フィーバークィーンII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フィーバークィーンIIは、1993年6月にSANKYOが開発、発売したトランプをモチーフとしたドラム型デジパチ。保留玉連荘機。『フィーバーキングII』の後継機。

特徴[編集]

  • 『フィーバーキングII』で採用された「デカドラム」を採用。
  • 『フィーバーキングII』同様、リーチがいったん外れて再始動する演出がある。特に、一度大当たりを通り過ぎて戻るという演出が追加された。
  • 5ラインが有効。シングルリーチ時とダブルリーチ時のリーチ中のBGMが異なる。
  • 大当たり時の効果音は前作の『キング』が「キーン!(キング)」であることに対し、『クィーン』では「ギュィーン!(クィーン)」である。
  • 同社初の「ワープルート」を搭載。
  • 電源投入時はセンターに赤7が揃う。また出球調整用のため、スタートチャッカーにゲージ棒を挿して電源投入すると大当たりする。
  • 連続V入賞規制で大当たりチャッカーのVが貯蓄形式となっており、この仕様はわずかながらパンクの要因ともなった。
  • 連続回転中は出目に若干の法則性があった。また、ある程度回転中にリーチを予測することが出来た。リーチ時は中ドラムは前回の停止目で止まることが多く、停止直前まで回転速度が変わらない。また、右リールは左リール停止後必ず5コマ先で停止するため、回転中に左と右の速度が減速後に一致し、右の絵柄が左の絵柄の5コマずれでリーチの組み合わせがある場合かつ中リールの回転速度が変わらない場合、リーチがかかる可能性が高い。
  • ダブルリーチは7図柄を基準に動作する。したがって、赤7とJOKERのダブルリーチでは、JOKER図柄で当たる場合には最短で停止したり、最長(7図柄が行き過ぎた形)からの1コマすべりなどのイレギュラーな当たり方をする。

保留玉連荘[編集]

  • 中リールに0~22のカウンタ値を持ち、左右絵柄でリーチがかかった場合に大当たりを判定するという2段階抽選となっている。大当たり直後は中リールカウンタを大当たり判定値の0に書き換わることがあるため、そのため大当たり直後は自力でリーチがかかると連荘しやすい。このためリーチの有無は「惜しい」といえる。ただし、例外として各ダブルリーチの片側、上段の「A」、下段の「FEVER」、右上がりの「JOKER」、右下がりの「JACK」は中リールカウンタ値が2の場合に大当たりと判定するため、逆に保留玉連荘しにくい。

スペック[編集]

  • 『フィーバークィーンII』(1993年6月)
    • 大当たり確率 約1/254(正確には、1/253.535)
    • 賞球数 7&15 大当たり16R10C

※大当たり確率の値はメーカー発表

シリーズ機[編集]

  • 『フィーバーキングII』発売(本機種の前身機)(1992年10月)
  • 『フィーバークイーンDI』(発売はダイドー(現ビスティ)、メーカー発表確率は微妙に異なるものの(この当時はメーカー発表の確率は曖昧であった。)解析上、内部抽選プログラムは同じ。音声ROMが異なる以外は中身はクィーンIIとまったく同じ。本機種と同時発売)
  • 『CRフィーバークィーンJX』、『フィーバークィーンJX』(1997年4月)
  • 『フィーバーメガクィーンEX』、『CRフィーバーメガクィーンGP』(1997年11月)
  • 『フィーバーネオクィーンDX』、『CRフィーバーネオクィーンJX』、『CRフィーバーネオクィーンMX』、『CRフィーバークィーンII』(2004年4月)
  • 『CRフィーバークィーンZERO ST4』、『CRフィーバークィーンZERO ST7』(2006年10月)
  • 『CRフィーバークィーン』(2014年11月)
  • フィーバークィーンI』(2001年パチスロ機、ビスティ

関連商品[編集]