フィリッパ・ドゥーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フィリッパ・ドゥーチ:Filippa Duci, 1520年 - 1586年10月15日 トゥール)は、フランス王アンリ2世の妾で、王の庶長子ディアーヌ・ド・フランスの生母。フランス語名はフィリッピーヌ・デデュックPhilippine Desducs)。

ピエモンテ地方、モンカリエーリ出身のジャン・アントニオ・ドゥーチ(Gian Antonio Duci)の娘として生まれた。イタリア戦争中の1537年、ミラノ公国攻略のためにピエモンテを訪れた王太子時代のアンリ2世と知り合い、恋仲になった[1]。翌1538年にアンリの娘を出産する。生まれた子はアンリの寵姫ディアーヌ・ド・ポワチエ(ブレゼ伯爵夫人)に因むディアーヌの名を与えられ、ディアーヌ・ド・ポワチエの手元で養育された[2]。出産後まもなく、フィリッパは貴族のジャン・ド・サン・セヴラン(Jean Bernardin de Saint Severin)の妻となった。

参考文献[編集]

  • Isabelle Pebay-Clottes, Claude Troquet: Philippe Desducs, mère de Diane de France. In: Bibliothèque de l’École des chartes. Band 148/1, 1990, ISSN 1953-8138, S. 151–160 (online).

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ J・オリュー『カトリーヌ・ド・メディシス』(上)河出書房新社、1990年、P188
  2. ^ J・オリュー、前掲書、P188