ACFフィオレンティーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フィオレンティーナから転送)
移動: 案内検索
ACFフィオレンティーナ
原語表記 ACF Fiorentina SpA
愛称 Viola、Gigliati
クラブカラー
創設年 2002年
所属リーグ セリエA
ホームタウン フィレンツェ
ホームスタジアム Tifosi fiorentina.jpg
スタディオ・アルテミオ・フランキ
収容人数 47,495
代表者 イタリアの旗 アンドレア・デッラ・ヴァッレ
監督 イタリアの旗 ヴィンチェンツォ・モンテッラ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

ACFフィオレンティーナACF Fiorentina SpA 以前の名称としてAssociazione Calcio Fiorentina及びFlorentia Viola)は、イタリアトスカーナ州フィレンツェを本拠地とするサッカークラブである[1]

解説[編集]

クラブカラーからヴィオライタリア語で「菫色」)の愛称で呼ばれる。また、フィレンツェ市のシンボルである百合の紋章からジリアーティイタリア語で「百合の人」)とも呼ばれる。

クラブの全盛期にはリーグ戦、コッパ・イタリア、カップウィナーズカップなどで優勝を経験するなど、インテルミランユヴェントスローマなどのトップグループに次ぐ強豪クラブとして確固たる地位を築いた。

1990年代中期以降もガブリエル・バティストゥータマヌエル・ルイ・コスタらを擁して上位に食い込んだ。

なお、日本にもフィオレンティーナのサポーターは多く、クラブ公認サポーターズクラブ「ヴィオラクラブ・ジャパン」も存在している。クラブとしても1997年から任天堂と2年間、1999年からTOYOTAと8年間(クラブ消滅により2002年からセリエAに復帰する2004年までは一時撤退)、2011年からMAZDAとメインスポンサー契約を結んでおり、延べ10年以上に渡って日本企業をユニフォームの胸ロゴとしている他、2004年には中田英寿を獲得するなど日本とは浅からぬ縁があるといえる。ちなみに、任天堂は京都サンガF.C.、MAZDAはサンフレッチェ広島のスポンサーでいずれも紫がチームカラーである(TOYOTAがスポンサーの名古屋グランパスのチームカラーは赤)。

沿革[編集]

創設から最初の全盛期まで[編集]

フロレンティア・ヴィオラ時代の紋章

旅先のイングランドで観たサッカーに魅了された創設者のルイジ・リドルフィ伯爵は、パレストラ・ジンナスティカ・リベルタス (Palestra Ginnastica Libertas) とクラブ・スポルティーヴォ・フィレンツェ (Club Sportivo Firenze) というフィレンツェの2つのサッカークラブを合併させて、1926年8月26日ACフィオレンティーナ (Associazione Calcistica Fiorentina)を創設した。初期のクラブカラーは紫ではなく、フィレンツェの市章と同じ赤と白のシャツを着ていた。[2][3]

1930-31シーズンのセリエBで優勝して、[4]1931-32シーズンよりセリエAに参加。1930年W杯優勝メンバーだったウルグアイ人FWペドロ・ペトローネがリーグ得点王となる活躍を見せ、セリエA初年度は18チーム中4位に食い込んだ。[5]1931年9月13日にはホームスタジアムのスタディオ・アルテミオ・フランキ(当時はスタディオ・ジョヴァンニ・ベルタと呼称)が開場した。1938-39シーズンにセリエBへと降格したが、1シーズンでセリエAに復帰。1939-40シーズンのコッパ・イタリアではジェノアを決勝で破り、クラブ初タイトルを獲得した。

1950年代から1960年代にかけてクラブは全盛期を迎えた。初めてスクデットを獲得した1955-56シーズンは2位のACミランに勝ち点12差をつけての独走優勝だった。[6]1956-57シーズンにはUEFAチャンピオンズカップで準優勝(優勝はレアル・マドリード)。1960-61シーズンにはUEFAカップウィナーズカップで優勝したが、これはイタリアのクラブにとって最初の欧州タイトルでもあった。

チェッキ・ゴーリ時代[編集]

クラブの英雄バティストゥータ
ルイ・コスタ

1980年にクラブを買収した宅建業者のフラヴィオ・ポンテッロは、1990年に人気選手のロベルト・バッジョユヴェントスに売却したことでティフォージから大きな批判を浴びつつオーナーの座を追われた。[3][2]クラブ経営は映画王のマリオ・チェッキ・ゴーリが引き継いだが、補強に失敗して1993-94シーズンに54年ぶりにセリエBへ降格した。[7]マリオの没後は息子のヴィットーリオ・チェッキ・ゴーリが会長に就任した。

セリエB降格でもクラブを離れなかったアルゼンチン人FWガブリエル・バティストゥータの活躍もあり、1年でセリエAに復帰。1990年代中盤以降はバティストゥータとポルトガル人ゲームメーカーのマヌエル・ルイ・コスタらを擁して上位に食い込んだ。1998-99シーズンはシーズン前半を首位で折り返すも、最終的には首位から勝ち点差14の3位に終わった。[8]

経営破綻と4部降格[編集]

1990年代後半における放漫経営の結果、2000年代に入ると主力選手を次々に放出し成績は下降する。2000-01シーズンは9位、2001-02シーズンは17位となり、2002年夏には親会社が破綻。クラブは2002年に4部リーグ(セリエC2)に強制降格された。この結果、クラブは消滅し、「フィオレンティーナ」の名称の使用権も旧クラブの債権者に渡ってしまう。しかし、フィレンツェ財界とティフォージたちは新会社「フィオレンティーナ1926」を設立して新チーム「フロレンティア・ヴィオラ」を結成(フロレンティアはフィレンツェの古称である)。フィオレンティーナ再建に取り組んだ。クラブの新オーナーには革靴ブランド企業家のディエゴ・デッラ・ヴァッレが就任した。

セリエA復帰とカルチョス・キャンダル[編集]

フロレンティア・ヴィオラは2002-03シーズン、主将アンジェロ・ディ・リービオとエースストライカーのクリスティアン・リガノを中心に戦い、セリエC2を優勝。2003年には「フィオレンティーナ」の商標権を入札により250万ユーロで獲得し、2003-04シーズンからは再びフィオレンティーナとして戦うことになった。また特例によりこのシーズンは3部ではなく2部のセリエBに編入された。[9]

いきなり2つ上のリーグで戦うことになったフィオレンティーナは苦戦するも、リガノの得点力はセリエBでも群を抜いており、なんとかセリエA下位クラブとのプレーオフ権が与えられる6位を確保。プレーオフではリガノとディ=リーヴィオが故障で出場出来ないという危機的状況であったが、ACペルージャを下して3季ぶりにセリエAへ復帰することとなった。

2000年代中盤の躍進を演出したプランデッリ監督
2005-2006シーズンに得点記録を樹立したルカ・トーニ
トーニ移籍後のエースストライカー、ムトゥ

2004-05シーズンには中田英寿マルティン・ヨルゲンセントマーシュ・ウイファルシジョルジョ・キエッリーニファブリッツィオ・ミッコリエンツォ・マレスカなどの有力選手を一気に獲得してセリエAを戦ったが、急造チーム故なかなか勝ち点を獲得出来ず、シーズンを通して残留争いをすることとなる。実はこの苦戦の裏には、ユヴェントスのオーナーが仕掛けた審判による八百長、いわゆるカルチョ・スキャンダルが存在していた(八百長に加わらないクラブに対しては不利な判定を下すというもの)。また、大型補強により加わった新加入の外国人選手達と、それにより出場機会を奪われたセリエB時代からクラブを支えていたと自負する一部のイタリア人選手達との間に軋轢が生じ、ロッカールームの空気もまとまりにかけるものであった。結果、フィオレンティーナは最終節で勝たなければ再び降格という所まで追い詰められたが、アルテミオ・フランキで開催されたシーズン最終節ではディ=リーヴィオの獅子奮迅の活躍などもあり、劇的な残留を決めることとなった。このシーズンは16位でセリエAを終える。

2005-06シーズンには、前年度の低迷を受けクラブは幹部の大刷新を行う。オーナー兼会長であったディエゴ・デッラ・ヴァッレは名誉会長に退き、実際的なクラブの舵取りは、副会長であった弟のアンドレア・デッラ・ヴァッレに譲りアンドレアが会長に就任。また当時レッチェの躍進を支えていたパンタレオ・コルヴィーノを新たにスポーツディレクターに迎え、夫人の看病のために監督業を休業していたチェーザレ・プランデッリを新体制の監督として招聘。クラブのプロジェクトも中長期的なものに変更し、2010年以降にスクデットを狙える「有望な若手選手と共に成長するクラブ」をスローガンとした。新体制の幹部は前年度に造反したとされる選手達を格安で放出し、新たにルカ・トーニステファノ・フィオーレクリスティアン・ブロッキセバスティアン・フレイなどのベテラン選手やプランデッリ監督の元教え子を集め、また無名の有望選手を発掘することに長けたコルヴィーノはアレッサンドロ・ガンベリーニリッカルド・モントリーヴォマヌエル・パスクアルらの若手選手に投資した。このシーズンは前年に獲得した選手たちが漸くまとまってきたことに加え、新加入のルカ・トーニの大活躍もあってクラブは躍進し、チャンピオンズリーグ出場権が与えられる4位となる。

ユヴェントス、ミラン、ラツィオと同様に、セリエAの八百長問題に関わったとして、2006年7月14日に「セリエB降格および勝ち点-12点からのリーグ戦開始」との判決が下される。同年7月25日の控訴審判決において、セリエA残留で2006-2007シーズンは-19点からのスタート、2005-2006シーズンの勝ち点-30点の判決が下った(カルチョ・スキャンダルの項を参照)。この判決を不服とした一部サポーターがフーリガン化し、フィレンツェ周辺の鉄道を一時不法占拠する事態ににまで発展した。

カルチョ・スキャンダルを越えて[編集]

勝ち点の大幅剥奪から始まった2006-07シーズンであったが、トーニの破壊力は健在であり、クラブは連戦連勝、勝ち点剥奪がなければチャンピオンズリーグ圏内のリーグ3位(最終順位は5位)というシーズンとなった。またシーズン中にレギュラーポジションを獲得し成長したアレッサンドロ・ガンベリーニやゴールキーパーのセバスティアン・フレイを中心とした守備陣も奮闘し、チームはリーグ最少失点でシーズンを終えた。トーニはこのシーズン限りでバイエルン・ミュンヘンに去ったが、長い放浪の末フィオレンティーナでかつての輝きを取り戻したアドリアン・ムトゥチェーザレ・プランデッリ監督就任以降じっくりと育ててきた若手のジャンパオロ・パッツィーニやモントリーヴォがクラブの屋台骨を支える存在へと成長し[10]、2007-08シーズンはリーグ戦4位、UEFAカップ準決勝進出というセリエA復帰後最高の成績で終わった。

2008-09シーズンはUEFAチャンピオンズリーグに出場するにあたり、大型補強を敢行する。アルベルト・ジラルディーノステヴァン・ヨヴェティッチフアン・マヌエル・バルガスフェリペ・メロなどの高額移籍金選手に投資した。かつての恩師の下で復活を果たしたジラルディーノや、ブラジル代表に初選出される程の存在感を示したフェリペ・メロら新戦力の活躍もあり、チャンピオンズリーグとの二足の草鞋にも耐え2年連続でリーグ戦を4位で終える。一方で大型補強の煽りを受け出場機会を減らした若手選手が不満を訴え、クラブはパッツィーニやパブロ・ダニエル・オスヴァルドらの有望若手選手数人を手放すことになる。9シーズンぶりに参加したチャンピオンズリーグでは予備予選を勝ち抜き本大会に出場するが、バイエルン・ミュンヘン、オリンピック・リヨンらに退けられ、グループリーグで敗退した。

2009-10シーズンには昨年活躍したメロの他、ズドラヴコ・クズマノヴィッチフランコ・セミオーリらを放出するも、思うように補強が進まず不安を抱えたままシーズンをスタートする。しかしながらチャンピオンズリーグではスポルティング・リスボンとのプレーオフをアウェーゴールの差で辛くも突破し、続くグループリーグではヨヴェティッチらの活躍もあり名門リヴァプールに連勝。昨年苦杯を呈したオリンピック・リヨンらを抑え見事を首位で通過する。迎えた決勝トーナメント1回戦ではバイエルン・ミュンヘンと対戦。ファーストレグでは試合終了間際オフサイドポジションに居たミロスラフ・クローゼのゴールが認められる誤審もあり、トータルスコア4-4ながらもアウェーゴールの差で大会を去ることとなった。一方リーグ戦ではカップ戦での疲労もあってか不安定な戦いが続き、中位から下位を彷徨う事になる。冬には主将を務めていたダリオ・ダイネッリがジェノアに移籍、更にムトゥのドーピング陽性反応が発覚。これによりで同選手は9ヶ月の出場停止を言い渡されることになる。これらがチームのさらなるモチベーション低下に大きく影響したと見られ、その後もチームの調子は上がらず最終的にリーグを11位で終え、3年ぶりに欧州カップ戦の舞台から姿を消すこととなった。

2010-11シーズンは開幕前にヨヴェティッチが負傷で長期離脱が決定。出場停止のムトゥと併せ2大エースを欠いたままリーグ開幕を迎えたチームはその後も負傷者が相次ぎ、一時はリーグ最下位まで低迷する。しかしながら先述の両エースの戦線復帰に伴いチームは徐々に復調。最終的には降格圏の18位に勝ち点15差を付けリーグ9位でシーズンを終えた。

2011-12シーズンは開幕10試合で3勝4敗3分の成績不振からシニシャ・ミハイロヴィチが2011年11月6日のキエーヴォ戦に敗れた翌日、解任された[11]。後任にはデリオ・ロッシが就任し、3バックに切り替えるなどしたものの、成績は上昇せず、終盤戦には残留争いに巻き込まれた。冬にはアマウリをユヴェントスから獲得したものの、1ゴールと完全な期待外れだった。2012年5月2日のノヴァーラ戦では、前半32分に途中交代を命じられたことに腹を立て、皮肉を込めた拍手をしたアデム・リャイッチにロッシが殴りかかり、試合後ロッシは解任された。後任にはチームマネジャーを務めていたヴィンチェンツォ・グエリーニが就任[12]。残り2試合を指揮した。昨シーズン公式戦出場ゼロだったヨヴェティッチが14ゴールを決めてひとり気を吐くも、最終的には13位でシーズンを終えた。

2012-13シーズンは前シーズン攻撃的なサッカーでカターニアを躍進させたヴィンチェンツォ・モンテッラを新監督に迎えた。ナスタシッチ、ガンベリーニ、ベーラミを放出した一方、レンタルバックを含め15人もの補強を敢行。ファン・クアドラードボルハ・バレーロゴンサロ・ロドリゲスアルベルト・アクイラーニダビド・ピサーロステファン・サヴィッチら新加入の選手が多く主力を担った。冬の移籍市場ではジュゼッペ・ロッシも獲得している。シーズンではピサーロ、バレーロ、アクイラーニらを中心とした攻撃的なポゼッションサッカーを展開。ヨヴェティッチ、リャイッチらの活躍もあり、得点数リーグ1位のナポリと1点差の72得点を記録。最終的にはチャンピオンズリーグ出場権は逃したが4位に入り、ヨーロッパリーグ出場権を獲得した。

2013-14シーズンはエースのヨヴェティッチがマンチェスター・シティに移籍。しかしマラガからホアキン・サンチェス、ACミランからマッシモ・アンブロジーニ、バイエルン・ミュンヘンからマリオ・ゴメス、パレルモからヨシップ・イリチッチら有力選手を獲得。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

過去の成績[編集]

  • 1945-46 セリエA 5位
  • 1946-47 セリエA 17位
  • 1947-48 セリエA 7位
  • 1948-49 セリエA 8位
  • 1949-50 セリエA 5位
  • 1950-51 セリエA 5位
  • 1951-52 セリエA 4位
  • 1952-53 セリエA 7位
  • 1953-54 セリエA 3位
  • 1954-55 セリエA 5位
  • 1955-56 セリエA 1位
  • 1956-57 セリエA 2位
  • 1957-58 セリエA 2位
  • 1958-59 セリエA 2位
  • 1959-60 セリエA 2位
  • 1960-61 セリエA 7位
  • 1961-62 セリエA 3位
  • 1962-63 セリエA 6位
  • 1963-64 セリエA 4位
  • 1964-65 セリエA 4位
  • 1965-66 セリエA 4位
  • 1966-67 セリエA 5位
  • 1967-68 セリエA 4位
  • 1968-69 セリエA 1位
  • 1969-70 セリエA 5位
  • 1970-71 セリエA 12位
  • 1971-72 セリエA 5位
  • 1972-73 セリエA 4位
  • 1973-74 セリエA 6位
  • 1974-75 セリエA 8位
  • 1975-76 セリエA 9位
  • 1976-77 セリエA 3位
  • 1977-78 セリエA 13位
  • 1978-79 セリエA 7位
  • 1979-80 セリエA 6位
  • 1980-81 セリエA 5位
  • 1981-82 セリエA 2位
  • 1982-83 セリエA 5位
  • 1983-84 セリエA 3位
  • 1984-85 セリエA 9位
  • 1985-86 セリエA 4位
  • 1986-87 セリエA 9位
  • 1987-88 セリエA 8位
  • 1988-89 セリエA 7位
  • 1989-90 セリエA 12位
  • 1990-91 セリエA 12位
  • 1991-92 セリエA 12位
  • 1992-93 セリエA 15位 降格
  • 1993-94 セリエB 1位 昇格
  • 1994-95 セリエA 10位
  • 1995-96 セリエA 3位
  • 1996-97 セリエA 9位
  • 1997-98 セリエA 5位
  • 1998-99 セリエA 3位
  • 1999-2000 セリエA 7位
  • 2000-01 セリエA 9位
  • 2001-02 セリエA 17位 降格
  • 2002-03 セリエC2 1位 昇格
  • 2003-04 セリエB 6位 昇格
  • 2004-05 セリエA 16位
  • 2005-06 セリエA 9位
  • 2006-07 セリエA 6位
  • 2007-08 セリエA 4位
  • 2008-09 セリエA 4位
  • 2009-10 セリエA 11位
  • 2010-11 セリエA 9位
  • 2011-12 セリエA 13位
  • 2012-13 セリエA 4位
  • 2013-14 セリエA 4位

所属選手[編集]

フォーメーション[編集]

  • 2013-14シーズン開幕戦スターティングメンバー

Soccer.Field Transparant.png

ネト
# 1
コンパー
# 5
G・ロドリゲス
# 2
サヴィッチ
# 15
クアドラード
# 11
アクイラーニ
# 10
ピサーロ
# 7
バレロ
# 20
パスクアル
# 23
ロッシ
# 49
ゴメス
# 33

現在の所属選手[編集]

2014年8月19日現在
No. Pos. 選手名
1 ブラジルの旗 GK ネト
2 アルゼンチンの旗 DF ゴンサロ・ロドリゲス (Flag of Spain.svg)
4 アルゼンチンの旗 DF ファクンド・ロンカリア (Flag of Italy.svg)
6 ペルーの旗 MF フアン・マヌエル・バルガス
7 チリの旗 MF ダビド・ピサーロ (Flag of Italy.svg)
10 イタリアの旗 MF アルベルト・アクィラーニ
11 コロンビアの旗 FW ファン・クアドラード
12 ルーマニアの旗 GK チプリアン・タタルシャヌ
13 ウクライナの旗 FW オレクサンドル・ヤコヴェンコ
14 チリの旗 MF マティアス・フェルナンデス (Flag of Argentina.svg)★
15 モンテネグロの旗 DF ステファン・サヴィッチ
17 スペインの旗 MF ホアキン
19 アルゼンチンの旗 DF ホセ・マリア・バサンタ
20 スペインの旗 MF ボルハ・バレロ
21 イタリアの旗 GK クリスティアーノ・ルパテッリ
22 イタリアの旗 FW ジュゼッペ・ロッシ (Flag of the United States.svg)
No. Pos. 選手名
23 イタリアの旗 DF マヌエル・パスクアル (主将)
25 オーストラリアの旗 MF ジョシュア・ブリランテ (Flag of Italy.svg)
27 ポーランドの旗 MF ラファウ・ヴォルスキ
28 スペインの旗 DF マルコス・アロンソ
29 イタリアの旗 MF フェデリコ・ベルナルデスキ
30 セネガルの旗 FW クマ・ババカル
32 イタリアの旗 MF アンドレア・ラッツァーリ
33 ドイツの旗 FW マリオ・ゴメス
40 セルビアの旗 DF ネナド・トモヴィッチ
55 エジプトの旗 DF アハメド・ヘガジー
66 カメルーンの旗 FW スティーヴ・レオ・ベレック
72 スロベニアの旗 MF ヨシップ・イリチッチ
88 イタリアの旗 DF クリスティアーノ・ピッチーニ
93 ブラジルの旗 MF オクタヴィオ
-- モロッコの旗 FW ムニル・エル・ハムダウィ
-- ドイツの旗 MF マルコ・マリン

括弧内の国旗はその他の保有国籍を、星印はEU圏外選手を示す。

レンタル移籍[編集]

in
No. Pos. 選手名
93 ブラジルの旗 MF オクタヴィオ (ボタフォゴ)
No. Pos. 選手名
-- ドイツの旗 MF マルコ・マリン (チェルシー)
out
No. Pos. 選手名
-- イタリアの旗 DF ミケーレ・カンポレーゼ (バーリ)
-- ガーナの旗 MF アミドゥ・サリフ (モデナ)
-- ガーナの旗 MF ボアドゥ・マクスウェル・アコスティ (モデナ)
-- モンテネグロの旗 MF マルコ・バキッチ (スペツィア)
No. Pos. 選手名
-- ウルグアイの旗 MF マティアス・ベシーノ (エンポリ)
-- ブラジルの旗 FW リデル・マトス (コルドバ)
-- クロアチアの旗 FW アンテ・レビッチ (ライプツィヒ)
-- デンマークの旗 FW ケネト・ゾホレ (ヨーテボリ)

下部組織[編集]

No. Pos. 選手名
-- イタリアの旗 GK ルカ・レッツェリーニ
-- イタリアの旗 MF レオナルド・カペッツィ
No. Pos. 選手名
-- イタリアの旗 MF ミケーレ・フォッサーティ
-- イタリアの旗 MF ヤコポ・ペトリッチオーネ

2014-15シーズン移籍[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

歴代会長[編集]

歴代監督[編集]

氏名 国籍 期間
スヴェン・ゴラン・エリクソン スウェーデンの旗 スウェーデン 1987-1989
セバスティアン・バロッソ・ラザローニ ブラジルの旗 ブラジル 1990-1992
ルイジ・ラディーチェ イタリアの旗 イタリア 1992
アルド・アグロッピ イタリアの旗 イタリア 1992-1993
クラウディオ・ラニエリ イタリアの旗 イタリア 1993-1997
アルベルト・マレザーニ イタリアの旗 イタリア 1997
ジョバンニ・トラパットーニ イタリアの旗 イタリア 1998-2000
ファティ・テリム トルコの旗 トルコ 2000-2001
ロベルト・マンチーニ イタリアの旗 イタリア 2001-2002
ピエトロ・ヴィエルコウッド イタリアの旗 イタリア 2002.8.10-2002.10.29
アルベルト・カヴァジン イタリアの旗 イタリア 2002.10.29-2004.2.10
エミリアーノ・モンドニコ イタリアの旗 イタリア 2004.2.12-2004.10.25
セルジョ・ブーゾ イタリアの旗 イタリア 2004.10.25-2005.1.24
ディノ・ゾフ イタリアの旗 イタリア 2005.1.24-2005.6.7
チェーザレ・プランデッリ イタリアの旗 イタリア 2005.6.7-2010.6.3
シニシャ・ミハイロヴィチ セルビアの旗 セルビア 2010.6.3-2011.11.7
デリオ・ロッシ イタリアの旗 イタリア 2011.11.7-2012.5.2
ヴィンチェンツォ・グエリーニ イタリアの旗 イタリア 2012.5.3-2012.6.10
ヴィンチェンツォ・モンテッラ イタリアの旗 イタリア 2012.6.11-

近年の歴代キャプテン[編集]

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ クラブは2002年に倒産を経験しており、厳密に言えば1926年に創設されたクラブと現在のクラブは別組織であるが、現在のクラブが前身となったクラブの商標権を継承していること、2002年に倒産したクラブの最後の主将だった人物が2002年に創設されたクラブの最初の主将でもあったことなどから、本項ではこの二つのクラブをまとめて解説する。
  2. ^ a b La Storia della Fiorentina”. ACF Fiorentina - Official Site (2006年1月23日). 2008年5月25日閲覧。
  3. ^ a b ラフガイド社『欧州サッカー60都市現地観戦ハンドブック2000 ヨーロピアンフットボール』(ダイナゲイト、2000年)
  4. ^ http://www.rsssf.com/tablesi/ital31.html
  5. ^ http://www.rsssf.com/tablesi/ital32.html
  6. ^ http://www.rsssf.com/tablesi/ital56.html
  7. ^ http://www.rsssf.com/tablesi/ital93.html
  8. ^ http://www.rsssf.com/tablesi/ital99.html
  9. ^ 中田英寿とヴィオラの再出発 - 悲劇、そして王国復興へ - 思わぬセリエB昇格 巨額の投資でチーム強化”. CALCIO 2002. 2008年5月25日閲覧。 [リンク切れ]
  10. ^ 二人はいずれもアタランタ育ちで同じ年にフィオレンティーナに移籍したこと、背丈や顔立ちも似ていることから、ティフォージの間ではまとめて「パッツォリーヴォPazzolivo」との愛称で呼ばれる存在である。[1]
  11. ^ フィオレンティーナがミハイロビッチを解任 - Goal.com[2]
  12. ^ フィオレンティーナ、残り2戦はグエリーニ氏が指揮 殴られた選手は謝罪[3]

外部リンク[編集]

公式
ユニフォーム