フィリッポ1世 (パルマ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パルマ公フィリッポ
パルマ公フィリッポ

フィリッポ・ディ・ボルボーネ(Filippo di Borbone, 1720年3月15日 マドリード - 1765年7月18日 アレクサンドリア)はパルマ公(在位:1748年 - 1765年)。ブルボン=パルマ家の祖。スペインフェリペ5世と2番目の王妃エリザベッタ・ファルネーゼの三男(第4子)。カルロス3世の同母弟。スペイン名はフェリペ(Felipe de Borbón)

パルマ公にはかつてフィリッポの兄カルロスが1731年から1735年まで就いていた[1]が、オーストリア継承戦争の結果、1748年アーヘンの和約スペイン・ブルボン家パルマ公国を再び獲得し、フィリッポがパルマ公となった。

家族[編集]

従兄であるフランスルイ15世マリー・レクザンスカの長女ルイーズ・エリザベート(ルイーザ・エリザベッタ)と1739年に結婚し、1男2女をもうけた。[2]

脚注[編集]

  1. ^ カルロスはその後シチリアナポリの王位に就き、1759年にはスペイン王位を継承する。
  2. ^ 1745年にはフィリッポの妹マリア・テレサがルイーズ・エリザベートの兄ルイ・フェルディナン王太子に嫁ぎ、フランス王家との二重結婚だった。また長女マリア・イザベラ、長男フェルディナンドもハプスブルク=ロートリンゲン家との二重結婚になっている。
  3. ^ 兄フェルディナンドが1751年1月生まれであるのに対し、マリア・ルイーザは同年12月生まれである。
先代:
マリア・テレーザ
パルマ公
1748年 - 1765年
次代:
フェルディナンド