勝騎手[編集]

2名が4勝で並んでいる。

最多勝調教師[編集]

歴代勝馬[編集]

  • *印は日本輸入馬。(国際競走出走のための一時的なものも含む)
  • 1978: Hawaiian Sound
  • 1979: Ela-Mana-Mou
  • 1980: Running Mill
  • 1981: Kalaglow
  • 1982: Ivano
  • 1983: Zoffany
  • 1984: Trojan Fen
  • 1985: Les Arcs
  • 1986: Flying Trio
  • 1987: Legal Bid
  • 1988: Kefaah
  • 1989: Greenwich Papillon
  • 1990: Lord of the Field
  • 1991: Half a Tick
  • 1992: Twist and Turn
  • 1993: Placerville
  • 1994: Cicerao
  • 1995: Munwar
  • 1996: Storm Trooper
  • 1997: Fahris
  • 1998: Border Arrow
  • 1999: Golden Snake
  • 2000: Pawn Broker
  • 2001: Olden Times
  • 2002: Playapart
  • 2003: Magistretti
  • 2004: Gold History
  • 2005: Rocamadour
  • 2006: Atlantic Waves
  • 2007: Petara Bay
  • 2008: Campanologist
  • 2009: Redwood
  • 2010: Rumoush
  • 2011: Dordogne
  • 2012: Stipulate
  • 2013: Intello
  • 2014: True Story

※1999年はニューマーケット・ジュライコースで施行。1マイル110ヤード(1709メートル)。

競走名の由来[編集]

『ヒースのジムクラック』(1765年)では、厩舎の背後にニューマーケットのヒースが広がっている。

ヒース[編集]

ヒース(Heath)とは、ニューマーケットの北西郊外の地域の地名である。

ヒースとはもともとはイングランド特有の荒野・原野を表す語で、ニューマーケットの町もこうしたヒース(原野)に囲まれていた。ニューマーケットは競馬の町として発展し、ヒースは競馬や調教、あるいは狩猟の舞台となった。そのうちに、ニューマーケットの郊外の西部地区は「ヒース地区(Heath)」と固有名詞で呼ばれるようになった。

現代のヒース地区の草原は長い年月をかけて人間の手で管理されており、原義の「ヒース」が指すような「原野・荒野」ではない。

ジェリー・フェイルデン[編集]

競走名のフェイルデンとは、元陸軍少将のランドル・フェイルデン卿(Sir Randle Guy Feilden、1904-1981[4])のことである。フェイルデン卿は、ジョーッキークラブの会長(senior steward、先任筆頭理事、すなわち会長にあたる[5][注 1])や、共同競馬委員会(Joint Racing Boad)の委員長を務め[6]、フェイルデン卿は20世紀のイギリス競馬の運営と近代化を行なった[6]

なかでも特筆すべき功績は、1970年に、スポーツ団体としては初めて、イギリスのジョッキークラブが法人格(Royal Charter,Royal Chaterを受けた組織の一覧も参照)を獲得したことである[5]。成立以来200年以上にわたって競馬に関する数々の紛争を調停し、問題に裁決を下してきたジョッキークラブだったが、それらの根拠は「先例」しかなく、何ら法的な根拠の無いものだった[5]。もしもジョッキークラブの決定に対して不服の者が裁判にうってでた場合には、ジョッキークラブの主張の拠り所がない。フェイルデン卿の尽力によって、ジョッキークラブはエリザベス女王の国王大権に基づく法人格と公認を受け、これ以来、ジョッキークラブの決定には法的根拠が与えられることになった[5]

フェイルデン卿は1981年10月に亡くなったため、1982年から競走名がジェリー・フェイルデン記念ステークス(Gerry Feilden Memorial Stakes)と改められた。

1987年から競走名が短縮され、フェイルデンステークスになった[7]

なお、ニューベリー競馬場では障害戦の「ジェリー・フェイルデン障害(Gerry Feilden Hurdle、またはGerry Feilden Handicap Hurdle)」が行われている[8]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • Beeting Directory Feilden Stakes Derby Trial
  • 『競馬 サラブレッドの生産および英国競馬小史』デニス・クレイグ著、マイルズ・ネーピア改訂、佐藤正人訳、中央競馬ピーアールセンター刊、1986

注釈[編集]

  1. ^ stewardは、日本語で言う「理事」と「裁決委員」の役割を持っている。「開催理事」などと訳す場合もある。(『競馬 サラブレッドの生産および英国競馬小史』p64)

各回結果[編集]

出典[編集]

  1. ^ Feilden Stakes Derby Trial2014nen 5月13日閲覧。
  2. ^ 1978年4月20日付 グラスゴー・ヘラルド紙2014年5月13日閲覧。
  3. ^ 1982年4月15日付 グラスゴー・ヘラルド紙2014年5月13日閲覧
  4. ^ The Peerage Maj.-Gen. Sir Randle Guy Feilden
  5. ^ a b c d 『競馬資料』1970年3月号,日本中央競馬会,p62-64
  6. ^ a b 『競馬 サラブレッドの生産および英国競馬小史』p230
  7. ^ グラスゴー・ヘラルド紙 1970年2月11日付2014年5月13日閲覧。
  8. ^ Race Of The Day – The Gerry Feilden Hurdle2014年5月13日閲覧。

関連項目[編集]