フィン・マルムグレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィン・マルムグレン
人物情報
生誕 1895年
スウェーデンの旗 スウェーデン
死没 1928年6月
北極
出身校 ウプサラ大学
学問
研究分野 気象学
テンプレートを表示

フィン・アドルフ・エリク・ヨハン・マルムグレン (Finn Adolf Erik Johan Malmgren、1895年 - 1928年6月)はスウェーデン気象学者・北極探検家イェーテボリ生まれ。

経歴[編集]

マルムグレンはイェーテボリ、スンツヴァルおよびストックホルムで学問を修めた。1912年にウプサラ大学に入学し、1916年に学士号を受けた。1917年、アクセル・ハンベルク教授の助手となりPårtetjåkkoの観測所で勤務した。1920年にウプサラの気象学会に戻ると、翌年にはオットー・ペテルソン教授の水路研究所の准教授となり、グルマルスフィヨルド(Gullmarsfjord)にある島で海洋研究に従事した。

1922年から1925年にかけて、マルムグレンは北極でモード号に乗ってロアール・アムンセンハラルド・スヴェルドラップの探検に参加した。1926年には、北極の上空を飛んだイタリアの飛行船ノルゲ号に乗り、そこでフランティシェク・ベゴウネクの科学的手法を学んだ。

1928年に、マルムグレンはウンベルト・ノビレの飛行船イタリア号による北極探検に参加した。5月25日、3回目の飛行で飛行船は墜落し、数人の探検隊メンバーが浮氷に取り残された。肩に負傷したマルムグレンもそこにいた。5月30日、マルムグレンはイタリアの士官フィリッポ・ザッピ、アダルベルト・マリアーノと共に、助けを求めるためにキングズベイ(ニーオーレスン)に歩いて戻ることを決めた。6月15日ないし16日、マルムグレンは倒れ、そこに取り残していくよう二人に頼んだ。7月11日、ソビエト砕氷船クラーシン搭載の飛行機のパイロット・チュクノフスキーは、マリアーノとザッピ、更にマルムグレンの遺体を発見した。マリアーノとザッピはその翌日救助されたが、フィン・マルムグレンの遺体は見つからなかった[1]

マルムグレンの死の状況はいまだに明らかになっていない。報道では、ザッピとマリアーノに対し、マルムグレンの放置、さらには人肉食の疑いさえかけられた[2]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,786904,00.html
  2. ^ 一例を挙げれば1928年8月のタイム誌がザッピに関する疑惑(マリアーノは救出から数ヵ月後に死亡した。)を報じている。 http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,787439-1,00.html

外部リンク[編集]