フィアット・ムルティプラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
FIAT Multipla(2代目モデル)

ムルティプラ(Multipla)は、イタリア自動車メーカーフィアットが製造、販売する多目的乗用車である。1956年から1966年まで生産されたモデルと、1998年以降のモデルに大別される。車名は「多様な」を意味するイタリア語のMultiplaに由来する。

概要[編集]

初代(1956年-1966年)[編集]

600 Multipla
600 Multipla 後方より

初代モデルである600 Multiplaは、フィアット・600のコンポーネンツを用いて設計されたリアエンジン・リアドライブ方式キャブオーバー型であった。車体寸法は全長3535×全幅1450×全高1580mmと、1998年以降の軽自動車規格(全長3400×全幅1480mm)と比べても全長がわずかに長いだけの小さな車体であるが、3列シートの6人乗り仕様を基本とした。この設計は、フィアット・500でも知られるダンテ・ジアコーサによるもので、エンジンルームを含めたリアセクションは600と共通としながら、キャビンスペースを前方へ押し広げるように拡大し、ガソリンタンクスペアタイヤの配置に工夫を凝らすことで、3列シートの配置を可能としていた。外観は切り立ったフロント部に対し、600から流用の車体後部はなだらかな形状になっていた。丸型のヘッドランプ純正で設定されたツートーンカラーの塗装も特徴であった。

6人乗りのほかに、2列シートの4人や5人乗り仕様があり、2列シート仕様車ではフルフラットにできた。また、タクシー仕様も存在した。

2代目(1998年-2010年)[編集]

2代目ムルティプラ(前期型)
2代目ムルティプラ(後期型)

1998年、初代の生産終了から30年以上を経て登場した車種にムルティプラの名称が与えられた。ロービーム用ヘッドランプは一般的な配置とした一方で、前面窓の下端とボンネット後端に段差を設け、ハイビーム用ヘッドランプがAピラーの根本付近に配置される独特の外観デザインとされた。その外観は「世界で最も醜い車」、「この車は実際に乗るべきだ。何故なら車の中にいる限り、醜い外観を目にしなくて済むから」と評された[要出典]こともあるが、逆に、その奇異なフォルムに惹かれた人も少なくない[独自研究?]

駆動形式はフロントエンジン・フロントドライブ(FF)で、2列の3人掛けシートが配されて初代モデルと同様に6人乗りとされた。すべてのシートは独立しており、運転席以外は個別に折りたたみ、取り外しが可能である。取り外し可能なシートにより、全長を3999mm(前期型。日本の車検証上は4005mm)に抑えながら荷室を広くすることも可能としている。欧州ではカーフェリー料金が4mを境に大きく跳ね上がるため、バカンスを島嶼部で過ごす消費者にとってこの短い全長と広い荷室は魅力的[独自研究?]であり、フィアットもこれを訴求点の一つとしていた。2代目ムルティプラの開発当時、フィアットはユーロバンの生産で提携するPSA・プジョーシトロエンとの協定により、全長4mを超えるミニバンを開発できないことになっていた。そんな折にモーターショーに出展されたムルティプラの全長を実際に計測するために、プジョー側がフィアットのブースを訪れたという[要出典]。上述の通り4mに満たないため協定は破られておらず、2代目ムルティプラがデビューする運びとなった。

その特徴的なスタイルから、マイナーチェンジモデルの発売後も「2代目ムルティプラ」と言えばこのモデルを指すことが多い[独自研究?]

2004年にマイナーチェンジが施され、前年にフェイスリフトしたフィアット・プントに似た外観とされた。また、全長は4097mmと、4mを超え、前述のセールス上の利点を失う結果となった。エンジンは1.6リッターガソリン、1.9リッターコモンレール直噴ディーゼルターボ圧縮天然ガス(CNG)を燃料として用いるブルーパワー、CNGとガソリンを任意に選択できるバイパワーの4種がある。

2010年に生産終了した。

関連項目[編集]