フィリップ・ラーヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フィリップ・ラーヴPhilip Rahv, 1908年3月10日 - 1973年12月22日)は、ウクライナクピンKupin)出身のアメリカ文芸批評家、エッセイスト雑誌編集者。歴史思想に立脚すべきであるというマルクス主義の立場を取る。 本名はイヴァン・グリンベルク、後にアイヴァン・グリーンバーグ Ivan Greenbergパレスチナを経て、後にアメリカに移住。ヘブライ語教師であり、晩年はブランダイス大学において教鞭をとった。

1932年アメリカ共産党に加盟し、1933年から1969年までウィリアム・フィリップス (William Phillips) と共に Partisan Review (en) を創刊し、編集。モダニズムを促進する。 また、ソール・ベローロバート・ローウェルカール・シャピロなどを育てる。

作品[編集]

  • Image and Idea (1949) - エッセー
  • The Myth and the Powerhouse (1965) - エッセー
  • Literature and the Sixth Sense (1969) - エッセー
  • Essays on Literature and Politics: 1932-1972 (1978)

外部リンク[編集]