フィル・コリンズIII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィル・コリンズIII
フィル・コリンズスタジオ・アルバム
リリース 1985年1月25日
録音 1984年
ジャンル ロック
時間 50:27
レーベル イギリスの旗Virgin
アメリカ合衆国の旗Atlantic
(上記以外)WEA International
プロデュース フィル・コリンズ & ヒュー・パジャム
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
フィル・コリンズ 年表
フィル・コリンズ 2:心の扉
(1982年)
フィル・コリンズIII
(1985年)
12インチャーズ
(1988年)
テンプレートを表示

フィル・コリンズIII(No Jacket Required)は、1985年にリリースされたフィル・コリンズアルバム

概要[編集]

『フィル・コリンズIII』が発売当時の日本でのタイトルであるが、現在は『ノー・ジャケット・リクワイアド』と表す場合もある。

フィル・コリンズにとって3枚目のソロ・アルバムであり、フィル・コリンズがリリースしたスタジオアルバムでは一番の売り上げを記録した。アメリカで1,200万枚、イギリスで200万枚、全世界では2,000万枚を売上を記録した。

このアルバムがリリースされた当時はライヴ・エイドへの出演やジェネシスとしての活動などで多忙な生活を送っており、音楽業界などでも「世界一忙しい男」と呼ばれていたフィルの全盛期だった。

曲目[編集]

  1. ススーディオ - Sussudio (Collins) - 4:23
  2. ユー・ノウ&アイ・ノウ - Only You Know and I Know (Collins,Stuermer) - 4:20
  3. ロング・ロング・ウェイ - Long Long Way to Go (Collins) - 4:20
    スティングとのデュエット)
  4. 知りたくないの - I Don't Wanna Know (Collins,Stuermer) - 4:12
  5. ワン・モア・ナイト - One More Night (Collins) - 4:47
  6. ドント・ルーズ・マイ・ナンバー - Don't Lose My Number (Collins) - 4:46
  7. フー・セッド・アイ・ウッド - Who Said I Would (Collins) - 4:01
  8. 静寂の扉 - Doesn't Anybody Stay Together Anymore (Collins,Stuermer) - 4:18
  9. インサイド・アウト - Inside Out (Collins) - 5:14
  10. テイク・ミー・ホーム - Take Me Home (Collins) - 5:51
  11. ウィ・セッド・ハロー・グッドバイ - We Said Hello, Goodbye (Don't Look Back) (Collins) - 4:15

オリジナル版とCD版の違い[編集]

オリジナルのLP版とCD版とでは、以下の違いがある。

  • オリジナル版には11曲目の「ウィ・セッド・ハロー・グッドバイ」が収録されていない。

この曲が収録されたのはCD版からである。

アルバム名の由来[編集]

フィルがシカゴの高級レストランで食事をしようとした際に、そのレストランが「スーツ・ネクタイ着用必須」(Jacket Required)のレストランだったため、その時ラフな服装だったフィルは店のオーナーから入店を断られた。 その事に腹を立てたフィルは製作途中のアルバムのタイトルを「スーツ着用不要」(No Jacket Required)に決めた。
(のちにそのレストランのオーナーはフィルに謝罪の手紙を送っている)[要出典]

受賞[編集]