フィリピンペリカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリピンペリカン
フィリピンペリカン
フィリピンペリカン Pelecanus philippensis
保全状況評価[a 1]
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ペリカン目 Pelecaniformes
: ペリカン科 Pelecanidae
: ペリカン属 Pelecanus
: フィリピンペリカン
P. philippensis
学名
Pelecanus philippensis Gmelin, 1786
和名
フィリピンペリカン
英名
Spot-billed pelican

フィリピンペリカンPelecanus philippensis)は、動物界脊索動物門ペリカン目ペリカン科ペリカン属に分類される鳥類。

分布[編集]

インドカンボジアスリランカ[1]

非繁殖期にはタイベトナムなどへ移動することもある[1]。日本では2006年奄美大島喜界島に飛来した例がある[2]

絶滅した分布域[編集]

中華人民共和国南西部[1]

形態[編集]

全長150センチメートル[1]。翼長57センチメートル[1]。全身の羽衣は白い[1]。体側面や腰、尾羽下面の基部を被う羽毛はピンク色を帯びる[1]。初列風切や次列風切の羽毛の外縁(羽縁)は黒い[1]

虹彩は白や灰黄色[1]。嘴峰長57センチメートル[1]。嘴はピンク色で、黒い斑紋が入る[1]。後肢は灰褐色[1]

生態[編集]

湖沼などに生息する[1]。群れを形成し生活する[1]。大規模な渡りは行わないが、非繁殖期になると分散し長距離の移動を行うこともある[1]

食性は動物食で、魚類などを食べる[1]

繁殖形態は卵生。集団繁殖地(コロニー)を形成する[1]。水辺にある大木の樹上に巣を作る[1]

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊、漁師によるコロニーの破壊、狩猟などにより生息数は減少している[1]1994年における成鳥の生息数は約11,500羽と推定されている[1]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ4 インド、インドシナ』、講談社2000年、76、166頁。
  2. ^ 鳥飼久裕、高美喜男、貞光隆志 「鹿児島県奄美大島におけるフィリピンペリカンPelecanus philippensisの日本初記録」『日本鳥学会誌』Vol.59 No.1、日本鳥学会2010年、65-68頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • BirdLife International 2008. Pelecanus philippensis. In: IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.1.
執筆の途中です この項目「フィリピンペリカン」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類