フィッシュ (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィッシュ - 2006年

フィッシュ (Fish)はイギリスの人気ロックバンド「マリリオン (Marillion)」の初代リード・シンガー。本名の Derek William Dick から、デレク・ディックとも呼ばれ、作詞クレジットでは Fish でなく Derek Dick 名義になっている。前身バンド、シルマリリオン (Silmarillion)が結成された1979年頃から在籍し、1982年にマリリオンのリード・シンガーとしてデビュー。1988年に方向性の違いからバックのメンバーと対立、脱退した。身長2メートル。

人物[編集]

その高い文学性から「詩人」と賞される優れた作詞家である。確固たる世界観と、膨大な行数を持つ詞は、前期マリリオンのトレードマークとなっていた。また、歌にとどまらず、小説も執筆する。スコットランド出身であるため、イングランド出身の多くの歌手とは異なる、独特のイントネーションがある。身長2メートルの巨体に似合わず、歌声は意外に繊細である。ピッチは低く、マリリオン時代は多くの曲で高音部にファルセット (裏声) を使っていた。モデルの女性と結婚、1女をもうけるが、その後離婚している。歌手以外に、その巨体を活かし、俳優業も行っている。軍人役など幾つかの映像が残っている。

名前の由来[編集]

「Fish(魚)」という、奇抜なアーティスト名は、元々彼のアダ名であったといわれている。学生の頃、身長2メートルの巨体ゆえ、狭い共同バスルーム (風呂) を使うのにとても時間がかかった。あまりの長風呂にルームメイトが呆れ、「出てこい!この魚 (Fish) め!」と叫んだ。このエピソードが学校中で笑いを誘い、Fish というアダ名が付いたと言う。

公式サイトにも一時掲載されていたこの話だが、実はかなり尾ひれが付いており、本当は湯船で読書をしていただけなのだとか。英語ページでは、素っ気なく「reading in the bath」と書かれてしまっている。巨体をネタにしたエピソードは他にもあり、加入時の紹介は「スコットランドで木こりをやっていたフィッシュ!」というものだった。

尚、1人娘はその名を「Tara」と言う。これが日本語では「タラ」という魚の名前と、たまたま同じ発音になっている。「魚の子はやっぱり魚」とインタビュアーに言われ、これを聞いた本人は思わず苦笑していたという。

ディスコグラフィ (スタジオ・アルバム)[編集]

マリリオン時代[編集]

ソロ以降[編集]

  • 1990 「Vigil in a Wilderness of Mirrors」 (邦題: 虚構の鏡)
  • 1991 「Internal Exile」 (邦題: インターナル・エグザイル)
  • 1993 「Songs from the Mirror」 (カヴァー・アルバム)
  • 1994 「Suits」 (邦題: スーツ)
  • 1997 「Sunsets on Empire」 (邦題: サンセッツ・オン・エンパイア)
  • 1999 「Raingods with Zippos」 (邦題: レインゴッズ・ウィズ・ジッポーズ)
  • 2001 「Fellini Days」
  • 2004 「Field of Crows」
  • 2007 「13th Star」

ディスコグラフィ (ライヴ・アルバム)[編集]

マリリオン時代[編集]

ソロ以降[編集]

  • 1994 「Sushi」 (邦題: 鮮烈!フィッシュ・ライヴ『SUSHI』) ※他、限定盤も含め、多数。

コンピレイション[編集]

ソロ以降[編集]

  • 1995 「Yin」 (邦題: 陰 ザ・ベスト・オブ・フィッシュ~アルバム・トラックス~) ※再録音、リミックスを含むベスト。
  • 1995 「Yang」(邦題: 陽 ザ・ベスト・オブ・フィッシュ~シングル・トラックス~) ※再録音、リミックスを含むベスト。
  • 1998 「Kettle of Fish」 (Best) ※未発表曲を含むソロ以降のベスト。
  • 2005 「Bouillabaisse」 (Best) ※マリリオン時代を含むベスト。

出演作品[編集]

外部リンク[編集]