フィアレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィアレス
ピンク・フロイド楽曲
収録アルバム おせっかい
リリース 1971年10月30日
録音 1971年1月-8月
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間 6分8秒
レーベル ハーヴェスト・レコード
EMI(UK)
キャピトル・レコード(USA)
作詞者 ロジャー・ウォーターズ
デヴィッド・ギルモア
プロデュース ピンク・フロイド
おせっかい 収録順
ピロウ・オブ・ウインズ
(2)
フィアレス サン・トロペ
(4)

フィアレス」(Fearless)は、ピンク・フロイド1971年に発表したアルバム『おせっかい』の3番目の楽曲[1][2]

遅いテンポと柔らかな音は[3]、このアルバムのはじめの他のトラックのいくつかと類似点を持つ。ロジャー・ウォーターズは、彼がシド・バレット(バレットは、このアルバムの歌詞のいくつかの主題にもなっている)から学んだGオープン・チューニング(1弦から順にDBGDGD)のギターで、上がってゆくリフを作った。バンドではベーシストであるにもかかわらず、ウォーターズはアルバム制作に関してこのリフと他のリズムギターパートを担当した。

曲の終了間際、リヴァプールFCのゴール裏(通称、KOP)サポーターが歌う「You'll Never Walk Alone」がサンプリングされている[3]。このアイデアはウォーターズによるものと考えられているが、その理由についてピンク・フロイド側から公式には明らかにされておらず様々な解釈がなされている[3]

パーソナル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Strong, Martin C. (2004). The Great Rock Discography. Canongate Books. p. 1177. ISBN 1-84195-551-5. 
  2. ^ Mabbett, Andy (1995). The Complete Guide to the Music of Pink Floyd. Omnibus Press. ISBN 0-7119-4301-X. 
  3. ^ a b c PINK FLOYD AND THE 'FEARLESS' LIVERPOOL FC”. IBWM (2012年1月26日). 2014年5月6日閲覧。