フィラデルフィア・ジャック・オブライエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィラデルフィア・ジャック・オブライエン
基本情報
本名 ジョセフ・フランシス・ヘーゲン
階級 ライトヘビー級
身長 179cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1878年1月17日
出身地 ペンシルベニア州フィラデルフィア
死没日 1942年11月12日(満64歳没)
プロボクシング戦績
総試合数 181
勝ち 101
KO勝ち 36
敗け 7
引き分け 16
無効試合 57
テンプレートを表示

フィラデルフィア・ジャック・オブライエンPhiladelphia Jack O'Brien、男性、1878年1月17日 - 1942年11月12日)は、18世紀末から19世紀初頭にかけて活躍したアメリカ合衆国プロボクサー。本名はジョセフ・フランシス・ヘーゲンJames Francis Hagen)。その名の通りペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ。元世界ライトヘビー級チャンピオン。大富豪の御曹司という変わり種で、同級最強と評する識者もいるテクニシャンであった。

来歴[編集]

散歩中にふと覗き込んだジムで目にしたボクシングに魅せられ、トレーニングを始める。

1896年、プロデビュー。故郷フィラデルフィアからサンフランシスコ、英国まで遠征し、帰国してからは、バルバドス・ジョー・ウォルコットキッド・マッコイ等ら強豪を相手にハイペースでファイトをこなす。

1905年12月20日、三階級制覇者ボブ・フィッシモンズの持つ世界ライトヘビー級王座に挑み、13回KO勝ちでタイトル奪取(結局、このタイトルは一度も防衛せず返上)。

1906年11月28日、ロサンゼルスで世界ヘビー級王者トミー・バーンズに挑み善戦するも、20回引き分けとなった。翌1907年5月8日に再挑戦したが、今度は20回判定負け。ヘビー級王座奪取はならなかった。

1909年にはミドル級王者スタンリー・ケッチェルと対戦、ダウンを奪われながらどうにか無判定に持ち込んだものの、再戦では必殺の右を顎に受けKO負けを喫した。

1912年、引退。

通算戦績[編集]

101勝(36KO)7敗16引分け57無判定

関連項目[編集]

外部リンク[編集]