フィアット・パンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初代パンダ
34 Junior

パンダPanda )は、イタリアフィアットが製造・販売する小型ハッチバック車である。

初代モデルは1980年から2003年まで、大きな変更を受けずに継続された。欧州で「Aセグメント」と呼ばれる最も小さな分類に属する乗用車である。

名称は動物のパンダにちなむが、これは初代モデル開発当初の主要市場として中国が企図されていたことによる。

歴史[編集]

開発の背景[編集]

オイルショックによる打撃とともに1970年代半ばにフィアット社は副社長で実務を執り行っていたウンベルト・アニェッリUmberto Agnelli )の下で組織運営に多くの問題を抱えていた。これを解決するためにウンベルトの幼馴染で実業家のカルロ・デ・ベネデッティCarlo De Benedetti )が社外から招かれ、1976年4月に副社長に任命された。それまで自動車部門への投資を抑制する方針で1974年から1978年までの期間に新型車の発表がなかった同社の状況の中でデ・ベネデッティは即座に3種類の新型車の開発と社内の業績不振部門の切り捨てを発表した[1]

1976年7月デ・ベネデッティはイタルデザインジョルジェット・ジウジアーロを訪ね、フィアット・126のエンジンを使用した安価で簡単な構造の十分な室内空間を持つ新型車の要望を伝えた。デ・ベネデッティの「フランスの車のような感じ」という言葉をシトロエン・2CVのことだと理解したジウジアーロは、126と同等の重量と生産コストの小型車の設計に取り掛かった。ジウジアーロにしては異例なことにバカンスの期間も作業にあたり12月に最初のモックアップが完成した。翌年早々に2台がフィアット側技術陣に披露され、2月にはこの2台から採用案が選び出された[2]

初代(1980年-1999年)[編集]

フィアット・パンダ
セリエ1
Fiat panda 1 v sst.jpg
Fiat panda 1 h sst.jpg
セリエ1のダッシュボード
Panda 45 018.jpg
製造国 イタリアの旗 イタリア
販売期間 1980年 - 1999年
デザイン ジョルジェット・ジウジアーロ
ボディタイプ 3ドア・ハッチバック
エンジン 652cc OHV 空冷L2、903cc OHV L4、843cc OHV L4、956cc OHV L4、FIRE 769cc SOHC L4、FIRE 999cc SOHC L4、
変速機 4速MTECVT
駆動方式 FF4WD
先代 フィアット・850
-自動車のスペック表-

セリエ1(1980年-1986年)[編集]

オイルショックに伴い、燃費面で有利なコンパクトカーの開発が各社で行われていた1970年代、ティーポ セロ(タイプ ゼロ) と呼ばれるフィアット社内のプロジェクトを元にフィアット・126フィアット・127の一部を置き換えるべく誕生したのが初代パンダである。全長×全幅×全高は3,405mm×1,510mm×1,485(1,535)mm。

このモデルは、当時経営状態が芳しくなかったこともあり、フィアット史上初めて、開発を全面的に外部委託した車となった。その開発を担当したのは、ジョルジェット・ジウジアーロ率いるイタリアのカロッツェリアイタルデザインである。

開発、製造コストの低減のため、すべての窓を平らな板ガラスとするなど、ボディーは直線と平面による構成となったが、パッケージングの鬼才と言われるジウジアーロらしく、簡潔ながらもスペース効率にも優れたスタイリングとなった。

1980年発売当初のラインナップはパンダ30(652cc、縦置き空冷2気筒OHVエンジン、イタリア国内専用モデル)とパンダ45(903cc、横置き水冷4気筒OHVエンジン)の2種が用意された。いずれもガソリンエンジンであった。モデル名につく数字は、当時のフィアットでの命名規則にしたがって、搭載エンジンの馬力をあらわしている。

いずれも、鉄板グリル と呼ばれる左右非対称形状のフロントグリルを備え、室内では、パイプフレームに布を張ったハンモックシート を採用していた。ボディは左右2ドア + ハッチバックの3ドアを基本とし、ハッチバックの代わりに観音開きドアを持つバンタイプも用意された。

1982年には843cc直列4気筒エンジンを積むパンダ34と、45をベースとしたスーパーの2モデルが新たに設定された。このうちスーパーは45の豪華版という位置付けで、特徴的な鉄板グリルに代わり樹脂製の柵状グリルを採用されたほか、シートも一般的なものに換装された。

エンジン横置き前輪駆動車をベースとした市販車としては世界初となる四輪駆動モデル4x4(フォー・バイ・フォー)を1983年に追加。このパートタイム式の四駆システムはオーストリアシュタイア・プフとの共同開発によるものである。

セリエ2(1986年-1999年)[編集]

1986年には、エンジンがそれまでの3種に代わり、FIRE(Fully Integrated Robotized Engine )と名づけられた、ロボット組み立ての769ccと999ccの4気筒SOHCエンジン、および1,301ccディーゼルエンジンが採用された。

そのほかでは、従来のリーフリジッド式リアサスペンションに代わり、4x4を除き、アウトビアンキ・Y10での試用結果が良好であった独特のトーションビーム式(Ωアーム・トレーリングリンク)に変更され、スーパーで先立って採用された一般的なシート、樹脂製フロントグリルの全グレードへの拡大採用、メーター類の大型化や三角窓の廃止など、フィアットを立て直すほどの好調な販売実績を残した、パンダの利益を市場に還元するかのごとく、大規模な仕様変更となった。

またこの仕様変更に伴い、グレード名もそれまでの馬力由来の表記から、排気量由来の表記(パンダ750/1000)へと改められた。

これにより、従来型はセリエ(シリーズ)1、改良型はセリエ2と呼ばれるようになった。英語圏では マーク1 / 2(1型/2型)とも呼ばれている。

1991年に無段変速機(CVT)を備えたセレクタと名づけられたグレードが登場する。セレクタに採用されたベルト式CVTは、富士重工業から供給された「ECVT」である。


姉妹車[編集]

セアト独自の貨物モデル、トランス
セアト独自の貨物モデル、トランス
セアト・マルベーリャ(1990年式)
セアトマルベーリャ(1990年式)

セアト・パンダ/マルベーリャ[編集]

初代パンダの姉妹車が、発表当時フィアットグループであったスペインの自動車会社セアトによりライセンス生産されていた。クルマにセアト版独自の特徴はなく、最も簡単なバッジエンジニアリングにより「セアト・パンダ」として販売された。一方、貨物用は荷室の屋根を高めたセアト独自の「トランス」(Trans )が新たに設定された。

1983年、フィアットはセアトの株式を売却、ライセンス契約も失効し、フィアットベースの全セアトのラインナップも、生産を終了しなければならなくなった。パンダの生産を継続したいセアトとフィアットとの間で、車名の使用差し止めをも含む、知的所有権に関する法廷闘争にまで発展したが、セアト側がパンダの前後デザインと車名を変更することで生産継続を許され、決着を迎えた。

その結果、1987年以降、生産が終了する1998年までは「マルベーリャ」、貨物用のトランスも「テッラ」と新たな名前での販売となった。同車はデザインと名称の変更以外は最後までセリエ1パンダの設計のまま生産が続けられ、1986年以降のセリエ2にあたるモデルは存在しない。


2代目パンダ
2代目パンダ
専用の色使いと細部のデザインが特徴のアレッシィ
専用の色使いと細部のデザインが特徴のアレッシィ
100hpにパワーアップされた限定モデル「100HP」
100hpにパワーアップされた限定モデル「100HP」

2代目(2003年-2011年)[編集]

2代目パンダの元となるコンセプトカーはジンゴGingo )の名で発表された。当時経営状況の良くなかったフィアットとしては心機一転、この新しい名前でデビューさせる予定であった。しかし、ルノーからルノー・トゥインゴとの商標の類似を指摘され、ルノー側が提訴する構えをも見せたため、ジンゴの名は使われずパンダの名を引き継ぐこととなった。波乱含みで2003年にデビューした2代目は、この年度のヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。先代同様、四輪駆動の4x4も設定される。全長3,570mm×全幅1,605mm×全高1,635mm(日本仕様のルーフレール付は3.535mmx1590mmx1.570mm)。ホイールベース2,300mm。4WD、1.2L車の場合、車重は1,060kg。

ジンゴがそもそもSUV的なコンセプトで発表されたこともあって、2代目は若干背の高いフォルムとなった。前輪駆動モデルでもグレードによってはルーフレールが装備される点もSUV的である。全長/全幅は依然としてフォルクスワーゲン・ルポシトロエン・C2などと同等であるが、これら3ドアのライバルと違いパンダは5ドアハッチバックとなる。2代目パンダは、その全量がポーランドシロンスク県のフィアット子会社において製造されている。主要な部品を共有する新型フィアット・500と同工場で製造される。

2006年3月にはアレッシィとのコラボモデルが登場した。

2007年には1.4L 直列4気筒 DOHCエンジン (100PS/13.3kgm)を搭載するスポーティーモデル「100HP」を追加。

また、パンダは、2007年のダカールラリーに、「チーム・フィアット・パンダカール」にて4x4モデルで出場した。2台体制でドライバーはそれぞれ、M・ビアジオンと、B・サビーであったが、2台ともリタイアに終わっている。


3代目(2011年- )[編集]

フィアット・パンダ
フロント
" 12 - ITALY - Fiat Panda in Milan.jpg
4x4 
" 13 - ITALY - Fiat Panda 4x4 - Milan ( Mini SUV for urban and off road ) 02.JPG
製造国 イタリアの旗 イタリア
販売期間 2011年 -
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドア・ハッチバック
エンジン 0.9L 直列2気筒 SOHC 4バルブ ツインエア ターボ
最高出力 85PS
変速機 デュアロジック
駆動方式 FF
全長 3.655mm
全幅 1.645mm
全高 1.550mm
ホイールベース 2.300mm
車両重量 1.070Kg
スペックは日本仕様
-自動車のスペック表-

2011年フランクフルトモーターショーで発表。その後、市販を開始した。2012年には4x4も復活している。デザインは2代目のキープコンセプトとするも、若干サイズアップされ、室内空間が拡大された。その一方で、全高は抑えられて、タワーパーキングに収納可能な1.550mmとなっている。

プラットフォームは500ランチア・イプシロンと共用。エンジンは直4・1.2Lガソリン(FIRE)、直4・1.3Lディーゼル(マルチジェット)のほか、500やイプシロンで採用済の直2・0.9Lツインエアも用意。1.2Lと0.9Lにはガソリン/LPGのバイフューエル仕様の設定もある。

日本仕様は2013年5月8日にフィアットクライスラージャパンを介して発表された(発売開始は同年6月1日)。グレードは0.9Lツインエアを搭載する「Eazy」のみでデュアロジックの組み合わせのみ、右ハンドルのみとなるが、並行輸入業者によって左ハンドル仕様や4x4も少数ながら日本に入っている。


脚注[編集]

  1. ^ マリ=フランス, ポクナ 高野優訳 (1993年5月31日). フィアット イタリアの軌跡に挑んだ企業. 早川書房. ISBN 4-15-203560-9. 
  2. ^ 斎藤, 浩之 (2000年7月). “パンダってナンダ?「パンダはすべてに理由がある」”. カーマガジン (ネコ・パブリッシング) (265). 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]