フィルムバッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フィルムバッジ英語:film badge ; film badge dosimeter)は、個人の外部被曝線量を測定するために用いられる線量計の一種で、放射線検出用写真フィルムの小片を適当なフィルターを装備したケースに収めたものである[1]

最も古くから用いられている線量計で、写真乳剤が塗布されたフィルムが放射線(X線γ線)をあびると黒化する性質を利用している。放射線業務従事者が放射線を取り扱う際に一定時間衣服などにつけた後、フィルムを取り出して現像し、その黒化の度合から線量を測定する[2][3]。丈夫で安価であり、現像したフィルムは長期間にわたって保存できるという特長がある[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 原子力百科事典ATOMICA 個人線量計 (09-04-03-03)なお、個人線量計には、他に蛍光ガラス線量計(ガラスバッジはこれの一種)、熱ルミネッセンス線量計、光刺激ルミネセンス線量計、電離箱式線量計、電子式線量計等の種類がある。
  2. ^ フィルムバッジ【film badge】 世界大百科事典第2版の解説
  3. ^ 原子力安全・保安院 フィルムバッジ 0832