オール・ザット・リメインズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オール・ザット・リメインズ
All That Remains
All That Remains live in East Troy at Ozzfest 2006.jpg
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
マサチューセッツ州
スプリングフィールド
ジャンル メタルコア
メロディック・デスメタル
活動期間 1998年 -
レーベル Prosthetic Records
Razor & Tie
公式サイト www.allthatremainsonline.com
メンバー
フィリップ・ラボンテ
ジーニー・セーガン
オリー・ハーバート
マイク・マーティン
ジェイソン・コスタ

{{{Influences}}}

オール・ザット・リメインズ (: All That Remains) は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州スプリングフィールドにて結成された5人組のメタルコアバンド

略歴[編集]

ボーカルのフィリップ・ラボンテを中心に1998年に結成された。

2002年3月デビュー・アルバム『Behind Silence And Solitude』を発表。

2003年にはプロデューサーにキルスウィッチ・エンゲージのアダムを迎え2ndアルバム『This Darkened Heart』をリリース。

2006年末には元ダイキャスト(バンド)のジェイソン・コスタがドラマーとして新たに加入した。同年、3作目のアルバム『Fall Of Ideals』を発表。収録曲「This Calling」はホラー映画「SAW3」のエンディングにも使用され、大きな反響を与えた。2007年1月に初のUSヘッドライナーを無事終了。ヨーロッパ/イギリスへと名を広めていく。10月、「LOUD PARK 07」に出演し初来日を果たす。

2008年4枚目となるアルバム『Over Come』が発売され、アメリカのビルボード総合チャートの16位を獲得する。

2009年3月には、イギリスのへヴィメタルバンド、ドラゴンフォースとのカップリング・ツアーの来日公演を全国7箇所で行う。

2010年10月通算5枚目となるアルバム『For We Are Many』をリリースした。

2011年3月11日渋谷での来日ライブが東北地方太平洋沖地震と重なってしまったが公演を果たす。

メンバー[編集]

  • フィリップ・ラボンテ (Philip Labonte) - ボーカル
  • ジーニー・セーガン (Jeanne Sagan) - ベース/ボーカル
  • オリー・ハーバート (Oli Herbert) - ギター
  • マイク・マーティン (Mike Martin) - ギター
  • ジェイソン・コスタ (Jason Costa) - ドラムス

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • Behind Silence And Solitude (2002年3月26日)
  • This Darkened Heart (2004年3月23日)
  • Fall Of Ideals (2006年7月17日)
  • Over Come (2008年9月22日)
  • For We Are Many (2010年10月12日)
  • A War You Cannot Win (2012年11月6日)

DVD[編集]

  • Live (2008年9月17日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]