フィアードライブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィアードライブ
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 マイクロソフト・ウィンドウズ
開発元 ソウルブレイブ
人数 1人
メディア ダウンロード
発売日 2008年9月19日
デバイス ゲームパッド
エンジン RPGツクール2000
その他 完結
テンプレートを表示

フィアードライブ』は、RPGツクール2000で作成された、フリーウェアRPGである。開発元はソウルブレイブ

概要[編集]

大まかな内容は世界の異変の理由の解明とその阻止。物語は主人公が謎の女性の襲撃を受けた所から始まる。システムは自由度の高いスキルシステムを採用している。

シナリオはコメディタッチで描かれている。しかし一方で、人の心の弱さや愚かさが露呈するなど、ほんのりダークな描写もあり、その中でも人の死や戦争と言ったことに関して、キャラクターそれぞれが独特な表現や受け入れ方をしていることが特徴的でもある。

ただし鬱々とした展開や暗いイメージは無く戦いの中でも明るく笑い合える主人公たちの、痛快道中記となっている。 また町民等の些細な(本筋とは関係が無い)会話に版権ネタが使われている事が多くある。そのため知っているプレイヤーと知らないプレイヤーの反応の差も大きい。意味不明なことは十中八九何かしらの版権ネタと思ってよい。

公開用ではないデバッガーverも存在しており、正規の公開版とはイベントCGなどが違っている。

2009年度のVector Awardでは、最終決選投票ランキングで総合21位[1]、部門別ランキングのゲーム・ノベル部門で3位[2]となった。

ストーリー[編集]

世界の平和を勇者一行が救って早十数年後の世界。

兄妹仲良く暮らしていた主人公の下に一人の女性が襲来する。

主人公はその女性を追い、その道中で様々な体験をすることになるが―――

戦闘システム[編集]

戦闘はターン制。オーソドックスなフロントビューである。

敵味方に属性があり、使う技や使われる技によって戦闘が優位に進んだり劣勢に追い込まれたりする。相手に優位な属性で攻撃をした場合、二倍ダメージを与える他にエクステンスのボーナスがある。他にもキャラクター特有の技やシステムが存在し、隠し要素として調査魔法グレトラとルーベシラは各ボス戦の際に使用することで個別のイベントが始まる。またレベルが10を超えることで技の段階を上げることが可能になり、戦略の幅がぐんと上がる。技の段階は10の後、20、30、40となるにつれ最大レベルVまで上げる事が可能となっている。

なお装備出来る武器を含め、通常攻撃には属性という概念が無いものの、攻撃をした一定のタイミングに決定キーを入力する事により、追加攻撃が発生するシステムを導入している。

他のRPGシステムとの大きな相違点はAPとMP、二つのポイントを消費して行動を起こすことにある。MPを大量に使うがAPはあまり消費しないタイプの技は、使用限度こそあるが繰り出すのには安定感がある。一方時間で増える、APを大量に使いMPを消費しないタイプは敵がAPを削ってくるので一抹の不満がある。強力な技・魔法はどちらも大量に使用するという駆け引きが要求される戦闘システムになっている。

他には必殺技も存在し、使えるようにするには技・魔法選択画面の武器のようなゲージがダメージを受ける事で上昇し、それがMAXになると使え、更に使用時にゲージが表示され、上手くMAX箇所で止めると大ダメージを与えたり、逆にMAXでないとこで留めてしまうと大幅にダメージが低下してしまうなど作りこまれている。

成長システム[編集]

キャラクターは敵を撃破することで得られるエクステンスにより成長スキルを強化することができ、強化することで上がっていくスキルレベルは特定の値になることでそれぞれイベントが閲覧可能になる。

成長スキルを強化するとレベルアップで成長するステータスに補正が入る。

オリジナルシステム[編集]

RPGツクール2000の基本設定では不可能なものとして、「敵の最大HPが1千万単位まで存在する」、「味方の最大HPが万単位まで存在する」、「味方の最大MPが9999」、「味方の最大ステータスが各9900」、「キャラ毎の最大レベルが100」、「一部の技・魔法が2HIT~13HITする」、「一部の全体技・魔法が攻撃対象が多いほど威力が上昇する」、「技・魔法による属性で相性が良い場合、属性クリティカルというものが発動し、発動するとエクステンス(戦闘終了後に貰える数値の一部)が上昇する」、「神化、魔神化、神卸しと呼ばれる変身行為を行う事で使える技が増えたり、技・魔法のHIT数が変化する事がある」等がある他、戦闘画面もオリジナリティがあり、キャラの画像が存在する事で、「ダメージを受けると表情が変化する」、「瀕死状態になると表情が変化する」、「神化、魔神化、神卸しと呼ばれる変身行為を行う事で表情、見た目が変化する」などがある。

世界[編集]

本作は門が人間界に設けられて約20年後の話である。

人間たちが住む人間界、神々が住む天界、魔神たちが暮らす魔界、精霊や妖精が生まれる妖精界が存在し、主人公たちはまず人間界を旅することになる。

人間界は大きく10個の国に分けられる。人や竜、精霊や動植物が豊かに暮らしている他、前大戦以降人間界に残った神や魔神もいるとされ、各地には戦争の傷跡も数多く残されている。

天界と魔界は未だに戦争が続き、各地で抗争が絶えない。

人間界[編集]

バニティー連邦
首都はファニアガーデン。国王はクルハス。人間界の北西を占める大国。主な港に、ホエール、ファニアシーポート、マチアーチ、マニアックがある。
フォルダーマリン
首都はアノコロ。女王はネスティシア。バニティ連邦の東に位置し、食料のほとんどを輸入に頼る。主な港はソロソロ。
グランディアフォルク
首都はフォールフォール。国王は不明。主な港はミナミナトであるが、川を使いフォールフォールにも寄港が可能。
レトロフィット
首都はオネガーイ。宗教国家であり、教主はアナグス。主な港はアテガナイ、タダーイマ。
カンターター禁領地
禁領地であり、首都などは存在しない。主な港はザザーン。ディア達の生まれ故郷でもある。
スノウレスト
首都はツメターイのサムイ城。国王はスノウレスト王、娘にアジュリス・スノウレスト。大きな港は存在せず、ツメターイが最寄の街として機能する。
ミネルバ合衆国
首都はチップスタウン。国王はミネルバ王。主な港はキタノシーポート。潮流の関係か、負け犬海岸と呼ばれる地に漂流者が流れ着く事もある。
グランリッチ
首都はフェロウト。国王はフェロウト王。主な港はトロピカーナ。戦争国家と呼ばれ、内乱が絶えない。
フォトレス
首都はドドド。国王は不明。主な港はペペペ。ある時より、天変地異に襲われ国力を衰退させている。
羅都
首都は羅都。首領は現流磐獄。港は存在しないが、転送装置を持つ。羅都の女性は高いクリティカルを誇る事で有名であり、神をその身に降ろす技を使う。

主要キャラクター[編集]

ディア・マウザー(男)19歳
本作の主人公の一人。馬鹿で底抜けに明るいが、異様なところで突き抜ける勘を発揮する。親族、知り合いが伝説の勇者という恵まれた環境で育ち、本人自体類稀な才能を持つ。結構飽きっぽくて、その場の勢いで行動するので痛い目に遭う。赤いジャケットと青い髪の毛が特徴。「戦場の蒼い死神」としても知られている。
ティアラ・マウザー(女)14歳
本作の主人公の一人。真面目で頑張り屋。そのため何でも一人で解決したり、抱え込もうとする。意外におおらかで、口より先に手が出るタイプ。変人な兄に気苦労をかけさせられ続けたせいか、ほとんど親が家に居ないにもかかわらず良く出来た人間になった。トレードマークのいつも結っているリボンはディアから誕生日に、「一人で居ても寂しくないように」と貰った物。
ジョーゼス・シュリナフ・ギア(男)19歳
ディアの親友でティアラの幼馴染。性格は生真面目で、努力家。ダンジョンに入ると罠をまず警戒したりと出るゲームを間違えている。彼独自の魔法剣という技を開発することが目標だが、完成の目処は立っていない。
グラジナス・ミルトシュレーア(女)19歳
力を求めて放浪する剣士。長剣一本で敵を完膚なきまで叩きのめす超人的な強さを持つ。冷静沈着で口数も少ない。ただ、幼馴染のディアの前だとその仮面も外れるため、ただの人見知りかもしれない。一気に巻くしたれるようなジョゼフとは会話が続かない。口癖は「無様ね」
ファニア・バンデック(女)21歳
本作のヒロインを自称する一国の王女。全て自分中心でことが進まないと気に食わない唯我独尊の精神を持ち、分身したり爆弾を使ったりと独自のヒロイン像があるらしく、その行動は変人そのもの。作中、王である父クルハスが死去したことで女王となり、やりたい放題に拍車をかけることになる。
メガミ(女)推定200歳以上
天上から舞い降りた女神。美しい外見とは裏腹、やる気の無い面倒くさがり屋で適当さで右に出るものはいない。作中ではコタツに入ったり、酒場で酒を飲んだり寝転がったりと堕落した生活を垣間見ることができる。登場時はとても真面目で清楚な雰囲気だったが、すぐに猫の皮を被るのをやめた。幼少の頃、竜が絡む事件を起こしていたり、魔神が友達だったりすることから他の神々からは少々疎まれがちである。
フィルテシア・モルダ・バティノ(女)推定200歳以上
勇者が倒したとされる魔王の配下だった魔神。最愛の人であるディアを追って人間界に降り立った。魔界に住むとは言え、お嬢様育ちで優しく可憐でお茶目。常に笑顔を絶やさず、聖女と呼ばれている。その一方で自分が魔神であることに誇りを持ち、決して人に心を許さない冷酷な一面も持つ。ディアには特別優しく作中なんと結婚まで果たしたりする。メガミの親友で良き理解者。
リリス・シアフィールド(女)12歳
突然空から降ってきた幼女。魔法が得意で才能は全パーティキャラ中一番。しかし回復魔法だけは行使しようとすると必ず攻撃魔法になってしまうという不安定さを持つ。母が既に無くなっている為か幼さを残しながらもしっかりとした性格で、暴走しがちな他メンバーの歯止め役。他の場所に瞬時に移動するテレポートや敵のデータを覗くグレトラなど、彼女だけが使える魔法がある。
ミニス・ロンバース(女)18歳
落ち着いた物腰や言葉に年上に思われがちだが、意外に年齢は低めで18歳。その優しい性格のためか父には「戦いに向いてない」とまで言われる。回復魔法は得意。周りが特殊な子ばかりのため薄いと言われている。
現流 春蘭 (げんりゅう しゅんらん)(女)15歳
世界の異変の原因を探るため世界を旅する少女。少々口下手で男言葉を使うが根は優しく気遣いもでき、思いやりのあるとても良い子。ただ不思議な言動をすることもあり掴み所の無い性格。札を用いた攻撃や高い敏捷性を生かした戦闘や茶碗洗いが得意。羅都の中で彼女だけ神下ろしに負担が掛かるため(自分自身も神だったことが原因である)に、ほとんど使用することは無い。代わりに札に神を下ろして使用していたとされる。
現流 蓮華 (げんりゅう れんげ)(女)???歳
勇者パーティの一人。一児の母とは思えない可愛らしい美貌と肉体的、精神的な若さを持ちお転婆。ことあるごとに娘である春蘭を困らせて楽しんでいる。通り名は「鬼神」。昔はぶいぶい言わせていたらしい。「んふふ」と笑う。
姫霧 翡翠 (ひめぎり ひすい)(女)14歳
羅都と呼ばれる小さな島国に属する少女。偵察に失敗し、敵に追われている所を助けられる。はっきりとした物言いのせいか毒舌が目立つ。神降ろしという技を用いて戦い、超スピードを得意とする。個性派都市マニアックのアイドル。
シェイク・ブレバー(男)24歳
元アップルのメンバーで神器レヴァンテインを使うも使いこなす事が出来ず邪魔者扱いされ脱退する。その後、船に忍びこみ移動を試みるも海賊船だったため捕まるがティアラ達と出会い本当の正しさに目覚めていく。素はただの変な人だが仲間思いさは一流。辛い過去を持ちながらも持ち前の明るさで場を盛り上げようとする彼は辛さを紛らわしているだけなのかもしれない…。

用語[編集]

全ての“モノ”が存在するために必要な素。“ジン”と読む。
天界に住み人間界を守っている。精を自ら作り出すことができ、その背には白い翼がある。メガミ曰く「精を作れる以外は人と同じ」。神化と言われる力の解放を行うと神々しく光り輝く。
魔神
魔界に住み人間界を過去に襲ったことがある。精を自ら作り出すことができ、その背には黒い翼がある。その羽を他人に贈ることが身を捧げる行為に等しいらしい。魔神化と言われる力の解放を行うと精が高次元で放出され、変化前に纏っていた衣服などがその精と混ざり合い赤い模様となって身体の表面で硬質化する。硬質化するとそれだけで強力な武器にも防具にもなる。
神降し
神の力をその身に宿し、体現する奥義。ゲーム中では磐獄と春蘭、翡翠が使用する。設定上は羅都の人間は誰でもできるらしい。こちらは人間側の呼称で、神側からすると「光背」になる。どちらも同じことを指し、元となったものは恐らく隠形法であると思われる。
魔法
決まった字句を詠み唱える必要は特に無く、間違っていても撃てる。では何のために正規の詠唱があるのかという疑問が出るが、それも作中に蓮華が「決まった目標がある方がやりやすい」と説明している。つまり成功するかは気持ち次第となる。術式がバラバラで適当とされているファニアが魔法を使えるのは思い込みが激しい性格だからかもしれない。
精法
存在するために必須であると言われる精の消失を用いた禁断の魔法。使うとあたり一面何も無くなるという凶悪な力だが、隠しボスのマジョリカはお構い無しにバンバン使ってくる。
天界と人間界を遮る扉。これが存在すると神や魔神は人間界で思うように力を発揮できない。
三第神
天界側に属する神トップ3の呼称。権力上の力としてはその上に神王が一応いるが実質最高権力者。200年程前に世代交代がされ、現在ではメガミ、シン、アンゲルがその座にいる。
魔界五指
魔界側に属する魔神トップ5の呼称。この上に以前は魔王がいたと思われる。
神器
神が無限に精を作れることを利用し、人間が兵器にした物。門の力を僅かにだが抑制する力を持つ。神に了承を得ず、勝手にやったことなので神はもちろん怒っている。
三大神器
現存する神器の中で特に強力な神器であり、先代三第神を用いて作られた。現三第神に入れ替わった原因でもある。アイテン・シューレ、ブレイドルスターク、レヴァンテインの三つが存在し、全て暗躍する組織「アップル」が所持している。
回復の女神像
実は神器であり、無限に生成される精で傷を癒す。自我はほとんど残っていないが、作中では一体例外も存在している。デスキラーのダンジョンの女神像を、グランゼが勝手に「便利でしょ?」と持ち帰ってしまったこともある。
ファニアキャノン
ファニアが造らせた巨大な魔力砲台。多人数の力を集めて放出するため一人の人間では到底及ばない火力を誇る。常に動力室で魔法使いたちが詠唱している。
栗林
くりばやしと読む。硬貨と紙幣が存在する。世界共通の通貨になったのはつい最近で、ファニアの父クルハスの偉業である。正式には栗林の後にみな実が続く。繋げるて読むと“くりばやし みなみ”となる。栗林とみな実の間に数値が入る。この読み方は本ゲーム中においてディアがリンゴを手に入れるために5000栗林置いてきたに対し、メガミが5000くりばやし…?と言っている事から確定。

関連グッズ[編集]

設定資料集β
フィアードライブの作者自身で手がけた設定資料集。2008年12月に東京国際展示場で行われたコミックマーケットにて販売された。作中に登場する一部のキャラクターのイラストや説明文に加え作中だけではわからない設定や実装されていない内容などが描かれているフルカラー仕様。キャラクターが不充分なためかβとなっている。

脚注[編集]

  1. ^ ベクター20周年記念イベント「Vector Award」結果発表 最終決選投票ランキング http://www.vector.co.jp/award/finalrank.html
  2. ^ ベクター20周年記念イベント「Vector Award」結果発表 部門別ランキング http://www.vector.co.jp/award/categoryrank.html#ic08

外部リンク[編集]