フウロソウ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フウロソウ属
AsamaFuuro 06f2560.jpg
アサマフウロの花
Geranium soboliferum
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: フウロソウ目 Geraniales
: フウロソウ科 Geraniaceae
: フウロソウ属 Geranium
学名
Geranium (L., 1753)[1]
和名
フウロソウ属
英名
Cranesbill

フウロソウ属(フウロソウぞく(風露草属)、学名 Geranium)は、フウロソウ科に分類される多年生草本植物の属の名称で、後述する種をはじめ 420以上が確認されている。

フウロソウ属の学名は Geranium だが、日本で園芸用に栽培される品種などで「ゼラニウム」と呼ばれる品種はテンジクアオイ属であることが多く、本属の種は多くが○○風露(フウロ)と呼ばれている。英名では本属とテンジクアオイ属をあわせて "Geranium" と呼ぶ場合が多い。

分布[編集]

一般に、野生種はユーラシア北米各地の熱帯から山地にまで分布する。

日本では後述の種が全国の低地から高山帯にかけて分布する。

特徴[編集]

一般に、適度に水分のある水はけの良い土地であれば育つ。

は深く基部付近まで5裂し、5枚の葉が根元でくっついているように見える。その裂片は各々披針形で、さらに切れ込みが入る。

は主に夏季から初秋にかけて咲かせる。花弁は5枚で、形は左右対称、中央に花柱が、その周囲を取り巻くようにおしべがあり、雌雄同花である。花びらや基部に毛を密生させるものがある。花はテンジクアオイ属と似るが、本属の花は相対称であるのに対し、テンジクアオイ属の花は非対称な形をするものが多い傾向がある。

花が散った跡には花柱が残り、種子が熟し飛ばすときになると裂ける。

主な種[編集]

日本の種[編集]

  • イチゲフウロ Geranium sibiricum L. var. glabrius (Hara) Ohwi
  • ゲンノショウコ Geranium thunbergii Sieb. & Zucc. ex Lindl. & Paxton - "en:Thunberg's geranium"
  • コフウロ Geranium tripartitum R. Knuth
    • ケナシコフウロ Geranium tripartitum R. Knuth f. polosellum Hara
  • ミツバフウロ Geranium wilfordii Maxim.
    • ブコウミツバフウロ Geranium wilfordii Maxim. f. bukoense Hiyama
    • タカオフウロ Geranium wilfordii Maxim. var. chinense (Migo) Hara
    • ホコガタフウロ Geranium wilfordii Maxim. var. hastatum (Nakai) Hara
    • エゾノミツバフウロ Geranium wilfordii Maxim. var. yezoensis Hiyama
  • ハクサンフウロ Geranium yesoense Franch. et Savat. var. nipponicum Nakai
    • シロバナハクサンフウロ Geranium yesoense Franch. et Savat. var. nipponicum Nakai f. ochroleucum Okuyama
    • ハマフウロ Geranium yesoense Franch. et Savat. var. pseudo-palustre Nakai
    • オガフウロ] Geranium yesoense Franch. et Savat. var. pseudo-palustre Nakai f. intermedium Hara
    • エゾフウロ Geranium yezoense Franch. et Savat. var. yezoense
    • イブキフウロ Geranium yesoense Franch. et Savat. var. lobato-dentatum Takeda
  • シコクフウロ(イヨフウロ) Geranium shikokianum Matsum.
    • カイフウロ Geranium shikokianum Matsum. var. kai-montanum (Honda) Honda et Hara - シコクフウロの変種で、関東地方甲信地方に分布する。自生地がゴルフ場などの開発に晒され、また植生の変化も相まって分布を狭めており絶滅危惧II類(VU)に指定されている。
    • ヤマトフウロ Geranium shikokianum Matsum. var. yamatense Hara
    • ヤクシマフウロ Geranium shikokianum Matsum. var. yoshiianum (Koidz.) Hara
  • アサマフウロ Geranium soboliferum Komar. - 中部・関東・東北南部の高原に分布する。主に人為的開発により自生地が失われ、絶滅危惧IB類(EN)に指定されている。
    • ツクシフウロ Geranium soboliferum Komar. var. kiusianum (Koidz.) Hara - 人為的開発および園芸用盗掘により限られた自生地が被害を受けており、絶滅危惧IB類(EN)に指定されている。
  • タチフウロ Geranium krameri Franch. et Savat.
    • フシゲタチフウロ Geranium krameri Franch. et Savat. f. adpressipilosum (Hara) Hara
  • ビッチュウフウロ Geranium yoshinoi Makino
  • グンナイフウロ Geranium eriostemon Fisch. var. reinii (Franch. et Savat.) Maxim.
    • エゾグンナイフウロ Geranium eriostemon Fisch. var. reinii (Franch. et Savat.) Maxim. f. yezoensis Hara
    • タカネグンナイフウロ Geranium eriostemon Fisch. var. reinii (Franch. et Savat.) Maxim. f. onoei (Franch. et Savat.) Hara
    • シロバナグンナイフウロ Geranium eriostemon Fisch. var. reinii (Franch. et Savat.) Maxim. f. albiflorum N.Yonez.
  • チシマフウロ Geranium erianthum DC. - "en:woolly geranium"
    • トカチフウロ Geranium erianthum DC. f. pallescens Nakai
    • シロバナノチシマフウロ Geranium erianthum DC. f. leucanthum Takeda
  • アメリカフウロ(帰化) Geranium carolinianum L. - "en:Carolina crane's-bill", "en:Carolina geranium"
  • ヒメフウロ Geranium robertianum L. - "en:Robert geranium"
  • ヤワゲフウロ(帰化) Geranium molle L - "en:awnless geranium", "en:dovefoot geranium"

他の地域の種[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Geranium L.” (英語). ITIS. 2012年1月6日閲覧。

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他編『日本の野生植物 草本Ⅱ離弁花類』(1982年)平凡社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]