フィリップ・ドゥクフレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリップ・ドゥクフレ (2006年).

フィリップ・ドゥクフレ(Philippe Decouflé、1961年10月22日-)はフランスダンサー振付家(コレオグラファー)、演出家。ヌーボーシルク(現代サーカス)やコンテンポラリー・ダンスパントマイムなどを基礎としたダンスや舞台芸術、パフォーマンスを創作している。1961年パリ生まれ。

サーカス学校でサーカス(シルク)の理論や実践を学び、パントマイム学校でマルセル・マルソーからパントマイムを学ぶ。その後ダンスに目覚め、アンジェの国立コンテンポラリー・ダンス・センター(国立フランス現代バレエ団 (CNDC))でアメリカ人振付家アルウィン・ニコライAlwin Nikolais)に師事し、ニューヨークマース・カニングハムMerce Cunningham)のダンスカンパニーなどで活躍した。フランスに戻り、彼は1983年、自分のダンスカンパニー「DCA」(Diversité, Camaraderie, Agilité)を結成した。

1987年に彼が監督・振付をしたニュー・オーダーの「True Faith」のミュージック・ビデオは、1988年ブリット・アワードの「ベスト・ミュージック・ビデオ」賞を受賞。またポラロイド社のCMは1989年ヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞を受賞した。

1989年、彼はパリでフランス革命200周年を記念したイベントを指揮、1992年アルベールビルオリンピックでは31歳の若さで開会式・閉会式の演出担当となり、衣装デザイナー・造形美術家のフィリップ・ギヨテル(Philippe Guillotel)と組み、サーカスとダンスを融合させた幻想的な演出で一躍世界に名を知られるようになった。

以後、CM映画ミュージカル、セレモニー(カンヌ国際映画祭セレモニーや、2006年ワールドカップの開会式など)の演出で引っ張りだことなったほか、自身の演出するダンス・パフォーマンスを世界各国で公演している。

主な作品[編集]

  • コーデックス(Codex) 1986年
  • デコーデックス(Decodex) 1990年
  • トリトン(Triton) 1990年
  • シャザム!(SHAZAM!) 1997年
  • イリス(Iris) 2004年

外部リンク[編集]