フウロソウ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フウロソウ科
AsamaFuuro 06f2560.jpg
アサマフウロの花
Geranium soboliferum
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: フウロソウ目 Geraniales
: フウロソウ科 Geraniaceae
学名
Geraniaceae
Juss. (1789)

本文参照

ニオイテンジクアオイ
Pelargonium graveolens
花式図

フウロソウ科(フウロソウか、Geraniaceae)は被子植物のひとつ。観賞用に栽培する、いわゆる「ゼラニウム(Geranium)」を含むが、これは現在フウロソウ属Geranium)とは別のテンジクアオイ属(ペラルゴニウム属 Pelargonium)に分類されている。

約800種を含み、クロンキスト体系の分類では11属ほどに分ける。草本または低木で、温帯亜熱帯を中心として、世界に広く分布する。

は切れ込みのある単葉または複葉で、托葉がある。は5数性、放射相称または左右相称の両性花で、虫媒花で目立つものが多い。がく(合生)と花弁(離生)は5枚、雄蕊は多くの種で10本。雌蕊は5個(一部の種では3個)の心皮からなり、子房上位。花柱は果実にくちばし状に宿存する。果実は分果で、5(または3)裂する。

フウロソウ属が特に多く(約430種)、日本にはフウロソウ属のみ10数種が自生する。テンジクアオイ属はケープ植物区(南アフリカ)に集中して多様化している。Sarcocaulon属は多肉化している。

分類[編集]

APG植物分類体系では、一部の属をLedocarpaceae、Vivianiaceae、Dirachmaceae、Biebersteiniaceaeの各科として分けている。アンデス山脈付近に分布するHypseocharis属も、かつてはカタバミ科に分類されていたが、現在はフウロソウ科に近縁とされ、APG分類体系ではフウロソウ科または独立のHypseocharitaceae科とする。

従来(クロンキスト体系)のフウロソウ科の属を以下に示す。APG分類体系では一部の属を別の科としている。

  • Geraniaceae(APG分類体系):
  • Ledocarpaceae:
    • Balbisia
    • Wendtia
  • Vivianiaceae:
    • Viviania
  • Dirachmaceae:
    • Dirachma
  • Biebersteiniaceae:
    • Biebersteinia