フィート重量ポンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
物理学
ウィキポータル 物理学
執筆依頼加筆依頼
物理学
カテゴリ
物理学 - (画像
ウィキプロジェクト 物理学

フィート重量ポンド(フィートじゅうりょうポンド、Foot pound-force)はヤード・ポンド法における仕事エネルギー)の単位、またはトルクモーメント)の単位である。記号はft·lbf。

ヤード・ポンド法を採用していない国ではあまり使用されない(殊に、学際的な分野においては全く使われない)。日本では銃弾の運動エネルギーを表す時、エンジンの性能を示す時などに、ごく稀だが使われることがある。

別名(略称)[編集]

フートポンド、フットポンド(Foot-pounds)などとも言うが、俗にはフィートポンド(和製英語?)と言うことが最も多い。転置して重量ポンドフィート(Pound-force-foot)、それを略してポンドフィート(Pound-foot)などとも言う。

定義[編集]

仕事としてのフィート重量ポンド
1ft·lbfは、質量1ポンドの物体が1g下で受ける(つまり1重量ポンド)と、距離1フィートの積で定義される。より厳密に言えば、1重量ポンドの力と、それと同じ方向である距離1フィートの内積である。「1重量ポンドの力が力の方向に物体を1フィート動かすときの仕事」とも言い換えられる。SI単位に換算すると、0.3048 m/ft * 0.453 592 37 kg/lb * 9.80665 m/s/s = 1.355 817 948 331 4004 ジュールである。英国ではこの17桁の数値が公式の換算値である[1]
トルクとしてのフィート重量ポンド
1ft·lbfは、1重量ポンドの力と、それに垂直な距離1フィートの外積で定義される。「ある定点から1フィート隔たった点に、その定点に向かって直角方向に1重量ポンドの力を加えたときのその定点のまわりの力のモーメント」とも言い換えられる。SI単位に換算すると約1.356ニュートンメートルである。

引用[編集]

  1. ^ RELEVANT IMPERIAL UNITS, CORRESPONDING METRIC UNITS AND METRIC EQUIVALENTS The Units of Measurement Regulations 1995, foot pound-forceの欄