フィレンツェ五月音楽祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コムナーレ劇場
ペルゴーラ劇場

フィレンツェ五月音楽祭(ふぃれんつぇごがつおんがくさい、イタリア語: Maggio Musicale Fiorentino)はイタリアフィレンツェで開かれるオペラ音楽祭

1933年4月、指揮者ヴィットリオ・グイによって創設された。当初の目的は現代オペラや忘れられたオペラの上演にあり、第1回で上演されたオペラはジュゼッペ・ヴェルディの初期の作品『ナブッコ』だった。当時はヴェルディの初期作品が上演されるのは稀だったのである。第1回の成功後は隔年で開かれていたが、第二次世界大戦中を除いて、グイの後任のマリオ・ロッシが常任指揮者となった1937年以後は毎年開かれるようになった。現在では音楽祭は4月末から6月にかけて開催され、通常4つのオペラが上演される。上演はコムナーレ劇場(市立劇場)と小規模オペラ向けのコムナーレ小劇場、さらに伝統的なペルゴーラ劇場で行われる。

これまで取り上げられた代表的な作曲家としてピエトロ・マスカーニリヒャルト・シュトラウスパウル・ヒンデミットバルトーク・ベーライーゴリ・ストラヴィンスキーらがいる。またブルーノ・ワルターヴィルヘルム・フルトヴェングラーヘルベルト・フォン・カラヤンらが指揮したことがある。

過去にはリッカルド・ムーティルチアーノ・ベリオなどが芸術監督を務めた。現在の芸術監督はパオロ・アルカ、首席指揮者は1985年からズービン・メータ2006年には名誉指揮者の称号が贈られた。

2009年、政府からの補助金のカットにより4つのオペラのうち2つ(ベンジャミン・ブリテン『ビリー・バッド』、ヴェルディ『マクベス』)が中止になった[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Seattle Times 2 March 2009

文献[編集]

  • Lynn, Karyl Charna, Italian Opera Houses and Festivals, Lanham, Maryland: The Scarecrow Press, Inc., 2005. ISBN 0-8108-5359-0

外部リンク[編集]