フィリップ・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザクセン=コーブルク=ゴータ公子フィリップ

フィリップ・フォン・ザクセン=コーブルク・ウント・ゴータ: Philipp von Sachsen-Coburg-Gotha, 1844年3月22日 テュイルリー宮殿パリ - 1921年7月4日 コーブルク)は、ザクセン=コーブルク=ゴータ家カトリック系の分家コハーリ侯爵家の公子。ブルガリア王フェルディナンド1世の長兄にあたる。全名はフェルディナント・フィリップ・マリア・アウグスト・ラファエル (Ferdinand Philipp Maria August Rafael)。

ザクセン=コーブルク=ゴータ公子アウグストと、その妻でフランス王ルイ・フィリップの娘であるクレマンティーヌ・ドルレアンの長男として生まれ、1870年にハンガリー王国軍 (K.u. Landwehr) の陸軍少佐となった。1875年2月4日、フィリップは従兄のベルギー王レオポルド2世の長女ルイーズと結婚した。

フィリップ(左)と弟のルートヴィヒ・アウグスト、1866年頃

フィリップは義弟のオーストリア皇太子ルドルフとは親友で、1889年1月30日未明に起きたマイヤーリンク事件 (enではヨーゼフ・ホヨス=シュプリンツェンシュタイン伯爵および近習のヨハン・ロシェックと一緒に、ルドルフ皇太子とその未成年の愛人マリー・フォン・ヴェッツェラの死体を発見している。

フィリップと妻ルイーズ王女との結婚生活は悲惨なものであった。ルイーズは1896年に夫の許を離れて別居し、その2年後の1898年にはルイーズに対する禁治産宣告が出され、1906年1月15日には二人の離婚が成立した。ルイーズは長くハンガリー貴族のマッタチチュ=ケグレヴィチ・ゲーザ伯爵(1867年 - 1923年)と愛人関係にあったため、フィリップは主君のオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世に妻の情夫との決闘を命じられている。ルイーズはまた夫フィリップの副官とも男女の関係にあった。

フィリップはコーブルクにある城館で晩年を過ごし、77歳でこの世を去った。フィリップの遺骸はコーブルクの聖アウグスティン教会 (St. Augustin) にあるコハーリ侯爵家の地下納骨堂に埋葬された。フィリップは金羊毛勲章、ポルトガルの塔および剣勲章 (enを受章している。

子女[編集]

フィリップは妻ルイーズとの間に一男一女をもうけた。