フィリップ・ド・ヴィリエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリップ・ド・ヴィリエ(2007年4月、ツールーズにて撮影)

フィリップ・ル・ジョリス・ド・ヴィリエ・ド・サンティニョン子爵(Vicomte Philippe le Jolis de Villiers de Saintignon、1949年3月25日 - )は、フランス政治家欧州議会議員で、極右政党フランスのための運動フランス運動Mouvement pour la France、MPF)党首宗教カトリックである。

政治経歴[編集]

ヴァンデ県ブーローニュ出身。生家はヴァンデーの貴族の家柄。1981年フランソワ・ミッテランが大統領になるとこれに反発して郡長を辞任。1986年下院国民議会議員にフランス民主連合から立候補し当選する。コアビタシオンジャック・シラク内閣ができると文化次官に就任した。

1994年フランス民主連合を離党し、新党「フランスのための運動」(フランス運動)を結成し党首に就任する。同党は、欧州統合に対して慎重ないし反対の立場を取り、1999年同じく欧州懐疑論者シャルル・パスクワ率いるフランスヨーロッパ独立連合 Rassemblement pour la France et l'Indépendance de l'Europeと提携して、欧州議会選挙に臨み13議席を獲得した。なお、これに先立ち1995年フランス大統領選挙にド・ヴィリエは立候補しているが、4.7パーセントの得票に終わっている。2004年欧州議会選挙では、フランス連合の党勢はド・ヴィリエを含め3議席に留まった。ド・ヴィリエは、フランス政界において、保守主義、伝統尊重、欧州懐疑論者の指導的政治家として行動し、2005年欧州憲法批准をめぐる議論では反対の立場を取った。ド・ヴィリエは、フランスの政治家で最初に「ポーランド人の鉛管工」Plombier polonaisというフレーズを使って、EU拡大に伴い安い賃金で東欧から労働者が流入することを攻撃した人物となった。2007年欧州議会議員選挙に再選し、独立・民主主義者Independence and Democracy会派に所属する。

2007年フランス大統領選挙にフランスのための運動から立候補し、81万8407票(2.23パーセント)を得票し6位に終わった。

参考文献[編集]

  • 『フランス極右の新展開―ナショナル・ポピュリズムと新右翼』  畑山敏夫(著) 国際書院
  • 『現代フランスの新しい右翼―ルペンの見果てぬ夢』  畑山敏夫(著) 法律文化社
  • 『沸騰するフランス 暴動・極右・学生デモ・ジダンの頭突き』  及川健二(著) 花伝社

外部リンク[編集]