フウセントウワタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フウセントウワタ
Asclepias physocarpa2.jpg
フウセントウワタ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: リンドウ目 Gentianales
: ガガイモ科 Asclepiadaceae
: フウセントウワタ属 Gomphocarpus
: フウセントウワタ G. physocarpus

フウセントウワタとはガガイモ科の植物の1種。学名はGomphocarpus physocarpus(シノニムはG. fruticosus)。別名はフウセンダマノキAPG IIIではキョウチクトウ科に属する。

南アフリカ原産の多年草であるが、日本では春まき一年草として扱う。花期は6〜7月頃であるが、花より風船状の果実の方が鑑賞の対象とされる。