フィアット・126

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィアット・126
Centoventisei.jpg
製造国 イタリアポーランド
販売期間 伊製:1972年 - 1980年
ポ製:1973年 - 2000年
乗車定員 4名
ボディタイプ 2ドアセダン
3ドアハッチバック
エンジン 空冷直列2気筒OHV
594 cc、652 cc、702 cc
変速機 4速MT(2・3・4速シンクロメッシュ)
駆動方式 RR
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン+横置きリーフスプリング
後:セミトレーリングアーム+コイルスプリング
全長 3,054mm
全幅 1,378mm
全高 1,302mm
ホイールベース 1,840mm
車両重量 580 - 619kg
先代 ヌオーヴァ500
後継 パンダチンクエチェント
-自動車のスペック表-

フィアット・126は、フィアットが製造していた小型自動車である。メカニズム的に見るとヌオーヴァ500の後継車といえる。スタイリングは、カロッツェリア・ギアからフィアット・デザインセンター(Centro Stile Fiat)に移籍していたSergio Sartorelli

日本での登録区分輸入開始以来普通車小型自動車)であったが、1990年平成)1月の規格改定以降、新規の場合、594ccと652ccモデルは軽自動車登録が可能となった。

概要[編集]

ヌオーヴァ500に比べると車体寸法が大きくなっているが、ホイールベースは変わらず、エンジン、ドライブトレイン、フロントサスペンションなど、基本的なメカニズムも全て流用である。126用の126.000エンジンをヌオーヴァ500に搭載した500Rも1977年まで並行生産されていた。

細部では、荷物置き場を拡大する前倒式となった後席背もたれ、トランク(前部)内から後席下への燃料タンク位置の変更、ダイアゴナルスイングアクスルからセミトレーリングアームとなったリアサスペンションなど、使い勝手と安全性の向上が図られている。ステアリングギアも旧弊なウォームアンドセクタ式が流用されていたが、1978年(イタリア語版による)から操作性に優れたラック・アンド・ピニオン式へ改良された。

一方、外観は同社の127同様、角形ヘッドランプを持った、よりプレーンで直線的なスタイルへと大きく変わっている。

イタリアでは1980年までの製造であったが、ポーランドでは2000年7月まで製造されていた。

1973年モデルのディティール

バリエーション[編集]

イタリア製[編集]

  • 126
  • 126E
  • 126 パーソナル4

ポーランド製[編集]

FSMによるライセンス生産。当初は2ドアセダンのみであったが、ハッチバック(3ドア)のbis(1987年 - 1991年)とカブリオレ(1991年 - 1995年)が追加されている。FSMは1992年にフィアットに買収され、1993年以降はフィアット・オート・ポーランドが生産を引き継ぐ。

  • 126p(1973年 - 1987年)- ポルスキ・フィアットブランド。仕向地によってはザスタバ・126を名乗る。1985年フェイスリフト
  • 126p FL
  • 126bis(1987年 - 1991年)- 利便性向上のため、FLをベースとして後部にラゲッジスペースバックドアを新たに設けた。このスペースを捻出するため、エンジンは水平シリンダー(横倒し)とした上で水冷化されたが、このエンジンに起因する故障が多かったといわれる。フロントウインドシールド下(カウル部)の左右にベンチレーターが追加された。
  • 126el(1994年 - 1996年)- 直立の空冷エンジンと2ドアボディーを持つ標準車の改良型。各部の補強材で衝突安全性を強化。同時に内装も見直され、見栄えと乗員保護性能を向上。
  • 126elx(1996年 - 1999年)- 排出ガス規制(Euro 1)対応で三元触媒を装備。
  • 126 Maluch(1997年 - 1998年)- 電子燃料噴射装置は使用されておらず、キャブレターのままで、点火系の電子デバイス化で排気ガス規制を乗り越えた。
  • 126 Maluch Town(1998年 - 2000年)- 後席ヘッドレスト新設。1999年5月から、並行輸入の軽自動車が日本でも販売された。
  • 126 HappyEnd(2000年)- 生産終了を記念して1000台(赤、黄色各500台)が生産された限定車。

POP[編集]

西ドイツ(当時)の小コーチビルダーPop社で、ポーランド製126pの屋根を取り払ってカブリオレに改造したもの。ロールバーが無い、、ドア(FRP製)、Cピラー跡の形状が異なるなど、メーカ製カブリオレとは外観や仕上がり品質に差がある。

日本では1989年大阪並行輸入業者によって10台が輸入され、POP 650の名で販売された。翌年1月の軽自動車規格の改定に合わせて652 cc エンジンを選択しており、軽自動車登録が可能。

ギャラリー[編集]

126の評価[編集]

先代のヌオーヴァ500は現在でも各国でファンが多く、日本ではルパン三世の主人公ルパンの愛車としても知名度が高く、イタリアやスペインで126の実質的な後継となった初代パンダでは、前輪駆動と新設計サスペンションの採用、直列4気筒エンジンも設定されるなど、走行性能や車内環境の改善、利便性の向上が著しく、広く一般にも普及した上、趣味車としての一面もある。しかし126は、自家用車の所有が難しくなくなったという時代背景の下、先達と比べて単なる凡庸な大衆車として捉えられており、当のフィアットが500Rを5年間も併売していたこと、映像作品マスメディアへの露出が少ないこと、欧州でプフ・500を含むヌオーヴァ500がエンスージアスト達に大切にされているのに対し、126は使い古されて数を減らし続けたこと、ファンクラブの数が少ないこと、などに関心の低さが現れている。

初代(トッポリーノ)、二代目(ヌオーヴァ500)と、国民的な人気車が続いた系譜上に登場した126ではあるが、大きな技術革新を伴わず、(東欧圏を除き)スタイルでも衆目を引くことが叶わなかったことや、ヌオーヴァ500のオマージュとも言える現行5002007年)の発売に伴い、126の存在は人々の記憶から薄れていく一方である。このように、偉大なるベーシックカーの刷新がメーカーの期待通りに進まず、後継が歴史上や趣味界で低い地位に甘んじている例は、BMC・ミニメトロシトロエン・2CVディアーヌVW・ビートルタイプ3タイプ4でも見られ、特にこれら四者は後継車でありながら先に生産を終えている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]